イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

業者にお願いする必要なし?自分でできる水回りのメンテナンス方法を紹介

   

自分でメンテナンスすれば節約できる

水回りは普段何気なく使っているかもしれません。しかしもし水回りに不具合が生じると、一気に不便になります。
特にトイレなどは毎日数度、どうしても使用する必要がありますのでこれがもし使えなくなると本当に困ります。

もし水回りに何らかのトラブルが発生すれば、専門の業者にお願いすることになるでしょう。
しかしもし水道工事の業者に作業を依頼すると出張費だけでも数千円・工事内容によってはトータル数万円程度かかってしまうかもしれません。
業者に工事依頼するペースが年に数回あれば、かなりの大きな出費になりかねません。

ところでこの水回り、メンテナンスであれば自分自身でもできるものがあります。
自分でメンテナンスをして、性能を一定レベルで維持できれば、業者を呼ぶ頻度も少なくなり、費用も安く抑えられます。
自分でできる水回りのメンテナンスは、こまめに行うのがおすすめです。

排水口にごみを流さないようにする

排水管の詰まりのトラブルで、水道業者を呼ぶケースは少なくありません。
詰まりの原因を見てみると、髪の毛やごみなどが排水管の中で滞留していることがほとんどです。ということは、髪の毛やごみなどを極力排水口に流さないように心がけることが大事です。

ホームセンターなどに行くと、排水口に取り付けることのできるごみ取りネットが販売されています。これを排水口に取り付けると、ごみや髪の毛などはネットに引っかかるので排水口に流れ込まないようにできるのです。

ごみ取りネットを取り付けていても、しばらくすると排水口の周りに水あかがたまる可能性があります。
水あかが排水口に流れ込むと、これもヘドロになって詰まりの原因となりえます。そこでこまめに排水口の掃除をしておくことも大事です。

ネットを取り付けることでごみはある程度キャッチできますが、すべて取り除けるわけではないです。排水口の掃除をしておくことも重要です。
排水に詰まりが発生したときのために、パイプ洗浄がドラッグストアなどで販売されています。このパイプ洗浄ですが、パイプを長く劣化せずに使用するためには極力使わない方がいいです。
というのもパイプクリーナーの中には、塩素系の成分を使っているものが多く、配管や浄化槽に大きな負担をかけるからです。

パイプクリーナーは極力使用しないようにして、その代わり重曹やクエン酸を使って洗浄することです。重曹やクエン酸であれば、配管にも優しいですし、エコの観点からもおすすめです。

シャワーや蛇口のお手入れ方法

シャワーや蛇口もメンテナンスすることで、水漏れなどを防ぐことも可能です。

シャワーや蛇口から水を出した時、水だれが起きていませんか?水だれが起きる原因として、散水板泡沫器に水あかの付着していることが考えられます。

散水板とは、水が出る部分の板のことで穴の開いているのが特徴です。水が四方八方に飛び散らないようにするために設置されています。
一方泡沫器とは、水に空気を混入させるための装備です。泡沫器を取り付けることで、シンクなどへの水はねを低減する役割があります。節水をするために欠かせないパーツといっていいでしょう。

この散水板や泡沫器に水あかなどの汚れが付着していると水だれが起こり、余計に水道料金を負担する羽目になります。
この部分を日ごろからメンテナンスをして、きれいな状態を維持すれば、節水効果が期待でき水道料金の節約にもつながります。

お手入れの方法ですが、吐水口を回して外します。すると、散水板や泡沫器が出てきますので、こちらを取り外します。
そして水などで洗って、水あかなどの汚れを落としましょう。使い古しの歯ブラシなどを使って磨くとよりしっかり汚れを落とせます。

シャワーホースもついでに洗うといいでしょう。シャワーホースを洗浄する場合には、浴室用の水あか除去タイプの洗剤を使って洗いましょう。
スポンジで包み込むようなイメージで洗浄するのがおすすめです。そのあとしっかりすすぎをして、からぶきもしておきましょう。

このメンテナンスですが、だいたい月に1回くらいのペースで行うといいでしょう。ただしメンテナンスをしても、水だれなどの症状がなかなか改善しない場合もあります。そのときには、業者に相談して修理を依頼しておくといいでしょう。

どうしても無理なら業者に依頼する

このように水回りのメンテナンスは自分で行えることもあります。
ただし自分でいろいろとやっても、問題が改善しないこともあり得ます。その場合には自分で無理をするのではなく、水道業者に相談することです。

その時にスムーズに業者が状況を理解できるように、水回りに関する資料は一つのところに集めて保管することです。

例えば水道管・排水管の記された図面設備の取扱説明書・保証書などの書類です。このような書類を調査してもらうときに業者のスタッフに提示すれば、状況が把握しやすくなります。

水回りのトラブルは、長くその住宅で住めば住むほど起こりやすくなります。もしもの時のために、どの水道業者に作業の相談をするか決めておきましょう。
何か起きた後になって業者探しをすると時間もないですし、焦っているので冷静に判断ができなくなることもあります。すると悪徳業者に引っかかりかねません。

常日頃から周辺の水道業者の情報を収集し、「いざとなったらこの業者にお願いする」と決めておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

賃貸契約を交わすまでの重要事項説明・実は文字通り重要なポイントが

重要事項説明とは 賃貸探しをしてめぼしい物件を見つけた、申し込んだところ入居審査 …

隣人とのトラブルランキング 思わぬ苦情に心の準備を

隣に住んでいる人がドンドンとドアをたたきます。 また来たか…。マンションなどの共 …

タンクの水の溜まりが遅いのはフィルターのごみ?

先日、我が家のトイレ掃除をしていたところ、タンクの水の溜まりが遅いことに気づきま …

引越して後悔したこと10選 引越前の人は必見!

引越前の確認が十分でなかったために大後悔することはよくあります。 今回は引越して …

安くて手軽に依頼できる!水道救急センターの魅力4選

出典:0120245990.com 安心して依頼できる水道救急センター 水漏れな …

敷金トラブル回避のためにも写真撮影は物件チェックで重要

家具を入れる前に物件チェックを 入居先が決まってあとは引っ越すだけ、と思っている …

便器の水がちょろちょろ流れ続ける原因と対策

水洗トイレは私たちの生活に欠かせないですよね。水洗トイレのメリットは実にたくさん …

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?修理の方法を紹介

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも? 水回りのトラブルが発生した場合、なんでも …

水道をひねってみたら赤い水が出てきた…原因・対策法を紹介

水道から赤い水が出てくる? ふつう水道から水を出したとき、無色透明な水が出てくる …

排水口から水が溢れる…その原因と費用の相場は?

排水が戻ってきてしまう? ふつう水回りで水を流したとき、排水口に水が流れ、そのま …