売却・査定

不動産が売れないときの「値下げベストタイミング」はコレだ

更新日:

不動産が売りたくてもなかなか売れないというときに、仲介の不動産会社からも「ちょっと今の値段では買い手が見つかりません。値下げしていただくことは可能ですか?」と言われるかもしれません。しかし不動産の値下げというのは言われたらすぐするというものではありません。

なぜなら仲介業者は必ずしも売り手の見方であるとは限らないからです。値下げにはベストのタイミングがあります。不動産業界の内部事情を少しお知らせし、損をしないために値下げは、いつ、どれくらい行なうべきなのかを見てみましょう。

不動産はなぜ売れないか

不動産が売れない主な理由は相場価格よりも高いときでしょう。なぜ売れない値段設定となっているときがあるのでしょうか?不動産の査定額はこで見積もりを行なうかによって変わるものだからです。

不動産会社は自分たちの会社で物件を扱いたいために、他社査定額よりもあえて高めに言ってくるときがあります。その査定額のまま売り出しているので、よっぽど相場を知らないお客さんが現れない限り売れ残るのです。

では相場よりも高くて売れないと分かったら値下げすべきなのでしょうか。ハイ、値下げすべきです。ですが値下げの前に一つ確認をしたほうがいいことがあります。

不動産が売れない隠れた理由

不動産が売れないのは価格が高いからではない場合があります。不動産の情報は通常、不動産業界の共通ネットワークに情報を載せることになっています。しかし仲介業者の中にはあえて共通ネットワークに物件情報を乗せないで、自分たちの会社だけで買い手を探そうとしている、もしくはあまり探していない場合があります。

なぜ不動産情報を広く知らせないのでしょうか?それは売り手だけでなく買い手も自分たちで探せるなら、売り手からと買い手からの両方から仲介手数料を二重取りできるからです。

共通ネットワークで買い手を捜すと、買い手側の仲介手数料は他の不動産会社に流れてしまいます。この不動産会社にありがちな利益第一主義の態度が、不動産を売れなくしていているのかもしれません。

つまり冒頭で述べた急に値下げ案を出してきた理由は、自分たちで買い手を見つけ、その買い手の値下げを要求してきたので、契約をどうにか成立させるために、売り手である大家に「今の値段で売れません。値下げすれば…」と売り手側を妥協されようというわけです。彼らの目的は何度も強調しますが、「手数料の二重取り」です。

値下げの最適タイミングとは

ですから仲介の不動産会社が値下げを言ってきたから値下げするというのではなく、仲介業者側の態度をまずは見極めましょう。仲介業者が強引に値下げ交渉をしてきてあわてて売買をまとめようとしているようなら、仲介業者を変えましょう。

仲介業者を儲けさせるだけのために売り手が大損することはありません。仲介業者を変えると、値下げしなくても1ヶ月もしないうちに売れることがあります。仲介業者を変えてもやはり売れず、かつ売り出し価格が相場より高いようなら値下げのベストタイミングということになります。

値下げは期間に従って段階的に

値下げは段階的に行なう必要があります。仲介業者はとにかく売買契約をまとめて仲介手数料を得ることが目的ですから、売り手の利益よりも自分の利益となるように値下げを促してくるものです。仲介業者の薦めに簡単に乗るのではなく、自分の中で期間を定めて徐々に値下げしましょう。

値下げの契約を仲介業者に知らせてはいけません。「なるほど、ここまでは落とす気でいるのだな」と思われるだけです。

最初の1ヶ月は「自分の希望の価格」で販売してもらい、1ヶ月後から3ヶ月は「相場価格」で販売してもらい、3ヶ月から半年は「相場より少し安めの価」格で販売してもらうという風に計画を定めるのです。それでも売れないときは、さらに値下げするときではなく、仲介業者を変えるときと思いましょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.