イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

断水や給水制限の時にトイレが流せない…どうやって使用すればいいの?

   

水がなくなるとトイレが使えなくなる?

自然災害や水道管のトラブルなどで、断水してしまうことはあり得ることです。

また夏場などを中心として雨が降らなかった場合、渇水対策として給水制限を行うこともあるでしょう。このような場合日常生活に深刻な影響が出てきます。

その中でも問題なのは、トイレが使えなくなってしまうかもしれない点です。

トイレは今ではほとんどの過程で、水洗式でしょう。水がなければ、便を流せなくなります。どんなに我慢しても、1日に何度か私たちはトイレを使わざるを得ません。

水不足のような場合、トイレをどのように使えばいいのか、緊急時への備えとしてマスターしておけば安心です。

給水制限が起きた場合の対処法

水不足で給水制限が起きると、水圧が不足する恐れがあります。

タンクレスの便器の場合、便器を正常に洗浄できなくなる恐れがあります。タンクレスタイプの便器は、水圧を利用して便器を洗浄しているからです。水の勢いが弱いので、便が流れないこともあり得ます。

その場合には、あらかじめバケツなどの容器に水をためておきます。この水を使って、便を流すのが基本的な対策になります。
そのためには前段階の準備があります。

まずウォシュレットを使っているのであれば、そのコンセントを抜きます。その上で、便器のふたと便座を両方あげます。
そしてバケツにためた水を一気に流し込みましょう。まずバケツ1杯程度の水を一気に流し込んで、その後バケツ半分程度の水を今度はゆっくり静かに流していきます。

最初一気に水を流す際、あまりに強すぎると水飛びが起こる可能性がありますので、その部分は注意が必要です。新聞紙やぞうきんを便器の周りに敷き詰めておくと汚れずに済みます。

通常はバケツ1杯で十分ですが、最初一気に流す際2~3回に1回くらいのペースでバケツ1杯半くらい流し込みましょう。これは配水管の途中で便が停滞することを防ぐためです。

断水時のトイレの使い方

自然災害や水道管のトラブルなどで、断水してしまうこともあります。
また渇水がひどくなると給水制限だけでなく、夜間断水という処置を取ることもあります。断水になると、一切水が使用できなくなりますのでトイレの通常の水洗による洗浄はできなくなります。

この場合でも、上で紹介したようにバケツなどに水をあらかじめためておいて、その水を使って流す形になります。

最近の自宅の便器も、最新式のものが採用されているケースも多いでしょう。例えばオート便器洗浄・開閉機能があるウォシュレットやウォシュレット一体型便器を使っている家庭もあるでしょう。もし該当するのであれば、すべてのオート機能を切りましょう。断水が行われている間は、ずっと切ったままの状態にしてください。

オート便器洗浄機能をオンにしていると、保安用水といって消防防災や水道管破裂対策として断水の状態でも水道本管にある水が出てくる場合があります。

またオート開閉機能をオンにしていると、下で紹介するバケツの水を使って便を流すときに勝手にふたが閉まってしまうこともありうるからです。
ですから両方の機能は断水のときには、オフにしておいた方がいいわけです。

その上でまず便座や便器のふたをあげます。そして給水制限時と一緒で、バケツ1杯分の水を流していきます。また2~3回に1回の割合で、バケツ1杯半程度の水を流すことで便の停滞対策をしましょう。

ただしどのような便器を使っているかで、この流すために必要な水の量も変わってきます。一部機種の場合、洗面器1杯分程度の水があれば、十分便を流せます。

断水後のトイレの不具合への対処法

断水が終われば、トイレは従来通りに使用できます。
しかしもしかすると断水が終了した直後に、トイレに何らかの不具合の生じる可能性があります。

まず起こりうるトラブルとして、タンクに水が十分にたまらないという問題点が考えられます。
この場合、タンクのフィルターが目詰まりを起こしている可能性があります。フィルターにくっついている砂やごみなどを取り除けば、水の流れがスムーズになってタンクに十分な水が溜まります。

このフィルターの掃除を行う場合、トイレの止水栓を確認しましょう。その上で止水栓を止めてから、フィルターの掃除を行うことです。
作業をするにあたって、マイナスドライバーやモンキーレンチ、歯ブラシ、開閉工具が必要になります。ホームセンターなどに行けば、これらの工具は購入できます。

ウォシュレットの搭載されているトイレを使っている家庭もあるでしょう。断水終了直後、ウォシュレットを使おうと思ったら、水が出にくくなっている可能性があります。
もしウォシュレットの水が出にくいと感じたのであれば、ウォシュレット内のフィルターのつまりの可能性が考えられます。その場合には、自分で対処できるかもしれません。

ウォシュレットのフィルターを掃除する場合には、まず止水栓を閉めて水の流れを止めましょう。止水栓の近くにウォシュレットのフィルターが搭載されているはずですので、これを取り出し洗浄しましょう。

フィルターがどこにあるか、これは便器のタイプによっても異なるのであらかじめ位置を確認しておきましょう。フィルターの洗浄方法は、水にフィルターをすすぎながら、歯ブラシを使って汚れを取り除いていきます。

いずれの場合も、上で紹介したように自分で対処するのも可能です。しかしもしやり方がわからない・これ以上続けても大丈夫か不安に感じたのであれば、水道業者に作業を依頼したほうが無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

賃貸物件の連帯保証人になるリスクはどれくらい? トラブル集を見てみよう

「今度マンションに住むことになったんですけど連帯保証人になっていただけないでしょ …

トイレの水の色が変なのはさびが原因?

最近、トイレに流れる水の色がいつもと違うということはないでしょうか。便器洗浄液を …

ベランダ喫煙者必見! ベランダ喫煙トラブル集

喫煙者の肩身は狭くなるばかりです。 「部屋の中が臭くなるから、お父さんタバコ吸う …

床から水漏れが起きている・すみやかに水道業者に修理を依頼する理由は?

床が濡れている原因はどこにあるの? ある時水回りの床を確認したところ濡れている、 …

便器やタンクの大量の水滴がついて汗をかいている感じに?なぜ起きる?その対処法は?

便器やタンクが濡れている… 便器に座ったとき、タンクに触ったときに濡れている、よ …

水道工事は実費だけではない!見積もりの内訳をチェックすべし

水道工事を依頼する前に見積もりをお願いすべし 水回りのトラブルが起こったら、でき …

便器の水がちょろちょろ流れ続ける原因と対策

水洗トイレは私たちの生活に欠かせないですよね。水洗トイレのメリットは実にたくさん …

トイレの床、天井からの水漏れの原因は?

最近、トイレの床が濡れているということはありませんか。また、上の階にトイレなどが …

創業10年以上の歴史!町の水道修理センターで水回りのトラブルを解決

出典:0120656889.com 幅広い水回りのトラブルに対応 水漏れや詰まり …

賃貸で必要になる仲介手数料の正体とは?本当に必要なものなの?

仲介手数料は不動産トラブルの上位になりがち!内容を把握して失敗しないように注意し …