売却・査定

「心理的瑕疵」物件をできるだけ有利な条件で売却するには

更新日:

過去に自殺や殺人事件があった、墓地や暴力団事務所に隣接しているなど、強い心理抵抗を感じやすい「心理的瑕疵」のある物件。不動産の価値としては、最も条件が悪くなる状態のひとつだと言われています。

該当の物件で自殺や他殺などがあった場合、家族や親類といったご遺族にとっては悲しい出来事があった物件として売却を希望されることも多いのではないかと思います。

ただし心理的瑕疵のある物件の場合は、売却する場合など必ず取引の相手方に「告知」しなければいけません。

その事実を多くの人は気にしてしまうものです。この記事では、心理的瑕疵につきどうしても価格を安くしないと売れにくいという現実への対処法を説明しています。もし売却を検討されているのなら、ぜひ参考にしてください。

心理的瑕疵の建物を仲介で売却する場合

心理的瑕疵の建物を売りたくても、売却価格は相場よりかなり安くなることがほとんどです。場合によっては半額以下になってしまうこともあります。

ただし、売却価格がそれほど安くならない可能性のある物件もあります。例えば需要の高い地域に物件がある場合。価格が多少高くても買いたいという人が多いことが考えられますので、値下げ価格が少なくてすむことが多いようです。

また建物が新築であったり築年数が浅い場合。建物自体にまだ高い評価がつく可能性がありますので、交渉次第では値引率をある程度抑えることも可能かもしれません。

間取りが便利な形で考えられている・デザイン性が高い・リフォーム対応がしっかりしているなど、通常の建物売却でも注目されるポイントが押さえられている物件であれば、心理的瑕疵のある物件であっても当然値引率は少なくてすむ可能性が高くなります。

心理的瑕疵のある建物でも条件次第では価格を安くする必要性が低くなるかもしれませんので、仲介業者とよく相談して告知の仕方や売り方などよく工夫することが必要です。

更地にして売却する場合

あまりにも凄惨な事件があった場合や遺体が発見された時の状態がかなりよくなかった場合などは、実質的に建物として売却することが難しいです。近隣のイメージとしても拭いきる可能性が極めて低いと判断される場合は、その建物を解体し一旦更地にすることで事態が多少好転することがあります。

例えば建物を解体し更地にした後、その土地を駐車場として賃貸物件とすれば、地域性や条件次第でかなり有効利用ができるかもしれません。建物がなくなることで時間が経つとともに、近隣のイメージ的にも事故のことがわかりにくくなるようです。

良い条件を見つけることが困難な状態であっても、何か解決の糸口が見つからないか探し工夫し続けることが重要です。

まとめ

心理的瑕疵物件の売却を模索する場合は、最初にとにかく専門家である不動産会社に売却手段や活用方法を相談するべきです。地域の様子や建物の状態・事故の具合など、素人では分析や判断が難しい部分が多く存在するはずです。売却価格の検討も進めやすくなるのではないかと思います。

実際に不動産会社に相談する場合、いろいろと繊細な事情もあるので、より親身になってコミュニケーションを取ってくれる担当者がいるところを利用したいところです。親身になってくれる不動産会社を見つけることができたら、問題解決をスムーズに進めるためにも、心理的瑕疵の内容や関係する事項をできるだけ細かくお話しするようにしましょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.