イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

キッチンの配水管や排水口が凍結してしまった…その場合の対処法を紹介

   

キッチンから水が出ない…

寒さの厳しいとき、朝起きて水道の蛇口をひねってみたら水が出てこない、このような経験のある方も多いでしょう。これは水道管が寒さのために凍結してしまったことが原因です。雪国などの寒冷地はもちろんのこと、そのほかの地域でも寒気が入ってくると最低気温が氷点下になって、水道管の凍結することも十分あります。

火災共済のデータによると、毎年11~3月にかけて凍結事故が増加するそうです。発生地域は北海道や東北のような寒さの厳しい地方が多いです。しかし、九州でも水道凍結の事例はありますので、日本全国で注意すべき事例といえます。

火災共済では2012年4月~2013年3月の1年間で給付金の支払い件数は1073件ありました。その中でも509件が凍結破裂だったといいます。半分近くの案件が凍結であったことからも、決して珍しい事例ではないことがおわかりでしょう。

水道管の凍結が起こる条件ですが、外気温がマイナス4度以下になった時といいます。ちなみに雪が降るのは地上気温3度以下のときなので、雪が降れば絶対に凍結するというわけではないです。しかし、雪が大量に降って積もっているとき、その近くに水道管があれば、雪によって常に冷やされているような状態になります。ですから決して油断しないことが大事です。

水が出ないと生活面で影響が

キッチンの水道管が凍結してしまうと、日常生活に深刻な影響が出てきます。まず水が出ないことによって、ご飯を炊くことが難しくなります。「自炊をしていないから自分は大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、インスタント食品の中にはカップラーメンなどお湯が必要なものもあるので影響を全く受けないということはないです。食器洗いも水が出ない以上、何もできなくなります。

洗面台も凍結して水が出なくなると、洗顔や歯磨きができなくなります。お風呂も入れなくなりますし、トイレで用を足しても流せないので、処理に困ります。このように水道管が凍結してしまうと、いろいろな側面で支障が生じます。

水道管が凍結したとき、怖いのは破裂です。水は液体から個体に変化すると、体積が増える性質を持っています。ということは、水道管が膨張した水によって破裂する可能性もあるわけです。もし、破裂したら、水道業者にお願いして工事をする必要があり、お金も復旧するまでの時間もかかってしまいます。

凍結しないための2つの対策

このように水道管が凍結すると、日常生活にいろいろな支障が生じます。もし、天気予報などで凍結するマイナス4度以下になりそうであれば、以下の対策を講じておきましょう。

水抜きをすること

簡単に言って水道管で凍結が起きるのは、水道管の中に水があるからです。言い換えれば、水道管に水が残っていなければ、いくら冷えても凍ることはないわけです。そこで重要なのは、水抜きをすることです。

具体的には、屋内もしくは屋外にある水道栓を閉じます。そのうえで、水道の蛇口をすべて開きます。こうすれば、水道管の中に残っている水をすべて出し切ることが可能です。朝起きたときに水道栓を開かないと水が使えないので面倒ではあります。しかし、上で紹介した水道管の破裂が起きればもっと面倒になりますので、実践しておきましょう。

とくに出張や旅行などで寒冷地にある自宅を長期間空けるときには、水抜きをしておきましょう。そうしておけば、自宅に戻ってきとき水道管が凍結している、破裂してしまっているということもないでしょう。

水を流しっぱなしにする

みなさん川を思い出してみてください。どんなに厳しい寒さでも凍ってしまうことはまずありません。一方、池や水たまりは凍ってしまうこともよくあります。これは池や水たまりは水の流れがなく、川は常に水が流れていることの違いによるものです。つまり水は流れていれば、凍る可能性は低くなります。

そこで川のような状態を自分の家の中で作り出せばいいのです。すなわち水を少量でいいので、一晩中出しっぱなしの状態にするわけです。こうすれば、水道管の水は流れ、凍結する心配も少なくなります。

キッチンの水はこのように少量出しっぱなしにすれば、だいぶ凍結問題は解消できます。しかし、この場合、水道代は余計にかかってしまいます。またトイレの場合、水を流しっぱなしにはできないというデメリットもあります。この2つの対策を両方組み合わせて、水道管の凍結を防ぎましょう。

水道管が凍結してしまったら…


いろいろと対策をしたけれども、朝起きたら水が出ないのであれば、しばらく待ちましょう。軽い凍結であれば、昼頃まで放置していれば水道管の水が溶けだし、元通りに水が流れます。そのほかに水道管の中でも露出しているものがあれば、その部分にタオルを巻きつけます。そして、ぬるま湯をかけていって、水を溶かしていきましょう。

そのほかにドライヤーを持っていれば、ドライヤーの熱風を当てることです。いろいろとやってもダメなようであれば、工事業者にお願いするのが無難です。工事内容によっても変わってきますが、簡潔な修理であれば8000円程度で済むこともあります。大がかりな工事になると数万円かかることもありますので、作業前に見積を取りましょう。

水道管が凍結した場合、絶対にやってはいけないことが2つあります。まずは、蛇口をひねらないようにすることです。無理にひねろうとすると、それで蛇口の内部にあるパッキンが壊れてしまう恐れがあるからです。その結果、水道管凍結の問題が解消されても、今度は水漏れが起きてしまうのです。

次に、水道管に熱湯を直接かけるようなことは厳禁です。先ほど紹介したように、タオルをかぶせ、お湯をかける対策ならいいです。凍っている水道管に100度近いちんちんに熱されたお湯をかけてしまうと、熱膨張を起こします。すると水道管が破裂する恐れもあるからです。どうしていいかわからないのなら自分で無理に何かするのではなく、業者に作業依頼する方が無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

引越し時に頭を悩ませる荷物紛失・破損などのトラブル対処方法

引越しのトラブル最上位といえば荷物の紛失や破損!保険が肝に! 引越しトラブルの代 …

便器の水がちょろちょろ流れ続ける原因と対策

水洗トイレは私たちの生活に欠かせないですよね。水洗トイレのメリットは実にたくさん …

キッチン周りのコバエに悩んでいる…コバエの発生を防ぐ5つの方法

夏場に悩まされることの多いコバエ… 夏の厳しい暑さの時期にキッチン周りの小さな黒 …

年間2万件以上の水道工事に対応!水のトラブルサポートセンターのサービス詳細紹介

出典:mizu-support.com 日本全国の水のトラブルに対応 水回りのト …

落雷・ゲリラ豪雨被害に遭いやすいお部屋の見分け方

引っ越したものの家の中のものが台無しになる2つケースがあります。 それこそがゲリ …

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?修理の方法を紹介

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも? 水回りのトラブルが発生した場合、なんでも …

床から水漏れが起きている・すみやかに水道業者に修理を依頼する理由は?

床が濡れている原因はどこにあるの? ある時水回りの床を確認したところ濡れている、 …

「レバーハンドル」の緩みには早めの対応を

トイレの水を流すとき、必ず使用するのが洗浄レバーですよね。「レバーハンドル」とも …

場所別排水口からの悪臭の原因と対策を紹介

排水口の悪臭が心配 掃除をきちんとしているのに、水回りの排水口からなんだか嫌なに …

北国の冬場で起こりがちな便器や水道管の凍結…どのように予防する?凍結した場合の対処法は?

北国では起こりうる凍結問題 北海道や東北地方のような北国では、冬場厳しい寒さにな …