イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?修理の方法を紹介

   

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?

水回りのトラブルが発生した場合、なんでも業者に修理をお願いしないといけないと思っている人もいるでしょう。しかし中には、素人でも自分でできる修理もあります。

水回りのトラブルの中でも多いのが、水道の蛇口の水漏れです。実はこの蛇口の水漏れ、自分で修理できるトラブルもあります。

もし蛇口からチロチロ少量の水漏れが起きているのであれば、これはパッキンの劣化による水漏れの可能性が高いです。ホームセンターなどにパッキンは販売されているので、こちらを使って修理することも可能です。

まずは止水栓を閉めること

もし自分で蛇口のパッキンを交換するのであれば、止水栓を止めるところから始めましょう。おそらく水道の蛇口の近くに、止水栓があるはずです。
通常止水栓は、右に回すと止まります。キッチンや洗面所の場合、カウンターの下にあるはずなので確認しましょう。

しかし住宅によっては、止水栓がついていない可能性があります。また止水栓を探してみたけれども、それらしきものが見つからないというのであれば、元栓を閉めることです。
元栓は住宅全体の水の流れを止めたり流したりするものです。こちらも右に回すと締まります。

戸建て住宅の場合、宅地内の地面のどこかにあります。
マンションであれば、玄関の横にパイプシャフトがあり、その中についているはずです。もし見つからないのであれば、水道メーターの周辺を確認すると元栓のついていることが多いので確認しましょう。

どのパッキンが劣化しているか確認する

蛇口のパッキンといっても、大きく分けて三角パッキンコマパッキンがあります。このどちらの劣化が水漏れの原因か、確認することです。

もし水道の蛇口からポタポタといった感じで水漏れを起こしているのであれば、コマパッキンの劣化の可能性があります。

もしハンドル下のナットの部分から水漏れを起こしているのであれば、三角パッキンの劣化の可能性が高いです。このように水漏れの症状別で、どのパッキンに問題があるか把握できます。

コマパッキンの交換方法

もしコマパッキンの劣化による水漏れであれば、まずカバーナットを取り外しましょう。スパナなどの工具が必要です。

右に回してナットの緩んだところで、ハンドルごとナットを取り外します。するとコマパッキンが見えてくるはずなので、より外して、新しいコマパッキンと付け替えます。先端がとがっているのでつまめるはずですが、取り外しにくければピンセットなどでつまむといいでしょう。

そして先ほど取り外したカバーナットを元に戻して、左にしっかり閉めれば作業は完了です。このときあまり閉めすぎないようにすることです。閉めすぎてしまうと、ハンドルが硬くなって水が出にくくなるからです。

三角パッキンの交換方法

もし三角パッキンが劣化しているのであれば、ハンドルのビスを取り外しましょう。水道のハンドルは今ではいくつか異なるスタイルが出ていて、ビスの外し方も様々です。事前に取り外し方を確認しておきましょう。

ビスが外れると、ハンドルも取り外せるはずです。ハンドルを外すとカバーナットがむき出しの状態になるので、ナットを緩めていきます。

カバーナットを緩めるとその下に三角パッキンパッキン受けがサンドイッチされている構造となっています。三角パッキンは黒っぽいゴムのものですから、こちらを取り外して、新しい三角パッキンと取り換えましょう。

そしてカバーナットとハンドルを元に戻しましょう。最初に止水栓・元栓を閉めているはずなので、これを開くとまた水が出てくるようになります。

自分でやると安上がり

自分で蛇口のパッキンを交換するメリットは、とにかく費用の安い点です。新しいパッキンの料金だけで済みます。ホームセンターに販売されているパッキンを見てみると、だいたい150円程度で販売されています。

もし水道業者にパッキン交換を依頼すると、少なくても3000円程度はかかってしまいます。自分で交換すれば、1/20程度のコストで済んでしまいます。

もし心配であれば業者にお願いすること

このように蛇口のパッキン劣化による水漏れであれば、自分で交換することも可能です。しかし「やり方がわからない」とか「この方法で本当に合っているのか?」といった疑問・悩みの生じることもあるでしょう。
その場合には無理せずに、水道業者に作業依頼したほうがいいでしょう。

無理に自分で何とかしようとすると、水漏れが直らない、かえって状況が悪化してしまうこともあります。
もし「どうすればいいのかわからない」「これ以上やるとまずいのではないか?」という不安があれば直ちに作業をやめて、水道業者に相談しましょう。
多くの業者で24時間・365日水回りのトラブルの受付を行っています。また即日現場にスタッフが急行してくれるので、無理をしないことも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

トイレのトラブルは深刻…トイレ110番にお任せしたい3つの理由とは?

出典:toilet110.com トイレのトラブルは迅速な解決が必須 トイレが詰 …

配管の凍結破損の予防と対策

寒い地域に住んでいる人にとって常識な水回りの作業として、水道管の水抜きがあります …

洗面台の水の出が悪いのは水圧のせい?そのほかにも問題がある可能性も

ある日洗面台の水が… 洗面台は毎日手や顔を洗うとき、歯磨きをするときなど日常的に …

シャワーを止めてもポタポタ水が垂れる…修理する前のチェックポイント

シャワーの水が止まらないのは決して故障ではない お風呂場のトラブルで水道業者に問 …

コマーシャルで高い知名度・クラシアンの3つの特徴について紹介

出典:qracian.co.jp 「暮らし安心クラシアン」 クラシアンと聞いて、 …

新居のキズは敷金トラブルの原因に!自分がつけていないのに支払うっておかしい!

引越し前に必ず新居の掃除と状態把握をしよう! 新居が決まり、無事に契約が済んで鍵 …

引越して後悔したこと10選 引越前の人は必見!

引越前の確認が十分でなかったために大後悔することはよくあります。 今回は引越して …

キッチンの配水管や排水口が凍結してしまった…その場合の対処法を紹介

キッチンから水が出ない… 寒さの厳しいとき、朝起きて水道の蛇口をひねってみたら水 …

トイレの床、天井からの水漏れの原因は?

最近、トイレの床が濡れているということはありませんか。また、上の階にトイレなどが …

入居する前にハウスクリーニングをするのが当たり前・これって本当なの?

ハウスクリーニングを行う業者は多いけれども… 賃貸を借りるにあたって、部屋の契約 …