イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

浴室の排水口から悪臭がする…どこで起きているのか?どう対処するかを紹介

   

疲れをいやすべき場所が…

お風呂場は1日の疲れをいやす大事な場所でしょう。ところがお風呂場で嫌な臭いがすれば、癒しどころの話ではなくなります。

風呂場の嫌な臭いは壁や床にこびりついている石けんカスやカビ、換気扇の汚れなどが考えられます。その中でも多いのが、排水口の下水の臭いです。排水口からもわっとする酸っぱい臭いがするようであれば、まずどこで臭いが発生しているのかを特定する必要があります。

臭いの発生している場所が特定できれば、今度はそれに見合った対策をすることです。もし風呂場の排水口から臭いがするとき、以下で紹介する5つのポイントを確認することです。

排水口の臭いの原因を特定するための5つのポイントとは?

排水口から嫌なにおいがするときは、排水筒が取り付けられているか確認をしましょう。排水口のふたを外すとヘアキャッチャーと呼ばれる文字通り髪の毛などの固体を排水溝に流さないようにしている部品があります。このヘアキャッチャーを取り外すと筒のような部品が出てきます。これが排水筒と呼ばれる部品です。

この排水筒に異常がある、きちんと取り付けられていないと臭いが浴室に上がってきてしまう恐れがあります。まずはこの排水筒をチェックすることです。排水筒は排水管から流れてくる空気を下に誘導して、封水という水たまりに流していき、臭いが上がってこないようにしています。

排水筒がなくなっていれば、新しく設置をした方がいいでしょう。また排水筒はロックして固定できるようになっています。ロックがかかっていないと水を流した時に排水筒が持ち上がってしまうので、しっかりロックをかけましょう。

2つ目のポイントは封水がなされているかどうかです。排水口なら、封水という水たまりがあって、この水が排水管の臭いを上にあげないようなバリアの働きを果たしています。ところが例えば金属製の排水溝で、錆が原因でかけてしまうと水が溜まりにくくなります。このような状態になっているのなら、排水口をカバーしておくことです。

そして風呂に入ったりシャワーを浴びたりするときにカバーを外すようにすれば、臭いはだいぶ軽減されます。単純な方法ですが、けっこう効果のある臭い対策の方法です。

3つ目のポイントは使用頻度です。一人暮らしをしていて、仕事などの関係で出張などによりよく家を空けることが多ければ、風呂場の臭いが気になりやすくなります。風呂場の使用頻度が少なければ、封水が蒸発しやすくなります。

別荘で普段ほとんど利用しないときも、風呂場の悪臭が起こりやすいです。このときには風呂場に水を流すと、封水が再び生じて悪臭は防げます。しかしトラップ部分のいずれかが壊れているようだと封水が溜まりません。このとき問題のあるカ所の部品を交換するなどの修理が必要になります。

4つ目のポイントは、排水口の汚れの状態です。排水溝を普段掃除していないと、水垢や髪の毛などでかなり汚れていることも考えられます。すると排水口のところにぬめりが生じ、これがにおいのもととなる可能性もあります。

排水口のふたを取り外してみると、排水口の状態が確認できます。触ってヌルヌルしているようであれば、気になるカ所はできるだけ取り除きましょう。髪の毛や石鹸カスの塊があれば、取り出してごみ箱に入れて処分しましょう。排水溝に流してしまうと、これが詰まりの原因となることも考えられるからです。

最後は排水溝で詰まりが起きていないかどうか、確認することです。排水溝で詰まりが起きていると、水が逆流しやすくなります。その結果、水だけでなく臭いも逆流してしまって浴室が悪臭で包まれてしまうのです。排水溝で詰まりが起きているのであれば、市販の液体パイプ洗浄剤を使って掃除すれば問題解決できる可能性が高いです。

浴室の悪臭を予防するには?


浴室で悪臭が起きないようにしたければ、とにかく基本中の基本はこまめに掃除をすることです。理想をいえば毎日掃除するのが好ましいです。しかし一人暮らしの方はとくにそうでしょうし、主婦の方でもほかの家事・育児もあるので、「毎日風呂場掃除をするのは無理」という方もいるでしょう。

そのときには最低でも1週間に1回くらいのペースでいいので、排水口の掃除をするように心がけましょう。また排水管にごみが詰まってしまうと、水や悪臭が逆流しやすくなります。風呂場の場合、抜け毛や石鹸カスが排水口に流れ込んでしまうと、これがいずれ詰まりの原因となることがあります。

できるだけ詰まりを起こさないような対策を講じることも大事です。たいていの現在の風呂場の排水口にはヘアキャッチャーが装着されています。1週間に1回の掃除の際に、ヘアキャッチャーに絡まっている髪の毛は外してごみ箱に捨てましょう。

ただし築年数の経過している古い物件で暮らしていると、ヘアキャッチャーが取り付けられていないケースもあるかもしれません。そのときにはヘアキャッチャーを購入して、取り付けておきましょう。ヘアキャッチャーは100円ショップなどでも販売されているので、気軽に買い求められます。

ちょっと油断していると、風呂場のような水回りはすぐに汚れてしまいます。悪臭もどんどんひどくなっているので、こまめに気が付いたときに掃除をすることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

シャワーの水の出が悪くなった…どのように対処すればいいの?

シャワーの出が悪くなった おそらく大半の人が1日1回はシャワーを使っているでしょ …

賃貸マンションで虫トラブル発生!駆除費用は借主?貸主?

虫トラブルは誰に責任を持ってくるかが難しいデリケートな問題! せっかく新居に引っ …

賃貸を借りるにあたって申込金を請求された…トラブルを回避するためには?

申込金とはそもそも何? 賃貸探しをしていて、住みたい部屋が決まった、そうなると入 …

便器の凍結には早めの対策を

寒い地域に住んでいる人の一般常識としてあげられる事柄の一つに、「水道の水抜き」が …

引越して後悔したこと10選 引越前の人は必見!

引越前の確認が十分でなかったために大後悔することはよくあります。 今回は引越して …

タンクの水の溜まりが遅いのはフィルターのごみ?

先日、我が家のトイレ掃除をしていたところ、タンクの水の溜まりが遅いことに気づきま …

他人事ではなくなってきている!盗聴器の発見方法と予防策

2種類の盗聴器 「賃貸探しをする時には盗聴器が仕掛けられていないかどうかチェック …

洗濯機の水が出ないのは故障のせい?その前に疑ってみる原因がある

洗濯機の水が出ない…故障している? 洗濯機を毎日使用しているという人も多いでしょ …

業者にお願いする必要なし?自分でできる水回りのメンテナンス方法を紹介

自分でメンテナンスすれば節約できる 水回りは普段何気なく使っているかもしれません …

高くない?水の修理料金、水道救急センターなら基本料金一定の5000円

みんな経験あるある 頭が痛い水回りのトラブル お買い物をして家に帰ったら、家が水 …