売却・査定

不動産の鑑定や査定時のホームインスペクションとは住宅診断

更新日:

不動産売買をする場面でホームインスペクションという言葉を耳にすることがあります。そうでないタイミングで耳にすることは少ないのですが、このホームインスペクションというのはどのようなものなのでしょうか?必ずしも必要になるのかということについてもご紹介していきます。

ホームインスペクションは専門業務

ホームインスペクションというのは住宅診断を意味しています。

新築や中古などによってそれぞれホームインスペクションの方法が違っており、主な目的としては客観性と第三者目線となっています。不要なことは言わず、住宅診断士が本当に気をつけるべき部分や、補修やメンテナンスが必要な部分をアドバイスしてくれるといった内容になっています。

素人が判断するのではなく、しっかりとした住宅診断士が行いますので自分の所有する不動産がどのような状態にあるのかを知りたいと思ったときや、これから売却するにあたり、どこか手入れをした方が査定額が高くなるなどという場合に役立ちます
またその他にも近年では震災に備えて住宅診断を行い、必要に応じて耐震リフォームをするなどというご家庭も増えてきているようです。

売却以外のタイミングでも依頼できます

前述のようにホームインスペクションは様々なタイミングで依頼することができます。そのため売却したいと思った時だけでは無くその他にも、自分の所有する不動産が気になったときにはいつでも診断してもらうと良いでしょう。

その上で安全性などを確かめて安心して暮らしていくということが大切になります。どんなに頑丈な物件であっても、経年変化とともに必ず劣化していきますので、こういった部分を具体的に所有者の立場から知るためには必要な手段となります。

まず診断してから売却に向けてのポイントを考える

所有する不動産を売却したいと考えた場合には、ホームインスペクションを行いまずはどのような状態なのかを把握しましょう。その上で上記のように売却する際にメリットとなる部分を見極めてリフォーム工事を行うことや現状のままで引き渡すことを考えていくと良いです。

場合によってはリフォームをすることで高い出費が必要になってしまいますので、売却する際にマイナスが出てしまうようであれば避けた方が良いでしょうね。どのような状態で手放すのが1番なのかを判断するために、ホームインスペクションを依頼し、所有する不動産について正しい知識を持つことが大切になります。

リフォームや売却その他には雨漏りなどがあったタイミングで診断を依頼するケースがほとんどになっており、費用についてはそれぞれの診断士で違っていますので、できるだけリーズナブルな診断士または診断士が常駐する不動産業者を見つけましょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.