イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

浴室の排水口の詰まりで水が流れない…簡単に解決できる方法を紹介

   

浴室の水が流れてくれない…

お風呂は1日の疲れをいやす場所として、日常生活で欠かせない場所でしょう。そしてお風呂に入ると、1度にたくさんの水を使います。

ある日シャワーを浴びていると、排水口の水がなかなか流れずに床が水浸し・水たまりになってしまうということはありませんか?これは浴室の排水溝が何らかの理由で詰まっている可能性が考えられます。排水溝が詰まってしまうのはなぜか、そして自分たちでできる簡単な対処法についてみていきます。

浴室の排水溝が詰まる理由

お風呂場の排水溝が詰まってしまうのは、体を洗っているときに流れる固形物によるケースがほとんどです。具体的には髪の毛や垢、石けんカスなどです。排水管の内側にこの固形物がこびりついてしまうことがあります。するとそれだけ水の通り道が狭くなってしまうので、スムーズに排水が流れにくくなります。

この狭窄がひどくなってしまうと、排水がふさがれるような形になります。逃げ場をうしなった排水は、排水口のところまで逆流してしまうのです。また髪の毛や石鹸カスなどの固形物を餌にする雑菌も繁殖します。

久しぶりに排水口の掃除をしたときに、何かヌメヌメした感触はありませんか?これは雑菌が付着している状態です。ぬめりが出てくると、髪の毛が引っ掛かりやすくなります。そしてこの髪の毛に油脂や髪の毛がさらに引っかかることで塊がどんどん成長してしまいます。その結果、排水口の詰まりが起こりやすくなってしまうのです。

お湯を流してみよう

では排水溝が詰まってしまったとき、どうすればいいのか、実は自分たちでできる対処法もいろいろとあります。まず手軽に実践できる方法として、お湯を排水口に流す手法があります。お湯は60度以下のもので、ゆっくり流すのがミソです。

ゆっくりお湯を流して少し様子を見ます。そしてまたお湯を流すという行為を繰り返しおこなっていきます。お湯を流すことによって、配水管の内側にこびりついている油脂が溶け出します。そしてへばりついている塊を洗い流すことで、排水口の水の流れをスムーズにできるかもしれません。60度を超える熱湯を流してしまうと、配管にダメージを与えてしまう可能性がありますので控えましょう。

ハンガーを使って詰まりをかき出す


排水溝の詰まりは塊が原因として起きる現象です。要するにこの塊を取り除くことができれば、詰まりは解消されます。本来であれば、ワイヤーブラシという専用の器具を使って塊をかき出す方法がおすすめです。しかしワイヤーブラシを保有している一般家庭はそれほど多くないでしょう。

このときにおすすめの方法として、ハンガーを代用するアプローチがあります。針金でできているハンガーをまっすぐに伸ばして排水口の中に入れ、かき回す方法です。ハンガーを排水口から差し込んで、イメージとしては排水管の内側に付着している塊を削り取るようなイメージで作業してみるといいでしょう。このとき排水口に向かってシャワーの水を流していくと、ハンガーと水圧のダブルパワーによって、詰まりの原因となる塊を流していきやすくなります。

重曹を使って洗い流す

掃除をする際に重曹を使っている人も多いでしょう。この重曹を排水口の詰まり対策で活用する方法もあります。重曹を排水口に向かって振りかけていき、お酢を排水口に流していきます。

重曹を入れた後でお酢を流し込むと、泡が排水口で発生します。ここで泡が生じてきたようであれば、この泡を閉じ込めるようなイメージで栓をします。

このままの状態で半日くらい放置します。半日程度経過したところで、熱湯を流していきます。この泡が排水管の内側にへばりついている塊を洗い流してくれます。重曹とお酢の入れる割合ですが、大体同じくらいの量にするのがおすすめです。

お酢の代わりに食塩を入れるという方法もあります。これは、半日も放置する必要はなく30分も経過すれば、熱湯を使って流しても問題はありません。この両者を合わせて、重曹・お酢・食塩をすべて排水口に入れて、30分程度経過したところで熱湯を流すというアプローチもあります。

パイプクリーナーを使う方法

排水溝の詰まりで定番なのは、パイプクリーナーを使った方法でしょう。しかしパイプクリーナーを使ってみたけれども、思っているほど水の流れがよくならなかったという意見もしばしば見られます。これはパイプクリーナーに問題があったのではなく、パイプクリーナーの使い方に誤りのある可能性も考えられます。

パイプクリーナーは詰まりの原因である塊を溶かすことで詰まりを解消します。しかしこの塊までパイプクリーナーが到達していないことも考えられます。十分に時間をおいてから水を流さないと塊を十分に溶かすことができません。

また場合によっては、排水パイプのところで詰まりが起きている可能性も考えられます。このとき、排水パイプにまだ十分クリーナーが届かないので塊を十分とかせないかもしれません。パイプクリーナーを使用するときは、説明書に書かれている放置すべき時間よりもさらに余裕をもって、十分クリーナーが塊に届いて分解できるようにするよいでしょう。

自分で無理ならば水道業者に依頼

自分でおこなう対策で排水口の詰まりを解消できる可能性はあります。しかしいろいろと試してみたけれども、思っているような結果が出ないということもあるでしょう。

そのときには水道業者に問い合わせて、修理を依頼することです。排水溝のタイプや詰まりの程度によって料金は変わってきますが、だいたい5000~3万円といったところが相場になると思ってください。配管工事が必要になると、もう少し費用のかかる可能性もあります。工事内容の説明と見積もりを取って、納得できれば作業をお願いすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

敷金トラブル回避のためにも写真撮影は物件チェックで重要

家具を入れる前に物件チェックを 入居先が決まってあとは引っ越すだけ、と思っている …

水道業界で老舗のイースマイル・3つの魅力を紹介

出典:esmile-24.com 知名度の高い水道業者 郵便受けをある日見てみる …

「レバーハンドル」の緩みには早めの対応を

トイレの水を流すとき、必ず使用するのが洗浄レバーですよね。「レバーハンドル」とも …

キッチン周りのコバエに悩んでいる…コバエの発生を防ぐ5つの方法

夏場に悩まされることの多いコバエ… 夏の厳しい暑さの時期にキッチン周りの小さな黒 …

便器の水がちょろちょろ流れ続ける原因と対策

水洗トイレは私たちの生活に欠かせないですよね。水洗トイレのメリットは実にたくさん …

賃貸契約を交わすまでの重要事項説明・実は文字通り重要なポイントが

重要事項説明とは 賃貸探しをしてめぼしい物件を見つけた、申し込んだところ入居審査 …

便器やタンクの大量の水滴がついて汗をかいている感じに?なぜ起きる?その対処法は?

便器やタンクが濡れている… 便器に座ったとき、タンクに触ったときに濡れている、よ …

業者にお願いする必要なし?自分でできる水回りのメンテナンス方法を紹介

自分でメンテナンスすれば節約できる 水回りは普段何気なく使っているかもしれません …

タンクの水が溢れてきたー原因は何?

毎日、必ず利用する欠かせないものの一つにトイレがあります。当然のこととして、トイ …

場所別排水口からの悪臭の原因と対策を紹介

排水口の悪臭が心配 掃除をきちんとしているのに、水回りの排水口からなんだか嫌なに …