売却・査定

不動産売却時に間取りは影響を与えるの?

更新日:

家族に合った間取りは買い手がつきやすい

不動産を売却するにあたって、間取りは買い手がつきやすいかどうかを影響する一つの要素になりえます。マイホームを購入する世帯を見てみると、たいていは家族持ちのはずです。

現在の一般的な家族構成を見てみると、夫婦に子供が1~2人というところが多いのではありませんか?このような家族連れで好まれる間取りは、3LDKになります。

3LDKであれば、将来子供が大きくなったときに子供部屋を割り当てることが可能です。またまだ子供がいない世帯でも、将来子供ができた場合でも長く住み続けることが可能です。子どもはいずれ独立する可能性が高いでしょう。

しかし3LDK程度の部屋数であれば、夫婦2人きりになったとしても部屋を持て余す心配もあまりないはずです。このようなことで3LDKの物件は、かいても見つけやすいとなります。

部屋数の多い物件の方が人気

少し前のことですが、1LDKや2LDKの物件に注目が集まることもありました。部屋数は少ないのですが、たとえば部屋面積が70とか80平方メートルあるような物件です。つまりリビングスペースを広めにとったデザインの部屋です。

広々リビングスペースがあれば、例えば友人を招いて、オシャレにホームパーティなども開催することが可能です。また部屋数を少なくすることで、浴室やキッチンのスペースを広めにとるメリットもあります。このような不動産物件ですが、中古だとなかなか買い手はつかない傾向があります。

不動産を購入する人を見てみると、部屋数がそれなりにある物件が好まれる傾向が見受けられます。特に家族連れの方の場合、子ども部屋に書斎、リビングといった感じで異なる用途に使える部屋がほしいとなります。

逆に4LDKのような間取りの物件は、高額で売却できる可能性が高いです。部屋数が多い分、いろいろな用途でスペースを活用できるからです。子どもが3人以上できた場合でも、子ども部屋を割り当てられるだけの余裕があります。

また4つ部屋があれば、例えば子供たちが独立して、実家の両親を呼び寄せることもできるでしょう。夫婦と両親の居住空間を分けられるので、無理なく二世帯同居も可能です。このように今後の家族を取り巻く環境の変化にも柔軟に対応できます。

しかも3LDKまでの間取りの物件は比較的多く出ていますが、4LDKとなるとなかなか出ていないのが実情です。このような希少性の高さも、高額で売却できるための理由の一つです。

リフォームしやすい間取りも重要

最近の中古不動産を購入する人の傾向を見てみると、中古物件を購入して自分好みにリフォームしようと考えているケースも増えています。そうなるとリフォームしやすい間取りかどうかも、売れる不動産かどうかを判断する基準となりえます。

リフォームしやすい間取りですが、例えば水回りがある限られたスペースにまとまっているような物件です。配管などに手を付けなくても、いろいろなリフォームができます。また水回りがまとまっているということは、家事動線が短くて済むとも言えます。つまり料理をしながら洗濯なども効率的にできるので、世の主婦に好まれる不動産になります。

マンションを売ろうとしているのであれば、センターインタイプは売れやすいです。センターインとは住居の中央部分に玄関があって、その両サイドにリビングと居室が分けられている間取りです。

この場合、玄関側に水回りの集中している部屋が多いため、居室の壁を取り払うような大掛かりなリフォームでも水回りを動かすこともなく、手間も費用もかけずに済むからです。不動産売却するときには、買い手の求める間取りになっているかどうかも意識してみましょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.