イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

「水の救急サポートセンター」平凡な名前だがココがすごかった…

   

水の救急サポートセンター とっても平凡な名前だけどココがすごい

>>>水の救急サポートセンターの公式ページはコチラ!


 

水の救急サポートセンターってどんな会社?

水の救急サポートセンターは、全国47都道府県のどこででも、水周りに問題が起きたときにすぐに緊急修理をしてくれる水道業者です。

日本では全国規模で水道修理を行なっている大手の会社は多くありません。現在のところ水道修理業界では、間違いなく大手の会社の1つと言えるでしょう。

他にもCMを盛んに流していたりする大手の水道会社はいくつかありますが、ほとんどは東京、大阪、名古屋などの大都市とその近辺にしか対応していません。

水の救急サポートセンターは、全国規模で出動してくれる貴重な水道業者なのです。

>>>日本全国の水回りに対応できる水の救急サポートセンターの公式ページはコチラ!

 

どうして全国規模で対応してくれることが重要なの?

全国規模の対応というのは非常に重要です。なぜなら水道関係の問題というのは待ったなしだからです。

想像してみてください。あるとき水道から大きな音がして、ドンドンと水が漏れ出します。一瞬どうしたらいいのかあっけに取られますが、すぐに

「このままだと下の階にまで水漏れしまう!」

と大慌てします。一軒家の場合でももしも軒下にまで水が回ってしまうと、家の土台となる部分の下地の木材が腐ってしまい、家そのものの強度が落ちてしまうでしょう。

あわててこぼれた水を拭きながら元栓を探します。水の元栓を締めれば一段落ですが、元栓を開けなければ家で何の生活もできません。一刻を争う修理なのです。

トイレの詰まりなども大変です。トイレは生活の一部ですから、トイレが使えないというのは、家族みんなその家で生活できないことを意味しますし、もしも汚水が残っているなら臭いは家中に充満してしまうでしょう。

あわててネットで水道業者探したところで

「お住まいの区域は対応しておりません」

と冷たく断られてしまえばそれまでです。

電気器具が壊れたとか、鍵が壊れたなども急いで修理したいのですが、極端な話、電気やカギの問題は放っておいても、自分が不便なだけでそれ以上問題が大きくなるということはありませんし、近所にも迷惑はかかりません。

しかし水の問題というのは早く対処しないと、時間がたてばたつほど問題が大きくなるゆえに、全国どこでもすぐに対応してくれる業者というのは重要になるのです。

 

水の救急サポートセンターってココがすごい!

一言言わせてもらうと「水の救急サポートセンター」というのは、あまりにもありふれた名前です。会社の名前というよりもどこかの役場の部署の名前のようにさえ感じます。もうちょっとシャレた名前にならないのか感じる人も多いようです。

ですが不思議なことに他の水の修理業者も「~水の救急隊」とか「~水のトラブルサポート」など特徴のない名前ばかりです。どうしてなのか?やっぱり緊急のときに連絡する会社なので、何をしているのか簡単に分かる会社名のほうがよいということなのでしょう。

どこにでもある会社名ではありますが、業務内容と対応は他の水道修理の会社と一味違います。水の救急サポートセンターのココがすごいというところを3つほど紹介していきましょう。

見積もり、キャンセル料が完全無料


水の修理は緊急事態です。しかし冷静な人は、まずは水の元栓の締めて水漏れをいったん止めてしまい、その後安く修理してくれる業者に頼みたいと思うかもしれません。必要以上のお金を支払わないようにするためには、見積もりを出してもらうことが重要になります。

しかしこれはメンテナンス業の特徴なのですが、見積もりだけで訪問した場合でも5000円前後の「見積り料金」が発生してしまいます。多くの人は見積り料まで払ってみてもらったわけだから、

