イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

水道工事は実費だけではない!見積もりの内訳をチェックすべし

   

水道工事を依頼する前に見積もりをお願いすべし

水回りのトラブルが起こったら、できるだけ早く水道業者に連絡して工事を依頼するでしょう。トイレもキッチンも浴室も使えなくなると、日常生活が大変不便になるからです。すぐに工事をお願いしてトラブルを解決したいでしょうが、冷静になってまずは見積もりを提示してもらうようにお願いしましょう。

見積もりを提示された場合、その料金が気になるでしょう。しかし見積もりをチェックする際には、全体の費用だけでなく内訳を確認しましょう。

水道修理をお願いする場合、まず工賃がかかります。またもし修理の際に部品などを交換した場合には、その部品費用も掛かるでしょう。しかし水道業者によっては、そのほかにも諸費用の掛かる可能性があります。内訳を見て、どこにどのくらいの費用がかかるのか確認することです。

水道工事にかかることの多い3種類の諸費用

水道工事をお願いした場合、実際の作業による発生する費用以外に料金を請求されることもあります。業者によって諸費用の取り扱いは異なりますが、一般的には以下で紹介する3つの経費の含まれることが多いです。

まずは出張費です。通常水道工事は申し込みをしたお客さんの自宅に急行して、作業を担当することになります。
事業所から自宅までの移動費を出張費として計上することがあります。だいたい業者は現場に急行する際、自動車やトラックなどを使って移動します。このときのガソリン代などが出張費という形で請求されることがあります。

続いて、見積もり費用です。たいていの水道業者は、実際に作業に移行する前に水回りのトラブル状況を確認して、どの程度の費用がかかるか見積書を作成します。見積書作成にかかわる費用を請求されることもあります。

見積もりを確認して、どうも作業内容や料金について納得できないようであれば、依頼をキャンセルすることも可能です。ただしもし上で紹介した出張費や見積もり費用が掛かる業者の場合、作業を依頼しなくても料金を請求される可能性があります。

一方水道業者の中には、この出張費や見積もり費用を無料としているところも見られます。この場合、見積もりを見て作業依頼をキャンセルする際に料金を請求されることはないです。優良な業者の中には、出張費・見積もり料金無料としているところも多いので、ホームページなどで確認するといいでしょう。

もう一つの水道料金における諸費用として、割増料金があります。水道に関するトラブルは、いつ発生するかわかりません。深夜や早朝に発生することも十分あり得ます。

このような深夜や早朝のトラブルに対応するために、水道業者の中には24時間・365日いつでもトラブルに対応できるようにしているところも多いです。深夜や早朝でもすぐに現場にスタッフが駆けつけてくれるのは、大変心強いです。

しかし深夜・早朝の水道工事に対応しているところは、深夜割増料金を設定しているケースもありますので注意しましょう。一見するとほかの業者と比較して、お得な料金設定になっている業者もあります。しかし深夜や早朝の割増時間帯に作業依頼すると、ほかの業者にお願いしたほうが実はお得だったということもあり得ます。

その他に土日祝日でも水道工事の受付を行っているけれども、割増料金が適用される恐れもあります。土日や深夜・早朝に作業を依頼する際には、見積書で割増料金が設定されていないかどうか確認しましょう。

特に深夜や早朝に作業を依頼する場合、早く修理してほしいので見積書をきちんと確認しない人もいるようですが、余計なコストを負担しないためにも割増料金を確認しましょう。

深夜や休日の割増料金は、どの業者でも設定しているわけではないです。中には土日でも深夜・早朝でも割り増しなしで通常料金にて作業をしているところもあります。

ホームページの料金に惑わされない

水道業者のホームページを見てみると、各種作業の基本料金が記載されています。基本料金を見てみると、3000円とか4000円のようなリーズナブルな価格表示されていることも多いです。一見すると魅力的に映るかもしれません。

しかしこのような割安価格を打ち出している業者の中には、基本料金を安くして、出張料などを割高にすることで値段調整をしているところもあります。またホームページで記載している安い基本料金は、あくまでも最低価格です。

よく見てみるとほとんどのサイトで「○○円~」と表記されているはずです。ホームページに記載されている料金通りの費用を請求されるわけではないです。

だからこそ、作業依頼前の見積もりが重要なのです。どの程度の費用がかかるのかのほかにも、上で紹介した諸費用がかかるのか、費用の内訳が納得できるかなどを確認しましょう。

水道業者の中には、見積書がシンプルなところもあります。内訳が不透明でいきなり総額がどんと出ているような見積書もあります。このような場合、後になって「追加料金が発生した」といって、見積書よりも高い金額を請求されることもあります。見積書の高い安いだけでなく、その内容を確認したうえでどこに依頼するかを決めるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

賃貸物件の連帯保証人になるリスクはどれくらい? トラブル集を見てみよう

「今度マンションに住むことになったんですけど連帯保証人になっていただけないでしょ …

浴室の排水口から水が逆流する…その原因と対策法について紹介

風呂場の排水が逆流してくる 風呂場のトラブルで困っているという話もしばしば聞かれ …

賃貸マンションで虫トラブル発生!駆除費用は借主?貸主?

虫トラブルは誰に責任を持ってくるかが難しいデリケートな問題! せっかく新居に引っ …

「あれ?トイレの水が出ない」-あなたならどうする?

トイレの水が出ないとき、どうしますか。当たり前のように出てくるはずの水が出てこな …

新居のキズは敷金トラブルの原因に!自分がつけていないのに支払うっておかしい!

引越し前に必ず新居の掃除と状態把握をしよう! 新居が決まり、無事に契約が済んで鍵 …

浴室に出るコバエの撃退法 やつらの急所はここだ

浴室がコバエの大群に埋め尽くされるのを見たことがあるでしょうか。 自分はそんな経 …

他人事ではなくなってきている!盗聴器の発見方法と予防策

2種類の盗聴器 「賃貸探しをする時には盗聴器が仕掛けられていないかどうかチェック …

「レバーハンドル」の緩みには早めの対応を

トイレの水を流すとき、必ず使用するのが洗浄レバーですよね。「レバーハンドル」とも …

業者にお願いする必要なし?自分でできる水回りのメンテナンス方法を紹介

自分でメンテナンスすれば節約できる 水回りは普段何気なく使っているかもしれません …

1階の部屋にアリの大群が現れた!どうする? たたかう 逃げる 薬を使う

マンションやアパートの1階の物件は1階特有の問題があります。 それがアリがゾロゾ …