イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

悪い業者に騙されないための水道業者の選び方のポイント

   

悪質な水道業者には特徴がある

水回りのトラブルが起きた場合、業者にお願いして工事してもらうことになるでしょう。

水道業者の大半は、きちんとした営業を行っている優良なところです。しかし一部悪質な営業を行っている業者も見られます。悪徳業者を見てみると、いくつか代表的な特徴があります。

まず十分な説明のない点です。通常水道業者に作業を依頼する場合、どのような問題が起きているのか、どうやって修理するのか、いくらかかるのかの説明があります。しかし悪徳業者の場合、十分な説明がなく、勝手に作業を行って、後で高額請求することが多いです。

またトラブルが起きているので、具体的に「これこれの作業をしてほしい」と依頼します。ところが勝手にこちらの求めていない作業を行って、高額請求するパターンも見られます。複数の作業員がやってきて、1人がお客さんに対応して引き付けている間に、ほかのスタッフが勝手な作業をすることもあるようです。

悪質な業者に騙されないようにするためには、まず金額についての確認をすることです。

悪質な業者を見てみると、チラシやホームページなどで低価格の工事であることをアピールします。そしていざ工事をすると、あれこれ追加工事が必要になったなどといって、高額費用を請求するパターンが多いです。

ですから作業に移行する前に、見積もりをきちんととることです。見積もりを求めても出さずに勝手に作業を始めようとする業者があれば、悪徳の可能性が高いです。

また見積書を提示しても内訳がはっきりしない、説明を求めても正確な回答が来ない場合なども要注意です。少しでも「おかしいな」と思ったのであれば、作業をキャンセルして、ほかの業者をお願いしたほうがいいです。

実績を確認すること

では良い水道業者に作業を依頼するためにはどうすればいいか、まず情報収集です。

ほとんどの水道業者が自社のホームページを持っているはずです。
まずは創立してどのくらい経過するか確認しましょう。歴史が長ければ長いほど、実績があり信頼度が高いです。また規模もそれなりに重要で、個人経営よりは法人の水道業者の方が信頼性の高い傾向があります。
自分の住んでいる地元に本社のある業者の方が、しっかりしたコミュニケーションが取れるので安心です。

水道工事に関連する資格を持っているかどうかを確認しましょう。
水道業者を見てみると、水道局の指定工事店に認定されているところもあります。水道局という公的機関が認めている業者の方が、一定レベル以上の作業が期待できます。

水道局の指定工事店に認定されるためには、給水装置主任責任者の資格を持っているスタッフが必要です。また専門の工具を持っているか、実務年数がどのくらいかなど厳しい条件を設けているので、信頼性が高いわけです。

ちなみに似たような制度に市町村の指定水道業者もありますが、こちらは必ずしも認定を受けているからといって信用できるわけではないので注意しましょう。

対応できる工事について

水道作業は、上水道と下水道に分類できます。水道工事や水漏れ・詰まりの修理に対応している業者は多いです。しかし配管については、下水道の管轄になるので上水道業者は作業できません。

水道業者の中には、上下水道両方に対応しているところもあります。このような業者の方が、幅広い作業に対応しているので安心してお願いできます。

また対応エリアについても確認しておきましょう。一部大手の水道業者の場合、日本全国に対応しているところもあります。しかし多くの業者が対応できるエリアに限りがあります。
また自分の住んでいる都道府県が対応範囲でも、一部市町村は対象外ということもありますので、あらかじめ作業が依頼できるかどうか確認しておきましょう。

対応エリアでも、事業所から遠いと出張費などが別途かかることもあります。できれば、地元にある水道業者に依頼したほうが出張費もかかりません。また大手の中にはエリアに関係なく、出張費無料のところもあります。

料金を確認すること

水道工事をお願いするにあたって、いくらかかるのか気になるところでしょう。水道工事の料金は業者が自由に設定していますが、相場があります。
相場よりも高すぎるところにはまず依頼しないでしょうが、やけに安すぎる業者にも注意が必要です。あえて安い料金を提示して仕事を受注し、追加工事の名目で高額な費用を後になって請求するケースもあるからです。

また電話帳やコマーシャルなどを使って、大々的に宣伝をしている業者もあります。
しかし大々的に宣伝していると、広告費もかさみます。その結果、料金に上乗せしている傾向があります。知名度の高い水道業者なら、安くしっかりした作業ができるとは限りません。

悪徳業者の見極め方でも紹介しましたが、とにかく見積もりを取ることが大事です。そして水道工事の内容と価格が見合っているかどうかを確認することです。

わからないことがあればどんどん質問してみて、こちらの納得できるまで丁寧に説明してくれる業者であれば、信用できるでしょう。

アフターケアにも着目すること

悪徳業者でなくても、水道工事をお願いしてしばらくすれば、何らかの不具合が起きる可能性もあります。
このようにトラブルが改善しない場合のアフターフォローがきちんとしているかどうかも、見極めるポイントです。

水道業者の中には、独自の保証制度を設けているところもあります。保証期間内であれば、無償で工事を行ってくれるので安心でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

トイレが詰まるーその前兆と解決法

トイレにまつわるトラブルの中で一番面倒なのが、排水管の中で物が詰まってしまうとい …

実は気付いていないかも! 避けたい騒音トラブル集

自分では心当たりはないのですが、なんだかマンションの住民が自分を白い目で見ている …

「ポタポタ」「ビシャビシャ」―トラブルの前兆?

トイレを流したら変な音がするということはありませんか。 水が一定にどこかから漏れ …

便器やタンクの大量の水滴がついて汗をかいている感じに?なぜ起きる?その対処法は?

便器やタンクが濡れている… 便器に座ったとき、タンクに触ったときに濡れている、よ …

「ゴボゴボ」「ボコンッ」―排水管の詰まる前兆

レバーを回せば当たり前のように流れていってくれるトイレの水ですが、何でもスムーズ …

洗濯機からの水漏れ…故障しているの?原因と対策を紹介

洗濯機が故障すると大変 洗濯機はファミリー世帯はもちろんのこと、一人暮らしでも家 …

タンクの手洗い管から水が出ないのはなぜ?

多くの家庭で使われている日本ならではのトイレが、手洗い付きトイレです。「これほど …

便器の水がちょろちょろ流れ続ける原因と対策

水洗トイレは私たちの生活に欠かせないですよね。水洗トイレのメリットは実にたくさん …

トイレのトラブルは深刻…トイレ110番にお任せしたい3つの理由とは?

出典:toilet110.com トイレのトラブルは迅速な解決が必須 トイレが詰 …

トイレの水が逆流―排水管の詰りが原因

皆さんは、トイレに流した水が逆流してきたという経験はないでしょうか。流せるはずの …