イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

北国の冬場で起こりがちな便器や水道管の凍結…どのように予防する?凍結した場合の対処法は?

   

北国では起こりうる凍結問題

北海道や東北地方のような北国では、冬場厳しい寒さになります。時期によっては、氷点下という冷え込みになることもたびたびです。
このような状況になると注意しなければならないのが、水道管やトイレなどの水回りにおける凍結です。

ちなみに北国以外でも、時として寒気が入り込んで最低気温がマイナスになることもあるでしょう。このようなときに水道管の凍結などが起こる可能性もありますので、決して油断しないことです。

水道管が凍結してしまうと、水が一切使えなくなります。またトイレは1日に数回どうしても使うものですから、凍結で使い物にならなくなると日常生活もままならなくなります。

ですから凍結しないための予防法と万が一凍結してしまった場合の対処法を理解しておく必要があります。

凍結のしやすい場所と気温の目安を理解しよう

水道管が凍結するには、一定の条件を満たす必要があります。

まず凍結のリスクが高まるのは、気温がマイナス4度以下になった場合といわれています。ここまで冷え込むと、水道管の凍結・蛇口の破裂リスクが高まるといわれています。
マイナス4度以下になる可能性があると、天気予報などで低温注意報が発令されますのでその場合には凍結対策をする必要があります。

また凍結の起こりやすい個所を把握しておくことも大事です。まずは給湯器などに接続している所などの水道管が外部に対してむき出しになっているところは、外気の影響を受けやすいので寒くなると凍結する恐れがあります。

そのほかには、水道管がどの方角に取り付けられているかも重要です。特に北向きにある配管は、日光が当たりにくく冷えがちなので凍結が起こりやすいです。

給排水管の凍結対策

もし上で紹介した条件を満たしている配管があれば、凍結防止対策をしっかり行う必要があります。

まず屋外でむき出しの状態になっている配管には、保温材を巻き付けておきましょう。自分で巻きつけてもいいですし、しっかりできるかどうか不安であれば、指定給水装置工事事業者に依頼すれば、有料にて作業を請け負ってくれます。

また凍結しないようにするためには、水の流れを止めないことも大事です。そこで眠る前に水を出しっぱなしにしておきましょう。
目安としては、鉛筆の太さくらいの水を流しておくといいでしょう。

屋外に給湯器が取り付けられている場合、その周辺の配管が凍結してしまう恐れがあります。その場合には、お風呂を一晩中追い炊き状態にしておくことも大事です。その際は風呂の水を循環工よりも少し高い位置まで排水して、35度程度の最低の湯温にしておきましょう。

給水管が凍結して水が出なくなった場合は?

もし給水管が凍結してしまうと、水が一切出なくなります。
その場合には、蛇口や配管など凍結してしまっているところにタオルをかぶせます。
その上からゆっくりと50度程度のぬるま湯をかけていきます。そうすると凍結が徐々に溶けていきますので、水が流れやすくなります。

このとき注意しなければならないのが、熱湯をかけないことです。もし熱湯をかけてしまうと蛇口や水道管が破裂してしまい、より状況が悪化する可能性もあります。
ガラスのコップに熱湯を入れると割れてしまうのと同じ原理です。

水が出ない場合、お湯そのものが手に入らないケースもあるでしょう。その場合には、ドライヤーの熱風を凍結している箇所に当てましょう。
もしドライヤーがなければ、屋内の配管が凍っているのであれば暖房をつける、外の配管が凍結しているのならカイロなどを当てて対処する方法があります。

最悪の場合、前に少し触れましたが水道管が破裂してしまうことがあります。
もし破裂しているのであれば、水道メーターボックスの中に元栓があるはずなので完全に閉めましょう。半開きの場合には、水が噴き出てしまうケースもありますので完全に元栓を閉めます。
そして水道工事業者に連絡して、速やかに修理をお願いしましょう。

雪国で水道管が破裂した場合、元栓が雪に覆われてどこにあるのか確認できない場合もあるでしょう。このとき、とにかく破裂したところに布なりテープなりを巻き付けて応急処置をすることです。

トイレの凍結対策で大事なのは水抜きをすること

トイレが凍結してしまうと給水管の破裂・パッキンの断裂を引き起こす可能性があります。

毎日トイレを使っている分は、凍結する可能性は低いでしょう。
しかし冬場旅行や出張で長期間不在にしていると、このような凍結を起こす可能性はあります。
長期冬場自宅を開けるのであれば、念のため水抜きを行いましょう。

まず止水栓を閉めて、トイレのレバーをひねります。そしてトイレのタンク内の水を空にしておきましょう。
寒冷地のトイレの中には、水抜きが完全に行われるまでレバーがロックされる機能の搭載されている種類もあります。

ちなみに便器の中の封水についても凍結防止のために抜いておかないといけないと思う人もいるでしょう。しかし封水を抜いてしまうと、下水の臭いが上がってしまうのでお勧めできません。
そこでホームセンターなどに行くと、トイレの凍結防止用の不凍液がありますのでこちらを流しておきましょう。

最近ではウォシュレットのついているトイレも多いでしょう。実は凍結に伴いウォシュレットが故障してしまうケースは多いです。
長期間冬場にウォシュレットを使用しない場合には、水抜き作業を忘れずに行いましょう。給水フィルターの近くにある水抜きプラグから水抜きをするか、完全に分解して中身の水を出しておきましょう。
水抜きの方法は、ウォシュレットの取扱説明書に記載されているので確認しましょう。

北国にはもともと凍結防止のために、電動の水抜き操作盤が設置されている住宅も多いです。その場合には操作盤を使って水抜き作業をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

突然起こる現象!-便器の中の水が溢れてきた時の対処法

トイレにまつわるトラブルの中で一番パニックになってしまうのが、便器の中の水が溢れ …

80%の割合でリピーターになる!生活ファクトリーの特徴を詳しく紹介

出典:seikatsu-co.com 水のトラブル対応を中心とした幅広いサービス …

悪い業者に騙されないための水道業者の選び方のポイント

悪質な水道業者には特徴がある 水回りのトラブルが起きた場合、業者にお願いして工事 …

水道をひねってみたら赤い水が出てきた…原因・対策法を紹介

水道から赤い水が出てくる? ふつう水道から水を出したとき、無色透明な水が出てくる …

洗濯機からの水漏れ…故障しているの?原因と対策を紹介

洗濯機が故障すると大変 洗濯機はファミリー世帯はもちろんのこと、一人暮らしでも家 …

タンク下の排管からの水漏れー原因はナットの緩み

我が家のトイレを含め、今のトイレは、タンクと便器が一緒になっているタイプのものが …

ハンドルからの水漏れの2つの原因と対処法を公開

ハンドルからの水漏れの原因は主に2つ 水道のハンドルの根元あたりからチョロチョロ …

騒音トラブルで引越しせざるを得ない…とならないための心得

いつ巻き込まれるか分からない騒音トラブルに備えよう 引越ししたとき、あるいは同じ …

賃貸で必要になる仲介手数料の正体とは?本当に必要なものなの?

仲介手数料は不動産トラブルの上位になりがち!内容を把握して失敗しないように注意し …

配管の凍結破損の予防と対策

寒い地域に住んでいる人にとって常識な水回りの作業として、水道管の水抜きがあります …