イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

蛇口からの水漏れが起きている…チェックすべき4つのポイントを紹介

   

蛇口から水漏れが…

キッチンやトイレ、お風呂場、洗面台、庭など自宅には水道が設置されているはずです。ところがこの水道の蛇口から水漏れが起きていることはないですか?蛇口の水漏れは、経年劣化のような不可避なものから、水道のどこかで破損が起きている場合などいろいろなケースが考えられます。

水漏れが起きると、周辺が濡れてしまいます。また使ってもいないのに水道の使用量が増えてしまって、水道料金の無駄遣いになりかねません。もし、水道の水漏れが起きた場合、以下で紹介する4つの症状のうちどれが該当するか確認しましょう。そしてその症状に見合った対策を講じることです。

ハンドルやレバーのところから水漏れが起きている

蛇口の継ぎ目のところから、チョロチョロ・ポタポタ水漏れの起きている家庭はありますか?この場合、2つの原因が考えられます。それはナットやボルトがゆるんでいる。もしくは、パッキンやコマ、バルブなどの内部パーツが劣化したり摩耗している、のいずれかです。この症状は、水道の劣化の中でも初期症状なので自分で修理することも十分可能です。

最初の段階はそれほど大きな水漏れではないでしょうから、あまり気にしない人もいるかもしれません。しかしパッキンなどの劣化が進んでしまうと、ジャージャーダダ漏れのような状況になったり、噴水のように水が継ぎ目から吹き出したりすることもあり得ます。気になるのであれば、早めの段階で修理したほうがいいでしょう。

吐水口からポタポタ水が垂れる

ハンドルやレバーをしっかり閉めているのに、吐水口から水がポタポタ止まらずに垂れていることはありませんか?この場合、吐水口のところに設置されているフィルターが汚れている可能性があります。多少蛇口の種類によっても違ってきますが、網目状のフィルターが取り付けられているはずです。

そのほかには、バルブカートリッジという部分の劣化が原因の可能性があります。この場合、バルブカートリッジの交換をすることで問題解決できるでしょう。
この吐水口からの水漏れは、蛇口の水漏れの中でもごくポピュラーな事例です。このポタポタ水漏れを長年放置していると、かなりの水道代の無駄遣いになりかねません。気が付いたのであれば、早急に対策を講じた方がいいでしょう。

パイプの付け根から水漏れが起きる

蛇口の周辺ではなく、蛇口のレバーとパイプの付け根のところに水漏れが起きているケースもあるでしょう。その場合にはいくつか考えられる要因があります。ナットが緩んでいるケースもありますし、パッキンなどの蛇口の内部の劣化が起きている、フィルター・カートリッジの汚れの可能性も考えられます。

このようにいろいろな原因がありえますので、蛇口の部分を分解してどこに問題が起きているか確認する必要があります。フィルターやカートリッジの汚れの可能性もあり得ます。蛇口の機種によっては、配管の付け根の付近にフィルターやカートリッジを取り付けられている種類もあるからです。

蛇口の付け根から水漏れが起きている

通常蛇口は壁の近くに取り付けられているでしょうが、この壁面の近くで水漏れを起こしているケースもあります。この場合2つの原因が考えられます。蛇口を設置しているねじ巻き部分の劣化や摩耗している。もしくは、配管の内部でつまりが起きている、このいずれかでしょう。

もし、ねじまき部分に問題が生じているのであれば、その部分だけの交換・修理をすると問題解決できる可能性は高いです。後者の場合、給水管などの配管掃除を行ったほうがいいです。そうすれば水の通り道が確保され、今まで通りに水がうまく流れるようになります。

水道修理にあたって必要な道具は?

水道の修理は問題が複雑・高度なものであれば、専門業者にお願いする必要があるでしょう。しかし単純な修理であれば、自分で行うことは可能です。ただしその場合、ある程度工具が必要になります。ホームセンターで販売されているので、あらかじめ準備しておきましょう。

少なくてもマイナスドライバー・先が細くなっている精密ドライバー・3mm程度の六角棒レンチ・モンキーレンチの4つは必要になるでしょう。いずれもホームセンターで販売されているので、手持ちがなければ購入しておきましょう。精密ドライバーは、キリで代用することも可能です。

もし、2ハンドルの混合水洗で水漏れが起きていて修理するのであれば、上で紹介したもののほかにも、ウォーターポンププライヤーを準備する必要があります。こちらもホームセンターで販売されています。

水道修理するにあたっての注意点


水道修理を自分でする場合、まずは止水栓を閉めることです。水の流れを止めることで、修理中に水が噴き出すような心配もなくなります。中には止水栓がどこにあるのかわからないという人もいるでしょう。その場合には、元栓を閉めてしまっても構いません。

そのうえで、どこで問題が起きているのか分解して調べていきます。このとき上で紹介したように、どこから水漏れが起きているかでだいたいどこで問題が起きているのか絞り込めます。ですから水漏れの疑われる箇所だけを分解しましょう。そして劣化した部品を新しいものと交換します。

交換したら元に戻しますので、できれば分解したときにどのような手順で行ったか、メモを取っておきましょう。でないと戻せなくなる恐れがあるからです。そして止水栓や元栓は、修理が完全に終わるまで開けないようにしましょう。自分で修理をすればコストは安くなりますが、素人が無理して行うとトラブルが悪化する恐れもありますので、無理そうであれば業者にお願いすることも忘れないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

トイレのトラブルは深刻…トイレ110番にお任せしたい3つの理由とは?

出典:toilet110.com トイレのトラブルは迅速な解決が必須 トイレが詰 …

水漏れの原因がパイプの破損によるもの…自分で修理できる?業者に依頼した場合の費用相場は?

水漏れの原因は主に3つある 排水パイプなどからどうやら水漏れが起きている、これは …

浴室の排水口から水が逆流する…その原因と対策法について紹介

風呂場の排水が逆流してくる 風呂場のトラブルで困っているという話もしばしば聞かれ …

タンク手洗い器具の緩みには早めの対応を

私たちにとってはおなじみの手洗い付きトイレですが、実は日本にしかないものだって知 …

実は気付いていないかも! 避けたい騒音トラブル集

自分では心当たりはないのですが、なんだかマンションの住民が自分を白い目で見ている …

引越して後悔したこと10選 引越前の人は必見!

引越前の確認が十分でなかったために大後悔することはよくあります。 今回は引越して …

1階の部屋にアリの大群が現れた!どうする? たたかう 逃げる 薬を使う

マンションやアパートの1階の物件は1階特有の問題があります。 それがアリがゾロゾ …

トイレの床、天井からの水漏れの原因は?

最近、トイレの床が濡れているということはありませんか。また、上の階にトイレなどが …

場所別排水口からの悪臭の原因と対策を紹介

排水口の悪臭が心配 掃除をきちんとしているのに、水回りの排水口からなんだか嫌なに …

コマーシャルで高い知名度・クラシアンの3つの特徴について紹介

出典:qracian.co.jp 「暮らし安心クラシアン」 クラシアンと聞いて、 …