売却・査定

破産管財人による「任意売却」の仕組みと「競売回避」の関連まとめ

更新日:

政府の景気回復・経済政策により一部の関係者はその恩恵を受けることができたようです。一方、さまざまな条件や状況により、政策の恩恵を受けることができなかったどころか、多大な損失を発生させ負債超過に陥る人も多くなってきています。

チャンスとして輝いて見える、マネーゲームや不動産投資などのリスキーな経済行為。当然失敗する事例も多く、場合によっては「自己破産」という選択肢を選ばなくてはいけない人もいます。

自己破産の場合、破産者として土地や建物など対象となる不動産を処分する「任意売却」をしなければけません。破産の場合に必要となる「任意売却」とはどういうものなのか?任意売却に失敗した場合の「競売回避」の可能性は?

素人にはわかりにくい、破産した場合の不動産処理の状況について詳しく見ていくことにしましょう。

「自己破産」してしまった後の展開と「破産管財人」の登場

自己破産」とは、借金の支払いができない状態に陥った場合に裁判所に申し立て、それが認められると税金以外すべての債務を支払う必要がなくなる状態のことを言います。

自己破産が認められると、差し押さえが禁止されているもの以外すべての財産が「破産管財人」の管理下に置かれます。破産管財人はその財産を処分し、債権者にできるだけ多くのお金を返す、というのが仕事になるのです。

破産管財人が管理する財産を売却し売却益が得られると、そのお金の合計額からまずは破産手続きにかかった費用や未払いの税金などを差し引きます。その後残ったお金が、債権者に対し債権金額の割合に応じて分配されるわけです。

不動産に担保が付いている場合その抵当権を持っている債権者に売却益が優先的に支払われるので、破産管財人の管理に回るお金はその後残った一部になります。

任意売却に失敗した後の「競売回避」ケーススタディ

自己破産したのち不動産の任意売却がうまくいかず、破産管財人が物件を放棄した場合、債権者は資金回収のため「競売」の申し立てを裁判所におこないます。

競売の場合、売却基準価格が低いことがほとんどですので、税金未納による差し押さえ解除のための資金や引越し資金などのためのお金を債権者に認めてもらうことはできません。この時点で任意売却を諦めてしまうケースがほとんどです。

しかし、債権者や役所との交渉や物件の売却を得意とする不動産会社であれば、競売の申し立てがあった後も入札までは任意売却をおこなうことが可能なこともあります。

相談センターを設置する不動産会社もあるので、破産管財人による任意売却がうまくいかなかったとしても諦めずに、任意売却を得意とする不動産会社を含めさまざまな機関に問い合わせることが「競売回避」の一つの方法と言えそうです。

まとめ

自己破産してしまった後は、再起のための道をしっかりと歩まなくてはいけません。そのためにも、できるだけ良い状態で不動産などの破産処理を収めたいところです。

裁判所や破産管財人、債権者や不動産会社など、コミュニケーションの取り方一つで状況が変わってきます。破産処理に関する情報を広く収集しておくこと、得意とする機関や会社・相談センターなどは、早めに押さえておくことが得策でしょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.