イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

「レバーハンドル」の緩みには早めの対応を

   

トイレの水を流すとき、必ず使用するのが洗浄レバーですよね。「レバーハンドル」ともいわれる部分は、何気なく、でもいつも使っているトイレの大切な部分です。しかし、この「レバーハンドル」の調子が悪いということはありませんか。何だか、ゆらゆらとしっかり固定されていないような感じになっているのです。どこかのねじが緩んでいるようなガタツキも見られます。便器に流れる水の勢いが弱いこともあるでしょう。「まだ大丈夫」と放置していると、ある日突然空回りになり、便器に水が流れなくなってしまうケースもありまので注意が必要です。また、「レバーハンドル」が完全にはずれしまう場合も考えられるでしょう。

こうした状況はハンドルだけ壊れている車みたいですよね。トイレのレバーだけが、がたがた、ぶらぶら、ゆらゆらしていて、きちんと水を流してくれないのです。

「レバーハンドル」の不具合が生じたときに考えられる原因は何でしょうか。また、どういった解決方法があるでしょうか。

「レバーハンドル」を固定するナットの緩み

まず、原因の一つに「レバーハンドル」が、ゆらゆらとしていて、しっかり固定されていないことが考えられます。完全にはずれるというわけではないものの、どこかのねじが緩んでいるような感覚です。こうしたことは「レバーハンドル」を固定するためのナットが緩んでいるために起こります。

そもそも「レバーハンドル」の半分はタンクの中に差し込まれ、ナットがしっかり締まっていることで、固定できるようになっています。ですので、ナットをしっかり締め直す必要があります。

手順としてはまず、マイナスドライバーを用意します。そして、タンクの中の水を空にして、タンクのふたをはずしましょう。それから「レバーハンドル」につながる部分を探してみてください。

試しにタンクの内側の壁に面している樹脂のナットを手で触ってみましょう。ぐらぐらしていませんか。レバーハンドルをしっかり手で押さえながら、タンクの内側のナットを右(時計回り)に回していきましょう。再びナットが緩んで「レバーハンドル」がグラグラするのを避けるため、しっかり力を入れてしっかり締めることが重要です。

タンクの中の鎖の劣化

「レバーハンドル」のナットはしっかり固定されているのに、レバーが半分空回りのような感じになることがあります。レバーを回しても、抵抗があまりなく、流れる水の勢いもありません。このような時に考えられる原因は何でしょうか。

「レバーハンドル」からつながっているタンクの中の鎖が劣化していることが原因の一つとして考えられるでしょう。

この鎖は、「フロートバルブ」と呼ばれる、タンクの水を塞き止めたり、流したりする部分につながっています。この鎖が「レバーハンドル」と「フロートバルブ」の連絡の役目をしているのですね。鎖が劣化してくると、さびたり、たるんだり、場合によっては切れたりしてしまいます。レバーを回しても、抵抗があまりないのは、鎖がたるでいるからかもしれません。

また、この鎖は二本あり、「レバーハンドル」の「大」と「小」のそれぞれに鎖がついていて「フロートバブル」につながっています。普通鎖の長さは、「大」の方に回した場合、8リットルほど流れるように、「小」の方に回すと、6リットルほどの水が流れるように設定されています。しかし、鎖の取り付ける位置が本来の位置とずれているなら、十分に水が流れないでしょう。

ふさわしい位置になるように、鎖の長さを調整する必要があります。「小」の方の鎖は、レバーを回した時、タンクの底にある「ゴムフロート」が少し持ち上がる程度、「大」の方の鎖は、レバーを回すと、「ゴムフロート」がしっかり上がる程度に調整します。

「レバーハンドル」の劣化

また、「レバーハンドル」がはずれかけているという場合はどうでしょうか。その場合は、「レバーハンドル」の劣化が考えられます。できるだけ早く「レバーハンドル」を交換しましょう。不安定な状態なまま無理やり使い続けると完全に「レバーハンドル」が取れてしまうことがあるからです。

では、どのように交換するのでしょうか。まず、「レバーハンドル」を「大」の方に回し、タンクの中の水を流します。そして、「レバーハンドル」についている鎖をはずします。その際、「大」「小」それぞれにつながる鎖の位置を覚えておきましょう。そして、「レバーハンドル」を固定させているナットをはずし、「レバーハンドル」そのものをタンクの穴から抜きます。続いて、新しい「レバー ハンドル」をタンクの穴に差し込み、パッキンとナットを取り付けます。この時、「レバーハンドル」の突起の部分が真上になるようにしましょう。「レバーハンドル」はホームセンターやネットで2,000円前後で売っています。

こうした作業を業者に頼むと、少なくとも5,000円以上はかかります。自分で交換するなら、部品代だけで済むので、修理代を節約することができます。

「レバーハンドル」がガタツク時の対処法

トイレを使用する時、私たちが必ず手に触れる場所である「レバーハンドル」が、しっかり機能していないと、水を正常に便器に流すことはできません。

「レバーハンドル」を固定しているナットがしっかり締まっていないのであれば、タンクのふたを開けて、内側にあるナットをしっかり締めましょう。

また、「レバーハンドル」を回す時、半分空回りのような場合であれば、タンクの中の鎖が劣化して、位置がずれていることが考えられます。そういった場合は正常な位置に戻しましょう。

さらに、「レバーハンドル」はずれかけている場合は、「レバーハンドル」そのものが劣化している可能性があるため、交換をした方がよいでしょう。

ちょっとした作業で「レバーハンドル」の不具合は修正できるので、業者に頼む前にご自分で一度確認してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

水回りトラブルの緊急事態に!水道救急車のスペックを徹底公開

出典:suidou.main.jp 水回り一般の相談に乗ってくれる水道救急車 今 …

「あれ?トイレの水が出ない」-あなたならどうする?

トイレの水が出ないとき、どうしますか。当たり前のように出てくるはずの水が出てこな …

落雷・ゲリラ豪雨被害に遭いやすいお部屋の見分け方

引っ越したものの家の中のものが台無しになる2つケースがあります。 それこそがゲリ …

トイレの流れ悪いのは気のせい?

毎日使う家のトイレですが、最近水の流れが悪くなったと感じている人もいるのではない …

「ウォッシュレット」の水が出ない!出が悪い!さてどう対処するの?

海外に行って初めて、日本の快適さが身に染みるという人も多いのではないでしょうか。 …

水漏れの修理を依頼されたら高額請求される主な3つの事例を紹介

想定外の作業をやられてしまった 水漏れが起きた場合、水道業者にお願いして修理をす …

賃貸契約を交わすときに時々要求される保証人・それってどんな人?

保証債務を背負う人のこと 賃貸物件が見つかって契約を交わす際に、保証人を付けるよ …

タンク手洗い器具の緩みには早めの対応を

私たちにとってはおなじみの手洗い付きトイレですが、実は日本にしかないものだって知 …

知らぬが仏? いや、事故物件の調べ方を知っておこう

家に帰ってある特定の場所で…なんだか変な寒気がする…視線を感じる…引越後の経験と …

敷金トラブル回避のためにも写真撮影は物件チェックで重要

家具を入れる前に物件チェックを 入居先が決まってあとは引っ越すだけ、と思っている …