イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

「ウォッシュレット」の水が出ない!出が悪い!さてどう対処するの?

   

海外に行って初めて、日本の快適さが身に染みるという人も多いのではないでしょうか。そして、日本に来た外国人客がまず感動するのが、トイレの「ウォッシュレット」機能です。普及率は75%で、会社や公共施設、また自宅に至るまでいつでも利用できる快適な機能といえます。実際に、「ウォッシュレット」のメリットは多くあります。便座が温かいことや温水シャワーが心地よいだけではありません。デリケートな部分を清潔にできるので、感染症の予防にもなります。

こうした便利機能は、日本ならではの快適さを生み出していると言えるでしょう。しかし、それだけに「ウォシュレット」にまつわるトラブルも多くあります。ほとんどの家にある「ウォッシュレット」ですから、使い方を 知っておく必要がありますよね。では「ウォッシュレット」の水が出ない、もしくは出が悪いという時はどのような原因が考えられるのでしょうか。

電源が入っていない

「ウォッシュレット」の水が出ないという時、焦ってしまいますよね。「故障かな」と思いがちですが、そうとも限りません。意外とよくあるのが、電源が入っていないという場合です。コンセントがつながっているか確認しましょう。

コンセントがつながっているのを確認したら、今度はリモコン部分の電池を交換してみましょう。電池がなくなっていることがあるからです。またさらに、リモコンの受信部にほこりが溜まっていないかチェックしてみましょう。ほこりがあるとうまく受信できず、「ウォッシュレット」が全く働かないかもしれません。リモコンの受信部は日ごろからきれいに拭いておきましょう。

ノズルが詰まっている

「ウォッシュレット」の水が出ない時、もしくは出が悪くなった時、次に考えられる原因は何でしょうか。それは、「ウォッシュレット」のノズルが詰まっていることです。

最近の「ウォッシュレット」は自動洗浄システムが備わっているので、ノズルの掃除あまりしなくても清潔に保つことができるようになっています。それでも、定期的な点検をする必要があります。ノズルにほこりやごみが詰まっていないかをチェックしましょう。

まず、ノズル洗浄ボタンでノズルを出します。「ウォッシュレット」の型によっては、手でノズルを出すタイプもあります。ノズルを出したら、布でやさしく拭いてきれいにしましょう。ノズルの先シャワー部分がごみでふさがっている場合は、歯ブラシできれいに 磨きます。水の出る穴がふさがっていないかしっかり目で確認しましょう。出てくる水の量が改善するかもしれません。

給水部分のフィルターが詰まっている

電源が入っていることを確認し、「ウォッシュレット」のノズルをきれいに掃除しても水の出が悪い場合、次に考えられる原因は何でしょうか。

もしかしたら、給水部分の中に内蔵されているフィルターが詰まっているのかもしれません。「ウォッシュレット」にはきれいな水を利用するため、水の中に含まれる微量のごみを濾すためフィルターが取り付けられています。そのフィルターにごみやほこりが溜まっているのかもしれません。また、錆がたくさんついて、水の流れをせき止めてしまっているのかもしれません。

では、どうしたらよいのでしょうか。フィルターを取り出してきれいに掃除する必要があります。

フィルターの位置を確認し、水を止める

フィルターが汚れているか確認するためにも、フィルターを取り出してみないことには始まりません。まず、フィルターの場所をチェックしましょう。

フィルターの位置は、「ウォッシュレット」の型によって異なります。機種によって「ウォッシュレット」本体から出ている給水ホースの接続部分の中にあります。また、トイレのタンクにつながる給水管と二つに分かれている分岐金具の中にある機種もあります。どちらにしても忘れてはいけないのは、フィルターを取り出すためには、まず「ウォッシュレット」の給水ホースの水を止めるということです。水を止めないで、フィルターを取り出そうとすると水浸しになってしまうからです。それで、必ず給水ホースの先にある止水栓を閉める必要が あります。

では「ウォッシュレット」の給水ホースの止水栓は、どこにあるのでしょうか。トイレのタンクにつながる給水管と二つに分かれている分岐金具にあります。分岐金具にも種類もいくつかあるので、分岐金具の中のどこにあるかを、取扱説明書で確認しましょう。止水栓を見つけたらなら、マイナスドライバー、もしくは専用の金具で、右(時計回り)に回します。これで、水が止まります。

フィルターを取り出し、掃除する

「ウォッシュレット」の止水栓を閉じたなら、フィルターを取り出します。フィルターが「ウォッシュレット」本体近くにある給水ホースの接続部分の中にある場合、フィルターのカバーを取り外す必要があります。マイナスドライバーで左(反時計回り)に回すと、取り外すことができます。

また、フィルターが給水管の二つに分かれている分岐金具の中にある場合は、フィルターカバーが「ウォッシュレット」につながる給水ホースの止水栓と一体になっています。それで、専用の開閉工具で左(反時計回り)に回すと、中のフィルターを取り出すことができます。

このように、取り出したフィルターをきれいに掃除しましょう。歯ブラシなどを使ってほこりやごみ、錆などを取っていきます。

気温の変化で出にくくなることもある

水の出が悪い原因として考えられるもう一つの点は、気温の低下により、水を温めるのに時間がかかるということです。温水のシャワーは、「ウォッシュレット」を快適に使用するために、なくてはならないからです。それで寒くなったと感じる場合は、水量調節のボタンで調節しましょう。

このように、「ウォッシュレット」の水が出ない、出が悪い場合には、幾つかの理由があることが分かりました。まず、電源が入っているか確認します。ノズルのシャワー部分をきれいにします。また、給水部分にあるフィルターを掃除することができます。そうするなら、また快適に「ウォッシュレット」を使用できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

蛇口から水が出ない…考えられる5つの原因をチェックせよ

蛇口から水が出ないのはショック… 私たちの生活の中で水は欠かせません。飲み物のほ …

悪い業者に騙されないための水道業者の選び方のポイント

悪質な水道業者には特徴がある 水回りのトラブルが起きた場合、業者にお願いして工事 …

隣人とのトラブルランキング 思わぬ苦情に心の準備を

隣に住んでいる人がドンドンとドアをたたきます。 また来たか…。マンションなどの共 …

浴室の排水口から悪臭がする…どこで起きているのか?どう対処するかを紹介

疲れをいやすべき場所が… お風呂場は1日の疲れをいやす大事な場所でしょう。ところ …

洗面台の水の出が悪いのは水圧のせい?そのほかにも問題がある可能性も

ある日洗面台の水が… 洗面台は毎日手や顔を洗うとき、歯磨きをするときなど日常的に …

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?修理の方法を紹介

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも? 水回りのトラブルが発生した場合、なんでも …

入居する前にハウスクリーニングをするのが当たり前・これって本当なの?

ハウスクリーニングを行う業者は多いけれども… 賃貸を借りるにあたって、部屋の契約 …

洗面所の排水口から悪臭がする…5つの原因と対策法を紹介

洗面所の排水口かが下水のようなにおいがする… 手洗いや顔を洗うために普段何気なく …

実は気付いていないかも! 避けたい騒音トラブル集

自分では心当たりはないのですが、なんだかマンションの住民が自分を白い目で見ている …

大量に水が噴き出してどうしようもない…そんな時の応急対策を紹介

水が噴き出した! 水回りのトラブルが起きるとどうしたらいいのかわからなくなってし …