「見積もり料金がちょっと高いなぁ」

と感じてもそこに頼んでしまうかもしれません。

一般の水道修理の会社の場合、水道トラブルの見積り料金というのは、水のトラブルが起きてどうしようか困っている人の足元を見たような価格の場合も少なくないようです。

水の救急サポートセンターは見積り料金が完全無料です。

なぜ無料の見積もりなのか考えてみてください。それは提示額が適正な価格で、キャンセルされるような法外な修理価格ではないからです。

無料見積もりで「何がどのように壊れていて、だいたいいくらくらいの修理が見込まれる」と事前に知らされます。納得しなければ1円も払わずに帰ってもらうこともできます。

考えてみてください。見積もりといえども、スタッフが時間をかけて車を走らせて現場に到着するわけです。当然会社としては費用が掛かっています。それを無料にするというのは、お客さん視点でものを考える会社であることを示していないでしょうか?

さらに水の救急サポートセンターはキャンセル料金も無料です。

「修理の依頼を出したものの、簡単な修理だったので主人が帰ってきたときに直ってしまった」というようなケースもあるでしょう。「水の救急サポートセンターに連絡すると同時に、マンションの管理組合にも連絡したところ、マンション専門の修理人が直してくれた」というケースもあるかもしれません。

いったん依頼の電話をして修理スタッフを手配してもらった後に、キャンセルするとキャンセル料が発生することはよくあります。ですがスタッフが家に到着する前なら、キャンセル料金は無料なのです。

この点もお客さん視点で考える会社の証拠ではないでしょうか。純粋な修理代金以外には余分な費用が掛からないのは嬉しい限りです。

>>>見積もり、キャンセル料が完全無料の水の救急サポートセンター公式ページはコチラ!
 

TOTO INAX取扱店

TOTOやINAXは陶器製の水回り製品販売会社として有名です。もちろん一流企業の製品修理を取り扱うにはただしい水周りの知識が必要ですし、それぞれの会社にあった修理部品の取り寄せが必要になります。

水の救急サポートセンターはホームページにも載せられているように、TOTOやINAXの製品の取り扱い店です。水漏れ、水詰まりなど普通の水トラブルに対処するだけではなく、温水便座のノズルが出ない、お湯が出ないなど、メーカーごとに症状の違う不具合に対処できるという強みがあります。

365日年中無休

水のトラブルは待ったなしです。正月元旦に水漏れが起きることもあるでしょう。近所の水修理会社はもちろん、大手の水修理会社でも、祝日は休みとしているところも多いのですが、水の救急サポートセンターは休日も含め365日年中無休です。

朝の8時から夜の12時までコールセンターが対応していて、待ったなしの水トラブル問題を解決してくれるのは嬉しいかぎりです。

水の救急サポートセンターのサービス内容

考えてきたように、水の救急サポートセンターは365日全国対応で水の問題に駆けつけてくれます。

ですが気になるのが、水のトラブルといってもどんなものは直してくれてどんなものは直せないのか、修理料金はいくらくらい掛かるのかという点かもしれません。

水の救急サポートセンターのサービス内容を詳しく見ていきましょう。

サービス(プラン)の紹介

水漏れの修理、水の詰まり、トイレの修理、エアコンの水漏れなど全国で対応しています。給湯器の水漏れ修理も行なってくれますが、給湯器の修理は関東を中心とした9都道府県でしか対応できません。

水漏れや水詰まりといっても、原因はひとつではありません。原因ごとにそれを解決するための交換する部品も違ってきます。

具体的にどんな部品の交換が必要になり、いくらくらいの修理料金が掛かるのか見ていきましょう。

修理料金の詳細は?


