イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

便器の凍結には早めの対策を

   

寒い地域に住んでいる人の一般常識としてあげられる事柄の一つに、「水道の水抜き」があります。水道管の中の水を空にするという作業です。これは水道管の中の水が凍結し、膨張し、その結果、水道管が破裂するという事態を予防するために行われています。

特に夜は気温が下がるため、水道管の水が凍る前に、水抜きをする必要があります。そうしなければ、水道管が破裂することはなかったとしても、中の水が凍ってしまいます。キッチンやバスルーム、またトイレなどの水が出なくなってしまうのです。次の日の午後になってやっと水が使えるという、なんとも不便な状態になることでしょう。

しかし、夜水抜きを行うと、当然のこととして、夜中は水を使うことができなくなります。では、トイレはどうで しょうか。トイレの水が流せなくなると困りますよね。夜中もトイレに行きたくなることがあるからです。それに、便器の中に埋め込まれているU字型の排水管の水は抜くことはできませんよね。排水管からの臭いが上がってこないようにするためです。

ではどのように、トイレの便器の中の水が凍ってしまうということを避けられるのでしょうか。また、長期間家を留守にする場合は、その間どのように凍結を防ぐことができるのでしょうか。ここでは、便器の水が凍結して使用できないという事態を避けるための対策法を紹介したいと思います。

便座の設定温度を上げる

日々の生活の中で、便器の水が凍るのを避ける簡単な方法の一つは、便座の設定温度を上げることです。また、ウォッシュレットの設定温度を上げておくこともできるでしょう。そして、便座のふたを閉めておくなら、熱が逃げるのを防ぐことができます。

寒くなればなるほど、便座が冷たいのはつらいものです。便座に座った時のことを考えても、設定温度は上げておくことがおすすめです。そうすれば、便器の中の水が凍って、水が流せなくなるという事態も避けることができるのです。

不凍液(ウインドウォッシャー液など)を入れる

長期にわたって家を留守にするという場合は、ずっと便座の電気を入れておくわけにはいきませんよね。電気代が高くなってしまうからです。それで、便器の中に不凍液を入れることができます。

トイレの便器の下の部分には、U字型の排水管が埋め込まれています。臭いが排水管から上がってこないための対策として設計されています。しかし、寒い地域では、便器の中のU字排管の中の水が凍り、膨張して、便器が割れてしまうというトラブルがあります。それで、便器を保護するためにも、不凍液を便器に入れることかできます。そうするなら、凍結を避けることができます。これは、車用のウインドウォッシャー液などで代用することもできます。では、不凍液はどのように使用するのでしょうか。

まず、止水栓を閉じます。そして、レバーを「大」の方に回してタンクの水を空にします。ある種類のトイレには、ロックボタンのついているトイレレバーもあります。完全に水がなくなるまでレバーをロックすることができるようになっているのです。また、少なくなったタンクの水に不凍液を少し入れて、タンクと便器の間に不凍液を流してもよいでしょう。そうするなら、タンクと便器の間の配管の凍結も防ぐことができます。

そして最後に、不凍液を便器に注ぎましょう。この不凍液は20リットル6,000円ほどで購入することができます。気温に合わせて希釈の割合が変わります。例えば、マイナス14度だと不凍液と水の割合は4対6といった具合です。このように不凍液を入れておくなら、ト イレの水が凍って流せない、また、便器が割れてしまうという事態を避けることができるでしょう。

凍結防止ヒーターを巻く

中には、便座のヒーターがついていないトイレもあることでしょう。また、不凍液を入れ忘れたということもあるかもしれません。そのような場合は、凍結防止ヒーターを利用することができます。ホームセンターなどで、一メートル1,500円ほどで購入できます。

凍結防止ヒーターには温度を感知するセンサーがついていているので、自動に温度が一定になるようにしてくれます。便器の水の温度が四度以下になるとセンサーが反応してヒーターが付きます。そして八度まで上がると自動で切れるといった具合です。この凍結防止ヒーターを便器に巻いて使うと、数時間後には確実に便器の水は溶けていきます。万が一の時に常備しておくのもよいでしょう。

また、普段から寒さが予想されるとき には巻いておくと、トイレの便器の水が凍って、使えなくなるということを避けることができます。

凍結を防止する機能を持つ便器を使う

中には、便器の中ヒーターが入っている便器もあります。便器の下の部分にあるU字型の排水部分にヒーターが内蔵されています。この便器を使えば、不凍液や凍結防止ヒーターは必要ありません。室内が0度以下になる地域ではとても便利です。

また、給水管から便器のなかに一定量の水を常に流しておくことのできるトイレもあります。常に水が動いているので、給水管やタンク、U字型の排水部分も凍ることはありません。

便器の凍結を防ぐための対策を覚えておく

トイレの便器の中の水が凍ってしまうということをどのように避けることができるのでしょうか。一つの方法は、便座の設定温度を上げるということです。またウォッシュレットの設定温度を上げることもできます。

では、長期間家を留守にする場合は、どのように凍結を防ぐことができるのでしょうか。それは、不凍液、または、車のウインドウォッシャー液などを便器の中に入れることです。そうするなら、長期間にわたってもし、寒さが続いても、便器の中の水は氷ることはありません。

では、こうした対策をすることができなくて、便器の水が凍ってしまった場合はどうしますか。凍結防止ヒーターを巻くことができるでしょう。また、便器のU字型の排水部分にヒーターが内蔵されているもの や、給水管から便器のなかに一定量の水を常に流しておくことのできるトイレもあります。それぞれの、生活環境に合わせてこうした対策方法を使い分けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

トイレのトラブルは深刻…トイレ110番にお任せしたい3つの理由とは?

出典:toilet110.com トイレのトラブルは迅速な解決が必須 トイレが詰 …

マンションで絶えないペットトラブル 折れるのは飼い主、住民どっち?

夜、ようやく寝つけてきたかと思うと「ワオー」と近所の犬が吠え出します。 翌日決意 …

突然起こる現象!-便器の中の水が溢れてきた時の対処法

トイレにまつわるトラブルの中で一番パニックになってしまうのが、便器の中の水が溢れ …

落雷・ゲリラ豪雨被害に遭いやすいお部屋の見分け方

引っ越したものの家の中のものが台無しになる2つケースがあります。 それこそがゲリ …

風呂場の水の流れが悪い…スムーズに排出する方法は?

お風呂の水がなかなか排出できない お風呂の水を抜いても、なかなか空にならないとい …

トイレの水が逆流―排水管の詰りが原因

皆さんは、トイレに流した水が逆流してきたという経験はないでしょうか。流せるはずの …

トイレの床、天井からの水漏れの原因は?

最近、トイレの床が濡れているということはありませんか。また、上の階にトイレなどが …

北国の冬場で起こりがちな便器や水道管の凍結…どのように予防する?凍結した場合の対処法は?

北国では起こりうる凍結問題 北海道や東北地方のような北国では、冬場厳しい寒さにな …

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?修理の方法を紹介

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも? 水回りのトラブルが発生した場合、なんでも …

水回りトラブルの緊急事態に!水道救急車のスペックを徹底公開

出典:suidou.main.jp 水回り一般の相談に乗ってくれる水道救急車 今 …