イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

手洗い付トイレ―どうしよう!水が止まらない!

   

多くの家庭で使われているトイレの種類に、タンクの上に手洗い管がついているものがあります。トイレの水を流すと、手洗い管から水が出てくるので、手を洗うことができます。また、タンクに入る部分に芳香剤が入った洗浄剤を置くことで、いい香りの清潔なトイレを保つこともできますね。

このような便利な手洗い付きトイレですが、この手洗い管からの水が止まらないというトラブルが生じることがあります。タンクの水はいっぱいになっているはずなのに、手洗い管からちょろちょろと水が流れ続けるのです。では、何が原因で、手洗い管からの水が止まらなくなるのでしょうか。はたして、自分でなおせるのでしょうか。もし業者にお願いする場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

タンクの中の鎖の不具合

手洗い管からの水が止まらないときに考えられる原因の多くは、タンクの中にある「玉鎖」の不具合です。

レバーハンドルを回すと、その先につながっている「玉鎖」が引き上げられます。そして、その下に取り付けられているフロートバルブが持ち上がり、水が便器に流れる仕組みになっています。タンクに水がいっぱいになると、このフロートバルブは「玉鎖」の下に取り付けられていて、水が流れないように栓の役割を担います。

この大事な役割をしているフロートバルブにつながる「玉鎖」がだらっと垂れ下がり、フロートバルブの下にはさまることが、あります。そうすると、水がせき止められず、便器に流れっぱなしになるということになります。また、「玉鎖」がタンクの中で絡まってい ることもあります。それで、フロートバルブが宙ぶらりんになって、水をせき止める役割が果たせなくなっているのかもしれません。

こういった場合、玉鎖をもとの位置に戻すことで解決できます。また中には、「玉鎖」が劣化して張りがなくなり、切れやすい状態になることがあります。その場合は、新しい「玉鎖」と交換する必要があります。しかし、「玉鎖」の単品はないので、フロートバルブとセットになっている部品を購入する必要があります。ホームセンターやネットで、1,000~2,000円ほどで購入できます。

「レバーハンドル」がきちんと働いていない

普通「レバーハンドル」を回し、タンクに水が溜まると「レバーハンドル」も元に戻ります。しかし、いつまでたってもレバーが元に戻らないということがあります。それで、タンクの栓の役割をしているフロートバルブが開きっぱなしになり、水が流れ続けるのです。

こういった場合は、「レバーハンドル」を交換する必要があります。「レバーハンドル」はホームセンターでも数千円で売っています。まず、タンクの中から「レバーハンドル」についている鎖をはずします。そして、「レバーハンドル」を固定させているナットを外します。これで「レバーハンドル」をはずすことができます。続いて、新しい「レバーハンドル」を取り付けます。タンクに「レバーハンドル」を差し込み、パッキンナットを取り付けます。この時、「レバーハンドル」の突起の部分が真上になるように取り付けましょう。

ボールタップの「ピストンバルブ」が機能していない

ボールタップとは、給水管からタンク内につながっている部分です。手洗い管からの水が止まらないのは、ボールタップの中の「ピストンバルブ」が機能していないということが考えられます。それで、「ピストンバルブ」を交換する必要があります。

まず、タンクのすぐ近くの給水管のナットを外します。できれば二つのモンキーレンチで、タンク内のボールタップを抑えながら、外のナットを緩めます。次に、ボールタップから「ピストンバルブ」を取り出します。2本の蝶ねじを左に回すと「ピストンバルブ」がはずれます。新しいものと交換し、ボールタップに下から上に差し込みます。「ピストンバルブ」がきちんとはまったのを確認し、2本の蝶ねじを締めます。こうしてボールタップを外 の給水管とつなげて完成です。「ピストンバルブ」はホームセンターで、数百円で購入できます。

「ダイヤフラム」の交換の場合

トイレの種類によっては、「ピストンバルブ」ではなく、「ダイヤフラム」というものを交換する必要があります。給水管がタンクの下から出ているタイプのものです。「ダイヤフラム」の場所は「ピストンバルブ」の位置とは違い、タンク内の上部中央についています。

まず、ボールタップカバーがある場合はカバーをはずします。続いて、浮き玉レバーをはずします。浮き玉レバーにある根元をつまむと、はずすことができます。そして、浮き玉レバーがついていたナットを手で左に回してはずします。この下に「ダイヤフラム」があります。これを新しいものと交換します。ナットを戻し、浮き玉レバー、ボールタップカバーを取り付けて完成です。「ダイヤフラム」も数百円で購入できます。

作業を始める前に止水栓を閉める

これまで見てきたように、手洗い管からの水が止まらないときの原因は様々です。

まず、「レバーハンドル」が正常に働いているかを確認しましょう。次に、タンクの中の「玉鎖」が正常な位置にあるかを確かめます。それでもまだ水が止まらない場合は、「ピストンバルブ」もしくは「ダイヤフラム」を交換する必要があります。そして、どの作業の前にも忘れてはならないのは、止水栓を閉めることです。マイナスドライバーで右に回すと水を止めることができます。そして、タンクの水を流しましょう。そうするなら作業をスムーズに進めることができるからです。

いずれにしても、自分で行うなら数百円から数千円で修理することができます。こうしたことを業者に頼むとどれくらいかかるので しょうか。どの部品を交換するにしても、作業代だけで、6,000円はかかります。それに部品代を合わせれば、10,000円ほどになるでしょう。中には、交換の必要がない部品まで交換して、請求してくる業者もあります。そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、どこの部品を交換する必要があるか知っておくなら、必要最小限の費用で修理できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

タンク手洗い器具の緩みには早めの対応を

私たちにとってはおなじみの手洗い付きトイレですが、実は日本にしかないものだって知 …

洗濯機ではなく洗濯機付近からの水漏れが気になる…考えられる原因と解決法は?

洗濯機を使うと水漏れが起きる 洗濯機は毎日使っているという人も多いでしょう。その …

実は気付いていないかも! 避けたい騒音トラブル集

自分では心当たりはないのですが、なんだかマンションの住民が自分を白い目で見ている …

水漏れの原因がパイプの破損によるもの…自分で修理できる?業者に依頼した場合の費用相場は?

水漏れの原因は主に3つある 排水パイプなどからどうやら水漏れが起きている、これは …

シャワーを止めてもポタポタ水が垂れる…修理する前のチェックポイント

シャワーの水が止まらないのは決して故障ではない お風呂場のトラブルで水道業者に問 …

コマーシャルで高い知名度・クラシアンの3つの特徴について紹介

出典:qracian.co.jp 「暮らし安心クラシアン」 クラシアンと聞いて、 …

水道料金が急に高くなった…それってもしかすると水漏れかも?

水道を使いすぎていない? それまでと比較して急に水道料金が高くなったのは疑問、と …

北国の冬場で起こりがちな便器や水道管の凍結…どのように予防する?凍結した場合の対処法は?

北国では起こりうる凍結問題 北海道や東北地方のような北国では、冬場厳しい寒さにな …

蛇口からの水漏れが起きている…チェックすべき4つのポイントを紹介

蛇口から水漏れが… キッチンやトイレ、お風呂場、洗面台、庭など自宅には水道が設置 …

水回りトラブルの緊急事態に!水道救急車のスペックを徹底公開

出典:suidou.main.jp 水回り一般の相談に乗ってくれる水道救急車 今 …