蛇口から水が漏れているというような場合、ほとんどがパッキンと言われる、水道管と蛇口の部分のつなぎ目に挟んである、ゴム状の水漏れ防止部品が劣化していることが原因です。

この場合はパッキンの交換だけで水漏れはなくなりますし、修理料金も最も安くつきます。といってもパッキンには膨大な種類がありますし、パッキンがついている場所も様々なので、必要な料金にもある程度の開きがあります。料金はおよそ下記のようになるでしょう。

 

基本料金4000円
作業料金(パッキン部品代と作業代金)4000~6000円
合計 8000円~1万円

 

つまり最安でも8000円の修理料金が掛かることになります。8000円を高いと感じる人もいるでしょうが、訪問修理の中ではかなり安い料金に属します。鍵交換が最低でも1万5000円掛かることを考えると、それがよく分かるでしょう。

続いてエアコンの水漏れのケースを見ていきましょう。エアコンからの水漏れのほとんどはドレンと言われるエアコンの本体から屋外へ排出する水管からの水漏れです。エアコンとドレンのつなぎ目から漏れているとか、ドレンの勾配がきちんと取れていないが主な原因で、この場合水漏れは比較的簡単に修理できます。料金は最も簡単な場合で下記のようになるでしょう。

 

基本料金8000円
点検修理費 3000円
合計 1万1000円

 
エアコンの場合は、エアコン本体をいったん取り外して、水漏れ状態を確認するために、基本料金が少し高めとなります。作業そのものはドレンのつなぎ直しなどは点検と同時に終わってしまうので安くつくでしょう。

ごくまれにエアコン本体からの水漏れというケースもあります。その場合はエアコンそのものを交換することにもなりかねないので、ちょっと高めの料金となるでしょう。

最後に給湯器の水漏れ料金を見てみます。給湯器はエアコンよりも専門性が高く、基本料金(技術料)は1万円となるのが相場です。加えて修理に必要な部品の交換となるでしょう。

給湯器配管のパッキン交換なら比較的安く済みますが、既に給湯器内部から水漏れしているような場合は電子基盤を取り寄せ交換となるためにかなり高額になり、給湯器そのものを交換してしまったほうが安くつく場合が少なくありません。しかしいったん給湯器を新品に換えてしまえば、故障再発の恐れはないでしょう。

 

給湯器配管のパッキンの交換 1万~1万5000円
給湯器の本体交換(技術料・処分料などすべて込み) 10万円弱

 

>>>サービスと料金についてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

中には近所の修理業者で5000円程度で行なうという会社もあるかもしれませんが、必ずといっていいほど、最終的に5000円以上要求されます。

5000円という額の表示は、「作業料は5000円」という意味であって、そのほかに「出張料8000円」とか、「部品代2万円」と他の請求を積み上げていき、結局は合計何万円も請求してくる場合も少なくないのです。

5000円で済むと思っていたのに、修理してもらってからこれらの額を請求されてしまうと、何を言っても、言われた額を払うしかないないのです。

表面上の価格だけに騙されず、適正価格を支払ってしっかり修理してもらうことが必要です。相場というのを理解するため、一つの水道修理をするために、どれほどのコストがかかるか考えてみてください。

水のトラブルでコールセンターに電話すると、すぐに受付をしてくれて、工事人を手配してもらいます。これは会社として手配作業をするわけですから、当然受付をした会社として取り分が発生します。

さらに修理のために作業スタッフが車を走らせて、家にやってきて修理するわけです。会社を出てから帰宅まで数時間は掛かるでしょう。職人は現場では専門的な作業をするわけです。会社はいくらの時給にしていくらを支払う必要があるでしょうか?行き帰りにガソリン代が掛かります。会社はどれほどの交通費を作業スタッフに支払う必要があるでしょうか?部品の交換が必要な場合には、それぞれのメーカーの部品を宅配で取り寄せて修理をすることになります。宅配業者の配達料金はいくら掛かるでしょうか?

