イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

配管の凍結破損の予防と対策

   

寒い地域に住んでいる人にとって常識な水回りの作業として、水道管の水抜きがあります。冬の、特に夜になると水道が凍結するので、水道管の水を必ず抜く必要があるのです。また、部屋やトイレ、その他の場所も暖房器具などで温度を調整し、気温が0度より下がることがないようにします。そうすることで、排水管が凍結するのを防ぐことができるのです。

しかし、冬場長期にわたって留守にする場合は、気をつける必要があります。水抜きが十分にできていない状態で、水の動きが全くないと、配水管の中の水が凍結し、膨張し、破裂する可能性があります。のちに、暖かくなり水が溶けて、破裂した所から水漏れが生じるのです。下の階の部屋に大々的に水が漏れて、水浸しになるのです。

友達の家もこうした被害に遭って、家の中で傘をさしていたという話もあるくらいです。集合住宅だと、こうした水漏れは深刻です。下に住んでいる住人に被害が及ぶため、高額の費用を請求されるからです。また、トイレの便器内の排水部分などは、水抜きができないため、凍結、破損することがあるのです。トイレが水浸しになるだけでなく、便器も換える必要があります。

では、こうした配管の凍結破損を予防するための具体策はないのでしょうか。あるとすれば、どんなものでしょうか。もし凍結破損が生じてしまった場合の修理代はどれくらいかかるのでしょうか。

トイレの水抜き作業

最近は、凍結防止の技術が進み、水道管が凍結により破損するという、大きなトラブルになることは少なく成っています。しかし、出張や旅行などで長期的に家を空けるという場合は、水抜きをする必要があります。長時間凍結が続くと給水管が破損したりパッキンが断裂したりすることがあるからです。

トイレの水回りは特に注意する必要があります。トイレの給水管、ウォッシュレットにつながる給水ホース、またトイレタンクの中のボールタップと呼ばれる部分が凍結して破損することがあるからです。それで、必ず水抜きをする必要があるのです。ではどのように水抜きをするのでしょうか。

寒冷地にある住宅には、たいてい電動で水抜きができるようになっています。こうした伝道の物がない 場合は、まず止水栓を閉めます。マイナスドライバーで右に回すと水を止めることができます。そして、レバーを「大」の方に回してタンクの水を空にします。中には、ロックボタンのついているトイレレバーもあります。完全に水がなくなるまでレバーをロックすることができるようになっています。

では、便器内の水はどうするのでしょうか。便器中の水は、下水から上がってくる臭いを遮断する役割をしているので、抜くことはできません。それで、不凍液(ウインドウォッシャー液など)を入れるなら、凍結を防ぐことができます。次に、ウォッシュレットの給水ホースの水を抜きます。水抜きプラグという給水フィルターから水を抜くことができます。また、ばらばらに分解して水を抜くこともできます。

それぞれのウォッシュレットの種類により方法が違いますので、取扱説明書を参考にしましょう。また、凍結を防止するための給水管や給水ホースにウレタンカバー巻いておくこともできるでしょう。

配管の凍結破損の予防策と対策

配管が凍結すると、配管の破損に伴い水漏れなどが生じ、被害が広がる可能性があります。それで、配管が凍結しないように前もって予防策を講じる必要がありますよね。では、凍結予防のためにどのようなことができるでしょうか。三つの方法があります。

まず一つ目に、さきほども上げた水道管の水を抜くことです。気温がマイナス4度より下がると日、数日外出するため、水道を使わないという場合は、水を抜くことができます。

二つ目に、水道管を保温することです。外に出ている配管に、タオル・布または、保温材などを巻いておくことができます。例えば、給湯器の周りにある、外に出ている給水管にタオルなどを巻くことや、水道メーターボックスに保温材などを入れておくだけでも効果 があります。

三つ目に、少し水道の水を流しておくことです。水の流れがあれば、配水管の水は凍りにくくなります。

また、トラブルが起こっても、被害を最小限に抑えることもできます。もし、長期間家を空けるとなると、何かがあっても、すぐに対応することができません。それで、出かける前に必ず止水栓を閉じておくようにしましょう。そうするなら、もし凍結破損が起こってしまっても、水漏れによる被害が広がることを避けることができます。止水栓は、住宅側と道路側に二種類ある場合があります。どちらかを閉めておきましょう。

凍結破損の被害に備える

配水管が凍結破損すると、大量の水が漏れだすため、被害が拡大することが考えられます。そのため、修復に多額の金額がかかることが多くあります。数十万円かかるということもあるのです。

そこで役立つのが、火災保険です。火災保険の中にはこうした凍結破損による水漏れの被害額を保証してくれるからです。保険の特約の中に、水漏れ保障というものです。これは、凍結破損にかかわらず、配管設備の問題で水漏れが生じて被害に遭った時に適用されます。

しかし、注意したいのは、水漏れにより部屋が水浸しになる場合の被害額は保証されるのですが、水道管の修理に関しては適用されないという点です。それで、水道管の修理代金も保証するものとして、水道管凍結修理費用保険を付帯して おくことができます。これは、凍結破裂による水漏れの修理代にも適用されるからです。

寒い地域に住む人はこうした保険に入っておくなら、万が一凍結破損による水漏れがあっても安心ですよね。このように、寒い地域では、必ず水抜きをしましょう。また、外に出ている配管には断熱材を巻きましょう。長期留守にするという場合は、水抜きに加えて、止水栓を止めておくことができます。万が一凍結破損が起こっても、被害を最小限に抑えることができるからです。また、火災保険の特約にも水漏れによる被害額を保証するものがあります。前もって加入しておくと、予想外の出費にも対処できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

場所別排水口からの悪臭の原因と対策を紹介

排水口の悪臭が心配 掃除をきちんとしているのに、水回りの排水口からなんだか嫌なに …

水漏れの原因がパイプの破損によるもの…自分で修理できる?業者に依頼した場合の費用相場は?

水漏れの原因は主に3つある 排水パイプなどからどうやら水漏れが起きている、これは …

騒音トラブルで引越しせざるを得ない…とならないための心得

いつ巻き込まれるか分からない騒音トラブルに備えよう 引越ししたとき、あるいは同じ …

浴室に出るコバエの撃退法 やつらの急所はここだ

浴室がコバエの大群に埋め尽くされるのを見たことがあるでしょうか。 自分はそんな経 …

「ゴボゴボ」「ボコンッ」―排水管の詰まる前兆

レバーを回せば当たり前のように流れていってくれるトイレの水ですが、何でもスムーズ …

賃貸物件で水のトラブル!受ける方も与える方も知っておきたい対処方法

水漏れや雨漏れ、排水管の破裂まで様々な水トラブルと背中合わせに! 賃貸マンション …

80%の割合でリピーターになる!生活ファクトリーの特徴を詳しく紹介

出典:seikatsu-co.com 水のトラブル対応を中心とした幅広いサービス …

水道料金が急に高くなった…それってもしかすると水漏れかも?

水道を使いすぎていない? それまでと比較して急に水道料金が高くなったのは疑問、と …

アフターフォローの充実している住まいる水道の3つの特徴を紹介

出典:mizumore365.com 1円でも安くをモットーに 住まいる水道はそ …

トイレの水の色が変なのはさびが原因?

最近、トイレに流れる水の色がいつもと違うということはないでしょうか。便器洗浄液を …