売却・査定

売却後に不動産会社がクーリングオフすると言ってきた 拒否れる?

更新日:

日本にクーリングオフという制度があって、購入後8日以内であればその契約を解除できるというのを聞いたころがあるかもしれません。では自分が不動産会社に物件を買い取ってもらったものの不動産が心変わりして、「やっぱり購入しない。クーリングオフする」と言ってきたらどうしますか?

8日以内であれば売却をあきらめなくてはいけないのでしょうか?いいえ。自信を持ってクーリングオフを拒否することができます。では、なぜ拒否できるのでしょうか?どのように拒否しますか?

クーリングオフはそもそもなぜ必要になったのか?

クーリングオフは一時期流行したお年寄りを狙った訪問販売による被害を救済するためにできた法案です。つまり訪問販売という冷静な判断ができない状況で結ばれた契約は8日以内であれば考え直した上で契約を解除できるというわけです。適正な判断ができない状況での契約ですから、違約金なども一切発生しない形で契約解除できます。

つまり何を購入したとしても8日以内であれば契約解除できるという法律ではありません。

例えば自分でスーパーに行って買い物をしたとします。8日以内なら無条件で返品できるという意味ですか?

いいえ、自分の意思で出向き、自分の判断で商品をかごに入れ、値段も確認して購入したわけですから、もちろん騙されたとは言えません。つまりクーリングオフができないのです。

買取側が不動産会社である場合と個人である場合

上記の定義を考えると次のような場合はクーリングオフ可能です。ある不動産会社の人が飛び込み営業で家にやってきました。「これはお買い得物件だ!」と力説されたので思わず契約をしてしまったというケースです。

いくら売買契約書にサインをしていても、呼んでもない営業マンが来て契約させられたのであれば冷静な判断ができない状況とみなされます。なぜなら買い取り側が、個人である場合は不動産に関する知識も少なく容易に騙されやすいからです。

ではその逆を考えましょう。もし自分から不動産会社に出向きこの物件を購入してほしい売り込んだ場合はどうでしょうか?

通常個人よりも不動産会社のほうが不動産に関する知識は豊富です。よって不動産会社というプロが冷静な判断ができない状況で契約させられたとはみなされません。つまりクーリングオフはできないのです。

不動産会社がクーリングオフをしてきたときは自信を持って拒否しよう

このように法律上、不動産側のクーリングオフは無効です。彼らはこちらの無知に付け込んで、契約破棄がいかにも正当かであるように力説するかもしれません。

しかしそのときは断固「不動産売買において買取側が個人である場合にのみクーリングオフは認められるので、不動産会社の申し出は受け付けられません」としっかり拒否しましょう。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.