これらのコストすべてが修理料金に掛かってくるというわけです。当然安くはないということが十分に分かるでしょう。それらすべてを足したものが適正価格というものなのです。上記で述べた水の救急サポートセンターの料金は余分な利益を一切加えていない良心的な価格設定であることが分かっていもらえると思います。

カード支払い可能

現場でどうにか修理しようとしたものの、結局給湯器全体の交換が必要というケースもあるでしょう。こうなると10万円前後掛かることもあります。でも現金の持ち合わせがないかもしれません。

でも心配要りません。メンテナンス業界では珍しいのですが、水の救急サポートセンターではVISA・MASTER CARD・JCBなどのカード払いに対応しています。クレジット払いに対応するには作業スタッフが端末を用意している必要があります。これができるのは全国規模で展開している水の救急サポートセンターならではのサービスと言えるでしょう。

大きなお金もクレジット払いで対応できることにより、長い目で見て、必要な給湯器やエアコンの交換も問題が起きたそのときにやってもらえるというわけです。そのときに支払えると、2度手間にもならず結局安くつくというものです。

カード払い以外にも銀行振り込み銀行決済などで後日の払い込みも可能です。このような水の救急サポートセンターの臨機応変な支払いシステムも、お客さんが安心して修理を頼める要因のひとつにあげられます。

割引やキャンペーンの紹介

水の救急サポートセンターでは、いくらか割引やキャンペーンを展開しています。

例えば水の救急サポートセンターに申し込みをした時点で、ハピタスポイントが50ポイント貯まります。ハピタスポイントというのはTポイントのようなもので、貯まっていくと「1ポイント=1円」で有名ネットショップや大手企業で買い物できますし、楽天edyの電子マネーや現金にも返還可能です。

作業料そのものがキャンペーン料金で下がることはあまりありませんが、業務提携している水道業者単位では、給水器のキャンペーンなどを展開しているときもあるかもしれません。

せっかくなら安く交換できるときに新品に交換してしまいたいものですね。

水の救急サービスセンター利用の流れは?

続いて水の救急サービスセンターをどのように利用するのか、「水のトラブル発生→無事問題解決!」への流れを見ていきましょう。利用状況の流れは下記の通りです。

 

1.水の救急サービスサポートセンターのコールセンターに電話(06-6310-4125)

2.オペレータが状況を問診、その後、作業スタッフを手配・派遣

3.作業スタッフが迅速に現場に到着

4.現場にて故障箇所の確認・見積り

5.見積り料金承諾後、修理作業開始

6.作業完了後、料金のお支払い

 

365日、コールセンターは受け付けてくれますが、朝の8時から深夜の12時までです。ですがそれ以外の時間は普通寝ている時間なので、トラブルを発見することはないでしょう。夜遅く10時11時に会社から帰ってきたときにトラブルを発見したとしても、すぐに作業スタッフを手配してくれます。

まずはコールセンターに電話します。熟練したコールセンターの担当員は、必要事項を確認してくれます。まずは「水漏れなのか詰まりなのか」、次に「どこからどの程度水漏れがしているのか」、聞かれた順番に状況を伝えればよいだけです。どう説明したらいいのかと心配する必要はありません。もちろん自分で詳しい状況を伝えようと思えばそれもできます。

水漏れのときは、被害拡大を防ぐために、まず自分で家の水の元栓を締めて、修理スタッフの到着待つ必要があります。場所にもよりますが1時間も掛からずに作業スタッフが到着することでしょう。

すぐに故障箇所の特定をしてくれます。問題箇所の特定後に、修理するならばいくら掛かるのか見積り料金の明確な提示がなされます。パッキンの交換だけなのであれば、すべての料金込み込みでも8000円程度で済むかもしれません。簡単な蛇口の交換なら1万5000円程度です。

あらかじめコールセンターから状況を聞いているので、作業スタッフが修理に必要であろう部品を用意している場合がほとんどです。よって見積り料金に承諾するなら、そのまま修理開始となるのが一般的でしょう。修理は簡単なものであれば10分程度、大変な水詰まりなどでも2時間もあれば大抵解決してしまいます。作業前の見積り時に提示された料金だけを現場で支払えば完了です。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

水の救急サポートセンターを利用するメリットとデメリットを知っておこう

水の救急サポートセンターと似た名前の会社はたくさんあります。この会社ならではというメリットと、同時にちょっと問題というデメリットも直視していきたいと思います。

水の救急サポートセンター 3つのメリット

1つ目のメリットは安心な適正料金であるという点でしょう。もちろん激安の友達価格ではありませんが、その筋の修理職人にきちんとした仕事をしてもらい、業界の相場の料金を払うものとなっています。

