イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

タンク下の排管からの水漏れー原因はナットの緩み

   

我が家のトイレを含め、今のトイレは、タンクと便器が一緒になっているタイプのものがほとんどです。しかし、もし古い家やアパートに住んでいるなら、タンクと便器が分かれているトイレを使っているという場合もあるでしょう。こうしたトイレを「三角タンク」、または「隅付タンク」のトイレといいます。最近のトイレと何が違うのかというと、タンクと便器が分かれているため、それをつなぐ排水管があるということです。この排水管の接続部分から水が漏れるということがあります。「そう言えば小さいころ、おじいちゃんの家のトイレの排水管にタオルが巻かれていた」という情景を思い出す人もいるのではないでしょうか。この排水管の接続部分から水がぽたぽたと落ちるので、タオル を巻いたり、下にタオルを置いたりして床が水浸しにならないようにしていたのです。

では、もしあなたの家が同じ状況になったらどうしますか。ずっとタオルでしのぐわけにはいきませんよね。水道代も無駄にかかることになりますし、トイレの床が濡れるため、滑りやすくなり、たいへん危険です。それで、まずは水が漏れている理由を探っていく必要があります。

接続部分のナットが緩んでいる

排水管の接続部分は三か所あります。タンクと排水管をつなぐ場所と、配水管と便器をつなぐ場所、そしてその二つのナットの間の中心部にある接続部分です。こうした接続部分のナットが緩んでいるために水漏れするということがあります。それで、もう一度しっかり閉まっているか確認しましょう。

スライドレンチを接続部分のナットの大きさにセットし、時計回りに回します。完全に動かなくなるまで力いっぱい回しましょう。これで、水漏れがなくなると、たった5分で修理が完了します。しかし、ナットがしっかり閉まっているのに、まだ水漏れするという場合は別の理由が考えられます。

接続部分のナットの中の「パッキン」の劣化

先ほども述べたように、排水管の接続部分にはナットがあります。ナットの中に「パッキン」が取り付けられています。この「パッキン」が劣化しているという場合があります。ナットの緩みによる水漏れでないことを確認したなら、「パッキン」の劣化が原因で水漏れしていると考えられます。それで、「パッキン」を交換する必要があります。

ここで注意したい点として、タンクの水を空にしておく必要があるということです。そうしないと、ナットを外した時にタンクの水が排水管から流れ出てくることになるからです。まず止水栓をマイナスドライバー、もしくは手で、しっかり閉めます。そして、トイレを流すレバーを大の方に回してタンクの水を完全に空にします。こうして、ナットをはず して、「パッキン」を交換する準備が整います。

「パッキン」を交換する

排水管のナットをスライドレンチで緩めていきます。ナットの中に見えてくるゴムのようなものが、「パッキン」です。古い「パッキン」を抜いて、新しい「差し込みパッキン」を取り付けます。排水管に使われているのは、「差し込みパッキン」と呼ばれる種類の「パッキン」です。

この「差し込みパッキン」は太さが二段階に分かれています。太くなっている部分がナット側になるようにします。例えば、タンクに近い「パッキン」を換える場合は、下が太くなるように取り付けます。便器に近い「パッキン」であれば、便器と反対側が太くなります。しっかりと固定されていることを確認したなら、ナットをしっかり閉めます。作業を終えたら、元栓を開き、水を流してみましょう。水漏れがない ことを確認して完成です。この「差し込みパッキン」は100~200円で購入することができます。

テープを使って応急処置をする場合

わずかな水漏れの場合は専用のテープを張って応急処置を施すこともできます。いずれは、「パッキン」を交換する必要がありますが、微量の水漏れの場合は、大掛かりに作業をする必要がないかもしれません。専用のテープは「融着テープ」といって、ホームセンターなどで売っています。

まず、排水管の水気をしっかりふき取ります。そして、「融着テープ」を張っていきます。排水管の接続部分の2センチほど手前から、軽く引っ張りながら張るとよいでしょう。テープを半分ほど重ねながらしっかりと張っていきます。接続部分を2センチほど過ぎたところでテープを切ります。最後の部分は、手でテープを排水管にしっかりと押さえて、テープとテープを密着させるようにします。少し時間が 経つと、テープがしっかりとテープに融着します。最後に水を流してみます。水漏れがないことを確認できれば完成です。

この「融着テープ」は、ホームセンターやネットでも購入できます。値段は400~1,000円ほどです。「融着テープ」があれば、ほかの軽い水漏れにも対応できるでしょう。しかし、あくまで応急処置であることを忘れないでくださいね。

水漏れの原因はナット

排水管の水漏れの場合、接続部分に問題があることがほとんどです。そして、接続部分の問題も、二つのうちの一つです。一つ目は、ナットが緩んでいるという場合と、二つ目は、ナットの中の「パッキン」の劣化です。急いで業者を呼んで、ただナットが緩んでいただけという場合でも、修理代や出張料は同じようにかかります。ですから、ナットがしっかり閉まっているかどうかを確認しましょう。しっかりナットを閉めてもまだ水が漏れる場合は、「パッキン」の劣化が考えられます。それで、「パッキン」を新しいものに交換すると水漏れを解決することができます。また、作業をするときには、タンクの水を完全に空にするのを忘れないようにしましょう。

では、こうした簡単な作業でも業者 を呼ぶとどれくらいかかるのでしょうか。少なくとも技術料は5000円以上かかります。それに加えて、出張料と部品代を合わせると10,000円近くかかることもあります。しかし、自分で換えると部品代だけなので、1,000円以下でなおすことができます。こんなに節約できるなら、自分でやってみようという気になるのではしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

配管の凍結破損の予防と対策

寒い地域に住んでいる人にとって常識な水回りの作業として、水道管の水抜きがあります …

敷金トラブル回避のためにも写真撮影は物件チェックで重要

家具を入れる前に物件チェックを 入居先が決まってあとは引っ越すだけ、と思っている …

知らぬが仏? いや、事故物件の調べ方を知っておこう

家に帰ってある特定の場所で…なんだか変な寒気がする…視線を感じる…引越後の経験と …

引越し時に頭を悩ませる荷物紛失・破損などのトラブル対処方法

引越しのトラブル最上位といえば荷物の紛失や破損!保険が肝に! 引越しトラブルの代 …

大量に水が噴き出してどうしようもない…そんな時の応急対策を紹介

水が噴き出した! 水回りのトラブルが起きるとどうしたらいいのかわからなくなってし …

キッチンの配水管や排水口が凍結してしまった…その場合の対処法を紹介

キッチンから水が出ない… 寒さの厳しいとき、朝起きて水道の蛇口をひねってみたら水 …

80%の割合でリピーターになる!生活ファクトリーの特徴を詳しく紹介

出典:seikatsu-co.com 水のトラブル対応を中心とした幅広いサービス …

トイレの水が逆流―排水管の詰りが原因

皆さんは、トイレに流した水が逆流してきたという経験はないでしょうか。流せるはずの …

実は気付いていないかも! 避けたい騒音トラブル集

自分では心当たりはないのですが、なんだかマンションの住民が自分を白い目で見ている …

タンク手洗い器具の緩みには早めの対応を

私たちにとってはおなじみの手洗い付きトイレですが、実は日本にしかないものだって知 …