売却・査定

中古不動産売却にリフォームは必要か?それは規模による

更新日:

費用の回収を考えよう

中古不動産を売却するにあたって、リフォームをした方が良いのではないかと考える人も多いです。やはり古臭い物件よりも新しく見せた方が売りやすいのではないかと多くの人は思うからです。

確かにリフォーム済みの物件の方が売りやすいのは確かです。しかしここで注意しなければならないのは、リフォームをすればそれだけの費用が掛かる点です。

ちなみにトイレのリフォームをするだけで40万円キッチンリフォーム80万円程度の費用がかかるのが相場といわれています。もし内装ほとんどを変更するとなれば、何千万円単位のお金が必要になります。この費用を果たして回収できるのかという問題が出てくるのです。

費用分を上乗せして売り出せばいいと思う人もいるでしょう。しかしもし周りの物件よりも費用上乗せしたことで割高になってしまったら、元も子もありません。ですからリフォームする場合には慎重に検討を重ねる必要があります。

買主はそれほど気にしていない?

部屋が汚れているとか古ぼけた設備があると、買主がつかないのではないかと思う人も多いでしょう。しかし売主が気にするほど買主は部屋の古さを気にしていないと思いましょう。

もし新しい物件にこだわるのであれば、新築とか築浅の物件の中から欲しいものをピックアップするはずです。中古を購入したいと思っている人は、多少古かったとしてもそれはすでに織り込み済みです。だから部屋が汚いとか、古い設備がついているといった条件はそれほど決定的なマイナスではないのです。

また中古不動産を買い求める人は、物件を安く購入して、浮いた費用をリフォームに充てるという方式をとっている場合も多いです。どこをどうリフォームして、どんな仕上がりにしたいかは人によってさまざまです。

つまり売主が良かれと思ってやったリフォームを、買主が気に入るとは保証できないわけです。だったらリフォームをせずに、やりたければ買主の責任でお願いした方が良いわけです。

リノベーション物件として注目の集まる中古不動産

中古不動産を購入する人が増えているのですが、その背景にリノベーション素材としての購入を検討するケースが増加していることが関係しています。リノベーションとはリフォームよりも大がかりに改装することで、骨組みの状態だけにして内装から間取りからすべて取り換えてしまうスタイルです。

これなら、買主の理想の空間を作り出すことができます。オーダーメイド感覚で作り直しますので、別にもともとの不動産の状態がどうかなどはあまり気にしないのです。壁紙が汚れているなどの些細なことはもちろん、キッチンの水が出ないとしても全く問題がないわけです。

基本的にリフォームする必要はなし

下手にリフォームをしてその費用を上乗せするくらいであれば、何もせずに安く販売してほしいというのが中古不動産の買い手の本音だと思いましょう。ただし簡単にできるリフォームであれば、やっておいた方が良いかもしれません。

壁紙がはがれかけているとか、ふすまや障子が破れているなどです。このようなものは簡単に自分でもできるでしょうし、業者にお願いしても高額費用にはならないはずです。というのもこのような破けや剥がれは、見た目以上に部屋が劣化しているような印象を与えてしまいます。このため、「建物の構造も劣化しているのでは?」と懸念を与えかねないのです。

ちょっとした汚れや傷であれば、あまり気にする買主はいないでしょう。しかし広範囲にわたっていて、どうしても気になるような状態であれば簡単にリフォームしておいた方が、売りやすくなります。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.