メンテナンス業界ではよくあることなのですが、修理人は素人である家の人は、自分がどんな修理をしたのか分からないと思い、修理の必要でないものまで交換して高い請求をするケースも見受けられます。

水の救急サポートセンターは全国規模で展開している信用第一の会社なので、そのようにしてお客さんを騙すという心配はありません。電話見積もりもキャンセル料も無料なので、いったん電話したらキャンセルしたい場合でも、お金を請求されるのではないかと心配する必要もないでしょう。

2つ目のメリットは、水道修理の業界でも珍しい365日全国対応なので、いつ、どこに住んでいる人でもとりあえず水の救急サポートセンターに電話すれば修理してもらえるという安心感です。

3つ目は修理メンテナンス業界では珍しい、クレジット対応の支払い方式という点です。水の問題は突然生じるので家に持ち合わせのお金がないときでも、クレジットカードが使えるなら安心して修理を頼むことができるでしょう。

水の救急サポートセンター 2つのデメリット

年中いつでも安心料金の水の救急サポートセンターではありますが、利用するデメリットも知っておかなくてはいません。

1つ目のデメリットは到着時間に時間が掛かる場合があるという点です。全国対応ではありますが、地方の場合、コールセンターが修理の受付をして近くの対応可能の営業所に手配するのですが、営業所からお客様が住んでいる地方の場所まで車で1時間以上掛かるというケースもあるでしょう。

到着が遅れることは、夜よりも車が渋滞する昼間によくあるようです。もしかすると同じ町村の水道屋のほうが早く到着できるかもしれません。

2つ目のデメリットは出張料金が高くなることもあるという点です。作業料金は規定されていますが、出張料金はどれだけの距離を走ってきたかによって多少前後します。

とくにちょっと高くついたなと感じてしまうのが、当日では対応できないというケースです。現場で故障箇所を見て今手持ちの部品では直せないというケースもあるでしょう。トイレなどはメーカーごとに特殊な部品があるためです。

よってその日は修理箇所の特定と見積もりだけとなり、後日改めて修理する必要があるわけです。もちろんその場合でキャンセルすれば料金はかかりませんが、作業スタッフにわざわざ足を運んでもらったのでキャンセルするのは申し訳ないと思うのがお客さんの心情のようです。

ですが2度現場に足を運ぶとなると、出張料が2度取られることになりえます。近所の水道屋に部品を取り寄せてもらって修理してもらったほうが安くつくというケースもあるかもしれません。

口コミから水の救急センターの実態を徹底分析

やっぱり業者の実態を理解するには、生の声、口コミを見るのが一番です。たくさんある口コミの仲から、良い点も悪い点を述べたものを4つほどピックアップしてみました。

夜に電話したのにすぐ対応:夜トイレの詰まりで困っていたので電話しました。一時間といっていたのに30分で来てくれて、すぐ直してくれました。家族みんなで使うトイレだから助かりました」(東京30代女性)

 

電話がつながらない:365日対応をうたっているので水の救急センターに電話してみましたが、電話がなかなかつながりませんでした。緊急時なのですぐにつながらないと他に電話したくなります」(福岡40代男性)

 

丁寧な対応に満足:とっても感じのいい方が来てくださいました。低姿勢で見積り料金も分かりやすく説明してくれたので安心して頼めました」(大阪50代女性)

 

ちょっと高いんじゃないの:作業料と水道栓の交換で合計2万円。1万円用意していたのにまさか倍かかるとは。しょうがなく払ったけど、年末の出費痛すぎます」(東京20代女性)

住んでいる場所によって到着スピードは大いに変わるようです。「なかなか来ない」という苦情もありましたが、「すぐ来てよかった」というのが多いようです。平均して、

「電話後30分~60分に修理スタッフが到着」

というのが一般的な到着時間のようです。

電話のつながりやすさは時間によるようです。コールセンターが全国すべての電話を受け付けるので、たまたま電話が重なると、数分間つながらないという時間帯があるようです。

