イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

大量に水が噴き出してどうしようもない…そんな時の応急対策を紹介

   

水が噴き出した!

水回りのトラブルが起きるとどうしたらいいのかわからなくなってしまうという体験談はしばしば耳にします。

水回りのトラブルはそう何度も起きることではありません。今回のトラブルが初体験という人もいるので、パニックになる事例も少なくありません。
特に今回のように大量に水が噴き出したら、何をどうすればいいのかわからなくなるでしょう。

水が噴き出しているということは、配管のどこかに穴・ひび割れが起きていて、そこから水が漏れ出ていることを意味します。配管のほかにも、蛇口の近くで噴出しているようであればパッキンが摩耗している可能性もあります。

水が大量に噴出した場合、素人で完璧に修理するのは難しいでしょう。そこで水道業者に工事を依頼することになるでしょうが、その前に自分でできる応急処置は行うようにしましょう。

とにかく水を使わないようにすることが大事

大量に水が噴き出した場合、それ以上の水漏れを回避し、被害の拡大を防ぐことが大事です。
そのためにまず止水栓を閉めることが大事です。止水栓を閉めれば、住宅に流れ込む水を食い止めることが可能です。いったん水の吹き出しが止まりますし、水道料金の増加も防げます。

止水栓は、水道メーターの近くに設置されているはずです。
ただしまれに水道メーターとは全く関係のないところに取り付けられているケースもあります。もし止水栓が見つからないようであれば、水道局に問い合わせるとわかります。

止水栓を止める方法は、いくつかあります。
手で回して簡単に閉められるタイプであれば、時計回りに回すと水はやがて止まるはずです。
その他レバータイプドライバーなどを使って閉める必要のあるタイプもありますので、形状を確認することです。

水の吹きだしているところを止める

水の吹きだしているところを確認して、もし自分の手の届くところであれば、配管の周りにタオルなどを使って巻き付けることです。

止水栓を閉めても、配管の中に若干水が残っている可能性はあります。ですからこれ以上の水漏れを防ぐ必要があります。

タオルで巻いて漏れないようにしても、水の量によってはタオルで十分吸収できずに下にポタポタ垂れる可能性があります。
その場合には、バケツなどを下に置いて床を濡らさないようにすることです。
床が濡れると、床材の劣化を招く可能性がありますし、マンションで水漏れの量が多ければ、階下の住民に漏れ出す可能性も出てくるからです。

もしかすると手の届かないところの配管で穴やひびが入っていて、タオルなどを巻き付けられないこともあるかもしれません。
その場合には、タオルで巻きつけるのはあきらめてバケツなどを準備して水を受けられるようにしておきましょう。

自分で修理しないこと

配管に穴などが開いていて、そこから水が噴き出している場合、水道業者に修理の依頼をしましょう。

中には「穴の開いているところ・ひび割れているところを接着剤などでくっつければ問題ないのでは?」と考える人もいるようです。しかし下手に自分で修理しようとすると、かえって被害が拡大してしまう恐れもあります。

いずれにせよ水の使えない状態が長くなると、それだけ生活も不便になります。早く水道業者に連絡することです。

水道業者に依頼すれば、たいていのケースで1日の作業で修理は完了するはずです。
どの程度の状態かによって費用が変わってきますが、かかっても数万円、安ければ数千円で済む場合もあります。

応急処置は自分で行い、本格的な修理は業者にお願いするのは基本です。

蛇口や排水トラップ付近の吹き出しなら自分で対処できるかも

配管に穴などが開いている場合には、素人が無理に修理するとかえって事態を悪化する可能性もあります。

しかし蛇口や排水トラップのあたりで水が噴き出している場合には、自分で対処できるかもしれません。

前に少し紹介したように、蛇口や排水トラップ周辺の水漏れは、パッキンの劣化による可能性が高いです。この場合、新しいパッキンと交換すれば水の吹き出しを修繕できる可能性があります。

蛇口から水が噴き出している場合には、ナットを使って蛇口を外すとその内部にパッキンがあります。このパッキンを新しいものと交換すれば完了です。
ただし蛇口の中には、パッキンを複数使っている場合もありますので注意しましょう。

排水トラップからの水漏れの場合、トラップを止めているナットを外します。このときトラップの中に溜まっている水が流れ出る可能性があるので、水受けのために洗面器やぞうきんを準備します。
そしてパッキンを新しいものと交換して、元の位置にトラップを取り付けます。

もちろんいずれの場合でも、まずは止水栓を止めることを忘れずに行いましょう。

パッキンはホームセンターなどで販売されているので、普通に購入できます。

ただしこちらも自分で修理するのに自信が持てないようであれば、業者にお願いして作業依頼することです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

シャワーを止めてもポタポタ水が垂れる…修理する前のチェックポイント

シャワーの水が止まらないのは決して故障ではない お風呂場のトラブルで水道業者に問 …

悪い業者に騙されないための水道業者の選び方のポイント

悪質な水道業者には特徴がある 水回りのトラブルが起きた場合、業者にお願いして工事 …

「ポタポタ」「ビシャビシャ」―トラブルの前兆?

トイレを流したら変な音がするということはありませんか。 水が一定にどこかから漏れ …

安くて手軽に依頼できる!水道救急センターの魅力4選

出典:0120245990.com 安心して依頼できる水道救急センター 水漏れな …

賃貸契約を交わすまでの重要事項説明・実は文字通り重要なポイントが

重要事項説明とは 賃貸探しをしてめぼしい物件を見つけた、申し込んだところ入居審査 …

突然起こる現象!-便器の中の水が溢れてきた時の対処法

トイレにまつわるトラブルの中で一番パニックになってしまうのが、便器の中の水が溢れ …

タンクの手洗い管から水が出ないのはなぜ?

多くの家庭で使われている日本ならではのトイレが、手洗い付きトイレです。「これほど …

水道業界で老舗のイースマイル・3つの魅力を紹介

出典:esmile-24.com 知名度の高い水道業者 郵便受けをある日見てみる …

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?修理の方法を紹介

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも? 水回りのトラブルが発生した場合、なんでも …

洗面台の水の出が悪いのは水圧のせい?そのほかにも問題がある可能性も

ある日洗面台の水が… 洗面台は毎日手や顔を洗うとき、歯磨きをするときなど日常的に …