イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

トイレの流れ悪いのは気のせい?

   

毎日使う家のトイレですが、最近水の流れが悪くなったと感じている人もいるのではないでしょうか。また、トイレを流す際にごぽごぽと音がするということもあるかもしれません。いずれにしても、基準の量水が流れていない可能性があります。水量が十分にないと、何度も流さないときれいになりません。また、流れる水が少ないと、詰まりの原因ともなります。ではどのような原因で、水の流れが悪くなっているのでしょうか。どうしたら、また水の流れをよくできるでしょうか。

タンクの中に異物がある場合

流れる水の量が少ないということは、タンクの中に溜まる水が十分でないということです。何かの不具合で、中の浮き球がうまく作用していないのかもしれません。また、異物が入っていて、その体積分の水が溜まらないのかもしれません。よく昔から、ペットボトルをタンクに入れると、節約になるといわれています。確かにタンクに入る水の量は少なくなります。しかし、タンクには、基準量の水位が定められていて、それより少ないといろいろな不具合が出てきます。流れる水の量が減るので、何度も流す必要が出てきたり、水の量が少ないことが原因で、詰まることもあります。

では、タンクを開けて、中に異物が入っていないか確認しましょう。基準量の水位に達しているかどうかも確認し ましょう。タンクカバーの開け方はトイレの種類によって少し違います。主にタンクカバーは2種類あり、一つ目は、上に持ち上げるだけのタイプです。二つ目は、ナットで接続されているタイプのものです。手洗い器の接続部分にナットがあるので、片方の手でカバーを半分持ち上げながら、もう一つの手でナットをはずす必要があります。でも難しくはありません。反時計回りに回していくと簡単に手で外すことができます。

タンクの水位を調整する

浮き球が水位を調整する役割を担っています。この浮き球の水位調整が、時間とともにずれてしまっているかもしれません。それで、浮き球の水位調整が、基準水位になるように調整しましょう。

浮き球にはいくつかの種類があります。浮き球は丸いものと思いがちですが、最近のトイレに見られる浮き球は、円柱形のものもあります。浮き球が円柱形の時は、次のように操作します。水位が低くなっている場合は、浮き球を反時計回りに回します。反対に水位が高すぎる場合は、時計回りに回すと、水位を下げることができます。

次に、従来型の丸い浮き球の入っているタンクの中でも、水位を調整するための棒状のリングが入っていることがあります。浮き球が浮いてくるのを止める役割をしていま すが、このリングが、下がってしまっていないか確認することができます。

そしてもう一つのタイプは、給水管からタンクにつながっている接続部分の下の方に、水位を調整する小さなタップがあるものです。水位が低い場合は、このタップを右方向に回します。90度回すごとに、8ミリほど水位が上がります。このタップを基準の水位になるまで回していきます。反対に水位が高い場合は、左方向に回して調整することができます。

トイレに何か詰まっている場合

水を流すとき、ごぽごぽと音を立てて流れていく場合は、何かが詰まってしまっているということが考えられます。トイレットペーパーやその他の溶けにくい紙などです。また、小さなおもちゃや生理用品が詰まっていることもあります。こういった物が詰まっている場合は、「ラバーカップ」、または「真空式パイプクリーナー」などできれいにすることができます。

何か詰まっていると感じた場合、一番簡単なのが「ラバーカップ」です。しかし注意したいのが、「ラバーカップ」にも3つほど種類があるということです。洋式用、和式用、そして節水用です。それで自宅のトイレの種類に合わせて、「ラバーカップ」を購入する必要があります。

皆さんは「ラバーカップ」って使ったことあります か。意外とどうやって使うのかわからないという人もいるかもしれませんね。「ラバーカップ」の使い方は、コツをつかめば簡単です。まず、「ラバーカップ」を便器の一番フィットするところに当てます。何回か押していると、フィットする場所が見つかります。カップの中が真空パックのなるのを確認したなら、「ラバーカップ」をゆっくり押します。そして、早く引きます。ゆっくり押して、素早く引っ張るのです。そうすると、管の中に詰まっていたものが動いて、水の流れがスムーズになります。

もし「ラバーカップ」で水の流れが改善されない場合は、「真空式パイプクリーナー」を使うことができます。「真空式パイプクリーナー」は、ネットでも、ホームセンターでも購入することができます。使い 方は、ポンプの下のゴムを便器のフィットする場所にあてて、レバーの部分を上げたり下げたりして使います。水の流れがスムーズになるまで、この作業を続けます。

その他の対処法

トイレが何かで詰まっている場合の対処法として、意外と考え付かない一番簡単な方法は、「お湯」を流すことです。紙や生理用品などを溶かしたり、ふやかしたりしやすいからです。熱湯は便器や水道管を傷めるので、50度ほどのお湯を流すようにしましょう。そうして時間が経つと、流れがよくなることがあります。

また、「薬剤」で詰まっている物を溶かすという方法もあります。ネットにはたくさんの排水管洗浄液が売っています。その中でも、よく効くというのが「ピーピースルー」という薬剤です。普段の排水管のお掃除にも使えるので、家に常備しておくのもよいでしょう。

水の流れが悪いのをほっておかない

水の流れが悪くなったと感じたら、ほっていかないで、原因を探ってみましょう。トイレタンクの浮き球の調整が必要なこともあれば、排水管に何かが詰まっているのかもしれません。ほっておくと、完全に詰まってしまうことにもなりかねません。それで、日ごろから、十分な水量が流れていることを確認し、流れが悪くなったら早めに対策をとるようにしましょう。そうするなら、問題を最小限に抑えてトイレのトラブルを避けることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

大量に水が噴き出してどうしようもない…そんな時の応急対策を紹介

水が噴き出した! 水回りのトラブルが起きるとどうしたらいいのかわからなくなってし …

賃貸物件で水のトラブル!受ける方も与える方も知っておきたい対処方法

水漏れや雨漏れ、排水管の破裂まで様々な水トラブルと背中合わせに! 賃貸マンション …

水道業界で老舗のイースマイル・3つの魅力を紹介

出典:esmile-24.com 知名度の高い水道業者 郵便受けをある日見てみる …

キッチンの配水管や排水口が凍結してしまった…その場合の対処法を紹介

キッチンから水が出ない… 寒さの厳しいとき、朝起きて水道の蛇口をひねってみたら水 …

引越して後悔したこと10選 引越前の人は必見!

引越前の確認が十分でなかったために大後悔することはよくあります。 今回は引越して …

キッチン周りのコバエに悩んでいる…コバエの発生を防ぐ5つの方法

夏場に悩まされることの多いコバエ… 夏の厳しい暑さの時期にキッチン周りの小さな黒 …

「あれ?トイレの水が出ない」-あなたならどうする?

トイレの水が出ないとき、どうしますか。当たり前のように出てくるはずの水が出てこな …

「レバーハンドル」の緩みには早めの対応を

トイレの水を流すとき、必ず使用するのが洗浄レバーですよね。「レバーハンドル」とも …

配管の凍結破損の予防と対策

寒い地域に住んでいる人にとって常識な水回りの作業として、水道管の水抜きがあります …

トイレのトラブルは深刻…トイレ110番にお任せしたい3つの理由とは?

出典:toilet110.com トイレのトラブルは迅速な解決が必須 トイレが詰 …