電話や訪問時の対応に関しては満足だったというコメントが多いようでしたが、中には「横柄だった」というのもまれにあります。正直、住んでいる地域によって作業スタッフの性格もまちまちなのでしょう。

料金については、水の救急サポートセンターのみならず、どの修理業者も料金が高かったという苦情が出ています。修理業界では相場の費用であっても、相場が分からない人にとっては高すぎると感じるようです。

こんなことが解決できちゃう! 水の救急サポートセンターで

どこに住んでいても水のトラブルのことなら何でも解決できちゃうのが水の救急サポートセンターの強みです。そのすごさを示すために、単なる町の水道屋と比べてみましょう。

水漏れといってもすべての水道屋が直せるわけではありません。エアコンの水漏れは基本的に電気屋に属します。給湯器の水漏れなどは電気の知識と免許のある水道屋が取り扱えます。ポンプの交換取り付けなども電気の知識が伴います。

つまり単なる水漏れと言っても多種多様で、それぞれの専門職の作業スタッフが必要になるのです。水の救急サポートセンターなら、症状にあった修理スタッフを派遣できるので、普通の町の水道屋なら直せない水の問題も解決できてしまえるでしょう。特殊な機械の水漏れも、とにかく水に関する問題は何でも水の救急サポートセンターに電話すればいいというわけです。

口コミにもあったように、作業スタッフは「水の救急サポートセンター」という大きな看板を背負って仕事をするので、対応も丁寧ですし、きちんとした仕事をしてもらえます。

水の救急サポートセンターの連絡先を用意しておこう

水の問題は思いもよらないときに急に生じます。ここまで考えてきたとおり、万が一のときに備えて、冷蔵庫に水の救急サポートセンターの電話番号を張り付けておくか、パソコンのブックマークにホームページを入れておくと良いかもしれません。

全国どこに住んでいても、一年365日水のトラブルを受け付けてくれて、水の問題の症状に合ったプロの修理スタッフを手配してくれるからです。修理の代金も適正価格ですので、必要以上のお金を払っているのではないかという心配も要らないでしょう。やっぱり何につけても大手に依頼するというのは安心ですよね。

>>>水の救急サポートセンターについてもっと詳しく知りたい方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

賃貸を借りるにあたって申込金を請求された…トラブルを回避するためには?

申込金とはそもそも何? 賃貸探しをしていて、住みたい部屋が決まった、そうなると入 …

ハンドルからの水漏れの2つの原因と対処法を公開

ハンドルからの水漏れの原因は主に2つ 水道のハンドルの根元あたりからチョロチョロ …

タンクの手洗い管から水が出ないのはなぜ?

多くの家庭で使われている日本ならではのトイレが、手洗い付きトイレです。「これほど …

悪い業者に騙されないための水道業者の選び方のポイント

悪質な水道業者には特徴がある 水回りのトラブルが起きた場合、業者にお願いして工事 …

洗面台の排水口が詰まっている・なにが詰まっているの?問題を解決する方法は?

洗面台の水がなかなか流れてくれない… 顔を洗ったり歯を磨いたりする際に、毎日のよ …

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも?修理の方法を紹介

蛇口の水漏れなら自分で対処できるかも? 水回りのトラブルが発生した場合、なんでも …

「レバーハンドル」の緩みには早めの対応を

トイレの水を流すとき、必ず使用するのが洗浄レバーですよね。「レバーハンドル」とも …

タンクの水が溢れてきたー原因は何?

毎日、必ず利用する欠かせないものの一つにトイレがあります。当然のこととして、トイ …

タンク手洗い器具の緩みには早めの対応を

私たちにとってはおなじみの手洗い付きトイレですが、実は日本にしかないものだって知 …

水道をひねってみたら赤い水が出てきた…原因・対策法を紹介

水道から赤い水が出てくる? ふつう水道から水を出したとき、無色透明な水が出てくる …