イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

洗面台の水の出が悪いのは水圧のせい?そのほかにも問題がある可能性も

   

ある日洗面台の水が…

洗面台は毎日手や顔を洗うとき、歯磨きをするときなど日常的に使っている人もいるでしょう。何気なく蛇口をひねって水を出しているでしょうが、あるとき蛇口をひねってみると水がちゃんと出ないとなると本当に困りますよね。

もし洗面台の水が出ないとき、洗面所そのものに問題があるかもしれません。原因として考えられることがいくつかあります。

例えば止水栓がきちんと開いていないと水の出が悪くなります。

そのほかには、蛇口の中にはストレーナーというごみを取り除くためのフィルターが取り付けられており、この部分が目詰まりを起こしていると水の出が悪くなります。このときは、ごみを取り除く必要があります。

さらには、蛇口から出る水やお湯の量を調節するカートリッジというパーツがあります。実はこのカートリッジは長年使用すると経年劣化を起こす可能性があります。劣化したカートリッジを使うと、水が出にくくなります。この場合は、カートリッジを交換すれば水の出が元通りになる可能性もあります。

高い位置にある家は水圧の可能性も

水が出にくくなる住宅の中には、水圧が関係している可能性もあります。とくに夕方になって水の出が悪くなるのであれば、水圧の可能性が高いです。

例えば蛇口が道路に埋設されている水道管の高さよりも高いところにあったり、2階建て以上の物件で2階から上の階の蛇口の出が悪くなっていたら水圧の関係が原因と考えられます。水道管が通常のものよりも細いものがつかわれているとこのようなこともあり得ます。ただし1階で水圧の影響を受けて水道の出が悪くなるということはまずないでしょう。

そのほかには郊外の住宅地の場合、山側に住宅を建築し高台になって、水道管よりもかなり高い位置に蛇口がきてしまうこともあります。このような物件だと、1階でも水の出が悪くなってしまうこともあり得ます。

なぜ夕方になると水の出が悪くなる?


高いところに蛇口があると夕方に水の出が悪くなるということもよく見受けられます。これは一般家庭で水を使う世帯が多くなるからです。夕食の準備をするでしょうし、学校などから帰宅した人がシャワーやお風呂に入ることも考えられるので水道の使用量が多くなるからです。

しかも水道管が設置されたのは、多くの地域で何十年も前のことでしょう。何十年も前の場合、今のように住宅がそれほど密集しておらず、しかも昔の日本家屋を見てみると、平屋建てのものが多かったです。つまり2階や3階に水をくみ上げることを前提にして、水道管を設置していなかったのです。ですから夕方に多くの家庭で水道を使用すると、水道管の口径がその需要に対応できるほど十分に太くないのです。

水道管が十分な太さでないと、同時に大量の水を使用したとき水圧がダウンして水の出が悪くなることもあります。夕方のほかには、夏になると水の出の悪くなることもあります。例えば近くに学校があるとプールの授業で水をためるので、周りの家庭の洗面台の水の出が悪くなることもあります。

しかし水道管の差し替えをおこなうとなると、大掛かりな工事が必要です。その周辺の家庭の水道を一時的でも止めないといけないかもしれません。また工事をするとなると、それなりのまとまった費用が必要になります。老朽化で交換する必要のある水道管は別として、この予算をどうするかという問題もあり、なかなか差し替えできないでいる自治体が多いのが現状です。

周辺の環境が変わることで改善する可能性も

蛇口の内部の劣化や目詰まり以外に慢性的に水の出が悪いのは水道管が周りの住宅の使用量に対応できていないからです。これは自分たちではどうすることもできないので、水道管を現状にマッチするように水道工事をお願いする必要があります。

すでに水道工事が今後行われる予定があるかもしれません。例えば周辺で新しく住宅がどんどん建設されているのであれば、水道の供給力をアップさせる必要があります。ですから自治体の方で水道管の入れ替え工事をおこなうでしょう。

しかし先ほども紹介したように、水道管の入れ替えをすべてのところでおこなうとなるとそれなりの予算が必要になります。なかなかこれを賄えるような予算を確保している水道局は少ないでしょう。

水道局に水道管工事を求める方法はあるにはあります。しかし1軒や2軒の訴えでは、なかなか水道局も重い腰を上げてくれないでしょう。

もし水の出が悪くて、その原因が蛇口の問題ではないというのであれば、水圧の問題である可能性が高いです。水道局が対応してもらえないようであれば、家庭用ポンプを設置して対策するしかないでしょう。ポンプを使って階上に汲み上げることで、足りない水圧を補うというやり方になります。イメージとしてはマンションで階上の住民に水を供給する仕組みと一緒です。

ただしこのような家庭用ポンプを使って汲み上げる手法をとると、それなりに費用もかかります。また冒頭で紹介したように、蛇口のどこかで問題の発生している可能性も考えられます。ですから水の出が悪くなっているようであれば、水道業者に相談してみることです。いずれの工事をする場合でもどの程度の費用がかかるか、前もって見積もりを取るように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

風呂場の水の流れが悪い…スムーズに排出する方法は?

お風呂の水がなかなか排出できない お風呂の水を抜いても、なかなか空にならないとい …

トイレのトラブルは深刻…トイレ110番にお任せしたい3つの理由とは?

出典:toilet110.com トイレのトラブルは迅速な解決が必須 トイレが詰 …

洗濯機ではなく洗濯機付近からの水漏れが気になる…考えられる原因と解決法は?

洗濯機を使うと水漏れが起きる 洗濯機は毎日使っているという人も多いでしょう。その …

業者にお願いする必要なし?自分でできる水回りのメンテナンス方法を紹介

自分でメンテナンスすれば節約できる 水回りは普段何気なく使っているかもしれません …

敷金トラブル回避のためにも写真撮影は物件チェックで重要

家具を入れる前に物件チェックを 入居先が決まってあとは引っ越すだけ、と思っている …

洗面所の水が止まりにくい原因はパッキンであることが多い?その対処法を紹介

洗面所の蛇口から水が止まらない あたり前のことですが、蛇口を閉めれば水は止まりま …

配管の凍結破損の予防と対策

寒い地域に住んでいる人にとって常識な水回りの作業として、水道管の水抜きがあります …

水道料金が急に高くなった…それってもしかすると水漏れかも?

水道を使いすぎていない? それまでと比較して急に水道料金が高くなったのは疑問、と …

トイレが詰まるーその前兆と解決法

トイレにまつわるトラブルの中で一番面倒なのが、排水管の中で物が詰まってしまうとい …

便器の凍結には早めの対策を

寒い地域に住んでいる人の一般常識としてあげられる事柄の一つに、「水道の水抜き」が …