イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

便器の水がちょろちょろ流れ続ける原因と対策

   

水洗トイレは私たちの生活に欠かせないですよね。水洗トイレのメリットは実にたくさんあります。レバーを回すと、きれいな水が流れてくるので衛生的で、快適です。また、昔からある手洗い付きトイレは、場所と水を有効に使えますし、最近ほとんどの場所で見られる「ウォッシュレット」は、トイレをより快適なものにしてくれます。

しかし、トイレにまつわるトラブルもあります。例えば、便器の水が流れ続けるということがあります。水道の蛇口が開いているかのように、便器の水がずっとちょろちょろと流れているのです。これはつまり、タンクの水が便器に流れ続けているということです。便器からトイレの排水には、タンクから流れてきた水の量が、そのまま流れるようになっているか らです。ほおっておくと水道代が高くなりますので、修理する必要がありますよね。ではどんな原因が考えられるのでしょうか。

タンクの中の鎖の不具合

タンクからの水がちょろちょろ流れ続ける原因の多くは、タンクの中にある「玉鎖」の不具合です。

レバーハンドルを回すと、その先にある「玉鎖」が引き上げられます。そして、その下にはフロートバルブというタンクの栓の役割をしている部品が取り付けられています。フロートバルブが持ち上がると、水が便器に流れます。タンクに水がいっぱいになると、このフロートバルブは、水が流れないように栓の役割を担います。しかし、「玉鎖」がだらっと垂れ下がり、フロートバルブの下にはさまることがあります。そうすると、水がせき止められず、便器に流れっぱなしになるということになります。

また、「玉鎖」がタンクの中で絡まっていることもあります。フロートバルブが浮いた形になっ て、水をせき止めることができなくなるのです。それで、「玉鎖」をもとの位置に戻す必要があります。また場合によっては、「玉鎖」が劣化して張りがなくなり、切れやすい状態になることがあります。その場合は、新しい「玉鎖」と交換する必要があります。

「玉鎖」は、フロートバルブとセットになっていて、ホームセンターやネットなどで売っています。値段は、1,000~2,000円ほどとお手頃価格で購入できます。

「レバーハンドル」の不具合

普通「レバーハンドル」を回し、便器に水を流しますよね。そして、タンクに水が溜まると「レバーハンドル」も元の位置に戻ります。

しかし、レバーが元に戻らないということがあります。それで、タンクの栓の役割をしているフロートバルブが開きっぱなしになり、水が流れ続けるのです。こういった場合は、「レバーハンドル」を交換する必要があります。

まず、タンクの中から「レバーハンドル」についている鎖をはずします。そして、「レバーハンドル」を固定させているナットを外すと、「レバーハンドル」をはずすことができます。続いて、新しい「レバーハンドル」を取り付けます。タンクに「レバーハンドル」を差し込み、パッキンとナットを取り付けます。そして、「レバーハンド ル」の突起の部分が真上になるように取り付けましょう。

「レバーハンドル」はホームセンターでも数千円で購入することができます。

ボールタップの「ピストンバルブ」が機能していない

ボールタップとは、給水管からタンク内につながっている部分です。タンクに水が流れ続けるのは、ボールタップの中の「ピストンバルブ」が故障しているということが考えられます。それで、「ピストンバルブ」を交換する必要があります。

まず、止水栓の水を止めます。そして、タンク内の水を流します。給水管のタンク側にあるナットを外しましょう。二つのモンキーレンチを使うと便利です。タンク内のボールタップを一つのモンキーレンチで抑えながら、もう一つのモンキーレンチで外のナットを緩めていくのです。そして、ボールタップから「ピストンバルブ」を取り出します。二本の蝶ねじを左に回すと「ピストンバルブ」がはずれます。新しいものと交換し、ボールタップに下から上に 差し込みます。「ピストンバルブ」がきちんとはまったのを確認し、二本の蝶ねじを締めます。最後に、ボールタップと給水管とつなげます。「ピストンバルブ」はホームセンターで、数百円で購入できます。

「ダイヤフラム」の場合

使っているトイレの給水管はタンクの下から出ているタイプの場合は交換する場所が違います。このタイプは、「ピストンバルブ」に代わり、「ダイヤフラム」というもの使用しています。それで、「ダイヤフラム」を交換する必要があります。

では、「ダイヤフラム」はどこにあるのでしょうか。先ほどの「ピストンバルブ」の位置とは違い、タンクの中の上の真ん中辺りにあります。まず、ボールタップカバーがある場合はカバーをはずします。続いて、浮き玉レバーをはずします。浮き玉レバーにある根元をつまみながらはずします。そして、浮き玉レバーがついていたナットを手で反時計回りに回してはずします。この下に「ダイヤフラム」があります。この部分を新しいものと交換します。ナ ットを戻し、浮き玉レバー、ボールタップカバーを取り付けていきます。「ダイヤフラム」も数百円で購入できます。

流れ続ける水は自分で止められる

便器の水がちょろちょろ流れ続ける原因は、便器に流れ込む水が止まっていない証拠です。では、水が止まらない原因は何でしたか。

一つ目は、タンクの中にある「玉鎖」の不具合です。「玉鎖」がフロートバルブの下にはさまっていたり、タンクの中で絡まっているのかもしれません。それで、「鎖玉」を正常な位置に戻してあげましょう。二つ目の原因は、「レバーハンドル」が元に戻っていないという点です。新しい「レバーハンドル」に交換しましょう。そして三つ目は、ボールタップの「ピストンバルブ」もしくは「ダイヤフラム」を交換する必要があるという点です。

こうしたことを業者に頼むとどれくらい費用がかかるでしょうか。たいてい技術料6000円プラス出張料、材料代がかか ります。しかし、自分で交換すると材料代だけで済みます。自分で原因を探って修理してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

洗濯機ではなく洗濯機付近からの水漏れが気になる…考えられる原因と解決法は?

洗濯機を使うと水漏れが起きる 洗濯機は毎日使っているという人も多いでしょう。その …

タンク下の排管からの水漏れー原因はナットの緩み

我が家のトイレを含め、今のトイレは、タンクと便器が一緒になっているタイプのものが …

トイレの床、天井からの水漏れの原因は?

最近、トイレの床が濡れているということはありませんか。また、上の階にトイレなどが …

生活全般のトラブルに対応した水の救急車の評判を紹介

出典:mizu99.co.jp 水回りだけではない水道業者 水回りのトラブルが発 …

水道料金が急に高くなった…それってもしかすると水漏れかも?

水道を使いすぎていない? それまでと比較して急に水道料金が高くなったのは疑問、と …

「ゴボゴボ」「ボコンッ」―排水管の詰まる前兆

レバーを回せば当たり前のように流れていってくれるトイレの水ですが、何でもスムーズ …

入居する前にハウスクリーニングをするのが当たり前・これって本当なの?

ハウスクリーニングを行う業者は多いけれども… 賃貸を借りるにあたって、部屋の契約 …

キッチンの配水管や排水口が凍結してしまった…その場合の対処法を紹介

キッチンから水が出ない… 寒さの厳しいとき、朝起きて水道の蛇口をひねってみたら水 …

場所別排水口からの悪臭の原因と対策を紹介

排水口の悪臭が心配 掃除をきちんとしているのに、水回りの排水口からなんだか嫌なに …

北国の冬場で起こりがちな便器や水道管の凍結…どのように予防する?凍結した場合の対処法は?

北国では起こりうる凍結問題 北海道や東北地方のような北国では、冬場厳しい寒さにな …