売却・査定

短期長期不動産売却 お金だけでは図れないメリットデメリット

更新日:

不動産を売却しようと悩むのが短期売却にするかそれとも長期売却にするかという点でしょう。この二つの方法はいずれも一長一短で、メリットデメリットを見比べた上で、自分に合った売却スタイルを選ぶことになります。では何に注目しますか?

通常メリットとデメリットを図る基準は売却価格がいくらになるのかという点かもしれません。しかし売却において重要なのは実は売却価格だけではないのです。

価格以外どんな要素が関係しているのでしょうか?では早速短期売却と長期売却のメリットとデメリット見ていきましょう。

短期売却するには

短期で売却するためには通常不動産会社の買取という方法を取ることになります。自分の持っている土地や家をそのまま資金力のある不動産会社に買い取ってもらうわけです。買主も不動会社産と決まっているので非常にスピーディーに処理できるのですが、メリットとデメリットが存在します。

短期売却のメリット

最大のメリットは早期売却処理できることでしょう。不動産会社による査定が行なわれ、書類の準備され、売買成立までおよそ2週間~1ヶ月です。

さらに不動産会社に買い取ってもらうと瑕疵担保責任を負わなくていいというメリットもあります。この瑕疵担保責任とは、売買が終わった後でも家の設備や権利に関して問題があった場合に売った側は賠償責任が求められるというものです。

例えば不動産会社が買い取ってくれたあとに水漏れなどの欠陥が見つかったとしても売主は責任を一切負う必要はありません。なぜなら買い取り手が不動産会社というプロなので見抜けなかったほうが悪いのです。

つまり売り手からすると「売ったら現金もらって、ハイ、それまで」で後腐れがないのです。いつ売れるかどうか焼き持ちするという精神的負担も少ないでしょう。さらに仲介のときに発生するさまざまな手数料も一切かかりません

短期売却のデメリット

短期売却の最大デメリットは価格です。市場価格の6割程度でしか買い取ってもらえないというのが不動産会社による買取の相場です。

不動産は安く仕入れて、ある程度お金をかけてリノベーションし、物件価値を上げて売り出そうというわけですから、当然売り値を叩かれます。もちろん交渉できますが、基本買い手の原則で不動産側が立場が強くなりますので、言い値となってしまいます。

長期売却するには

長期売却するには不動産会社を仲介として、広告を出してもらい広く購入者を探すことになります。大きなチェーン店である不動産会社の場合はそれだけその不動産を必要としている情報を広く伝えられますから有利です。物件を購入したい人も自然と不動産会社に集まってくるので、彼らが仲介業務をするのは理にかなっているでしょう。

長期売却のメリット

長期売却の最大のメリットは売却価格が高めになるということです。もちろん買い手も値下げ交渉をしてきますが、長期で売却しようと考えているなら自分の希望額に達してない買い手はすべて切り捨てることもできます。時間を武器に必ず満足のゆく結果が得られるというわけです。

長期売却のデメリット

長期売却のデメリットは長引けば長引くほど余分な経費がかかる点です。広告費、固定資産税などは長期化すればそれだけ払い続けなければなりません。

さらに現在の日本の不動産価格は買い手市場、買いたい人よりも売りたい人のほうが多いという状況です。これは不動産の価格は年月が過ぎると共に安くなる傾向にあることを意味します。つまり徐々にではありますが、不動産売却が長期になればなるほど、不動産価値は下がっていくことになるわけです。

1年も2年も売れないとなると、結局不動産買取のほうがよかったということにもなりかねません。さらにやっと売れたとしても瑕疵担保責任からは逃れることができないので、売却後もしも水漏れなどがするなどして訴えられた場合には賠償責任を負うことになります。

価格だけではない要素

上記を見ていって分かると思いますが、不動産売却の成功要素は売却価格だけではありません。不動産が売れるかどうかということに気をもむことのでストレスが発生するのです。人間は持っているものが多いほど失うものも多くなりストレスは増えると言われています。

ストレスは病気の元でもあります。ぜひ価格だけで図らず、売却したお金でいち早く将来を切り開くためにも、可能な限り不動産売却は早期に、ストレスのない方法でしたいものです。

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <

不動産一括査定で400万円以上も高く売れるかも!?

↓60秒の簡単入力で複数会社に一括査定依頼↓

> 試しに不動産一括査定をしてみる <



-売却・査定

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.