イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

「あれ?トイレの水が出ない」-あなたならどうする?

   

トイレの水が出ないとき、どうしますか。当たり前のように出てくるはずの水が出てこないと、焦ってしまいますよね。汚い水を今すぐにでも流したいのに、流せないのは心地の良いものではありあせん。ついさっきまで普通に流せていたのに、突然水が出ないなんて、どういうことでしょう。「慌ててはいけない」と平静を装いますが、心の中はもうパニックに近い状態です。このような時、あなたならどうしますか。

「すぐ業者を呼ぶ」という人もいるかもしれませんね。「業者を呼ぶ方が手っ取り早い」と思うかもしれません。しかし待ってください。もしかしたら、とても簡単なことですぐ水が出るようになるかもしれません。そのために、どんなことが原因で水が出なくなるかを知っておく必 要があります。原因さえ知っていれば、業者を呼ばなくても、自分で直せる可能性が高くなるからです。では、考えられる原因を一つ一つ見てみましょう。

「止水栓」が閉まっていませんか?

意外と見過ごしがちなのが、「止水栓」が閉まっている場合があるということです。「止水栓」とは、便器の横にある蛇口のような形のものです。この「止水栓」が何らかの拍子に閉まってしまったということがあるのです。蛇口の感覚で少しずつ「止水栓」を開いていくと、水が出てきます。「止水栓」には多く分けて三種類あります。

一つ目は、ハンドル式の「止水栓」です。水道の蛇口と同じような感覚で、開けることができます。

二つ目に、ドライバー式です。マイナスドライバーで左にひねると、水が出る構造になっています。

そして三つ目に、うちねじ式というものもあります。これも、マイナスドライバーを使って簡単に開けることができます。

それぞれの種類に合わせて、簡単に「 止水栓」を開けることができます。ここで、一つ注意したいのは、「止水栓」を開けすぎないことです。開けすぎると水圧が高くなりすぎて、手洗い付きトイレの手洗い部分が溢れてしまうことがあるからです。水がタンクに溜まる速度を確認しながら水圧を調整しましょう。

タンクの中の「フロート」(浮き玉)がどこかに引っかかっていませんか?

次に考えられる原因として、タンクの中の「フロート」が引っかかってしまっているということです。タンクの中には、ごちゃごちゃといろんな器具が入っています。その中の白い丸い形をした中が空洞のものが「フロート」です。この「フロート」がどこかに引っかかっているということがあります。

この「フロート」というのは中が空洞のため、水が溜まると浮いてきます。水が溜まってくると「フロート」が浮き、ある程度の所まで来ると、給水を止めてくれます。そして、この「フロート」が下がると、排水と給水がなされます。しかし、この「フロート」がどこかに引っかかって下がらないと、給水がされないのです。ですから、まずタンクの中を調べて「フロート」がきっちり下がっている かチェックしましょう。

給水管の「ストレーナー」(フィルター)にごみが詰まっている

トイレの種類によっては、「ストレーナー」と呼ばれるフィルターがついていることがあります。「ストレーナー」は給水管とタンクの間のナットの中にあります。「ストレーナー」は給水管に流れる水に含まれている微量のほこりやごみなどを濾し取る役割があります。この「ストレーナー」にごみが溜まって、水が流れなくなってしまっている可能性があるのです。ですから、「ストレーナー」を取り外し、きれいに掃除してあげるとまた水が流れるようになります。

ではどうやって取り外すのでしょうか。まず、「止水栓」を閉めます。モンキーレンチを使ってナットを緩めていきます。反時計回りでナットを緩めていくと、「ストレーナー」が現れます。両端にはパッキンがあるのでなくさない ように注意しましょう。完全にナットを緩め、「ストレーナー」を取り出します。歯ブラシなどでやさしく、しっかりと洗います。そのあとは、元に戻して、ナットを閉めれば完成です。

タンクの中の「ジャバラホース」が詰まっているか、破れている

タンクの中には白透明の「ジャバラホース」があります。給水管から「ジャバラホース」を通って、タンク内に給水がなされます。この「ジャバラホース」にごみが詰まってしまっているということが考えられます。また劣化により破れているということもあります。そうすると、手洗い管に水が流れなくなります。この「ジャバラホース」はホームセンターで売っていますので、自分でも変えることができます。

「ダイヤフラム」が劣化している

最後に考えられる原因として、「ダイヤフラム」という部品が劣化していることです。これはタンク内にある3センチほどの小さな部品です。プラスチックと黒いゴムのパッキンが一緒になっているもので、水を出したり止めたりする大切な役割をしています。この「ダイヤフラム」をメーカーから取り寄せて交換する必要があります。ただし、タンクのふたを開けただけでは、「ダイヤフラム」は見えません。それで、順番に器具をはずしていく必要があります。

まず、タンクの中に器具のカバーがあるならカバーを外します。次に、「フロート」(浮き玉)をはずします。さらに、その奥にあるふたを取ると、「ダイヤフラム」があります。こうした「ダイヤフラム」の劣化は10年以上使っている トイレなどによくみられます。

まずは「止水栓」を確認し、タンクのカバーを開けてみる

トイレの水が出ないと、焦ってしまってしまいますよね。でも、すぐ業者を呼ばなければならないわけではありません。まず、「止水栓」が閉まっていないか確認してください。次に、タンクのカバーを開けてみてください。「フロート」がきちんと下がっていないかもしれません。「ジャバラホース」が詰まったり破れたりしていることも考えられます。給水管の「ストレーナー」にごみが溜まっていないかを確認しましょう。最後に「ダイヤフラム」を確認します。このように、一つ一つ原因を探っていくなら、業者に頼らなくても、簡単に解決できるかもしれないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

タンク手洗い器具の緩みには早めの対応を

私たちにとってはおなじみの手洗い付きトイレですが、実は日本にしかないものだって知 …

引越して後悔したこと10選 引越前の人は必見!

引越前の確認が十分でなかったために大後悔することはよくあります。 今回は引越して …

敷金トラブル回避のためにも写真撮影は物件チェックで重要

家具を入れる前に物件チェックを 入居先が決まってあとは引っ越すだけ、と思っている …

トイレの床、天井からの水漏れの原因は?

最近、トイレの床が濡れているということはありませんか。また、上の階にトイレなどが …

賃貸マンションで虫トラブル発生!駆除費用は借主?貸主?

虫トラブルは誰に責任を持ってくるかが難しいデリケートな問題! せっかく新居に引っ …

悪い業者に騙されないための水道業者の選び方のポイント

悪質な水道業者には特徴がある 水回りのトラブルが起きた場合、業者にお願いして工事 …

「水の救急サポートセンター」平凡な名前だがココがすごかった…

水の救急サポートセンター とっても平凡な名前だけどココがすごい >>>水の救急サ …

賃貸を借りるにあたって申込金を請求された…トラブルを回避するためには?

申込金とはそもそも何? 賃貸探しをしていて、住みたい部屋が決まった、そうなると入 …

水道工事は実費だけではない!見積もりの内訳をチェックすべし

水道工事を依頼する前に見積もりをお願いすべし 水回りのトラブルが起こったら、でき …

入居する前にハウスクリーニングをするのが当たり前・これって本当なの?

ハウスクリーニングを行う業者は多いけれども… 賃貸を借りるにあたって、部屋の契約 …