イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

最大6社の中から比較できる!すまいValueの特徴を徹底調査

   

96.7%の人がトラブルなく売却できた!その理由を紹介

>>>すまいValueの公式サイトはコチラ!

住宅を買い替えたい、親が持っていた物件を引き継いだけれども自分は使用する予定がないという人はいませんか?この場合、不動産を売却して処分する対策法が考えられます。

不動産売買するにあたって、数千万円単位の大きなお金の動くことが多いです。トラブルなく、安心・安全に売却したいと思っているでしょう。すまいValueは有名な大手不動産会社6社を比較して、どこに売却依頼すればいいか判断できるサービスで高い人気があります。

不動産チェーン大手6社だけの一括査定サイト!

不動産一括査定サイトはたくさんあります。しかしすまいValueは、野村の仲介+・住友不動産販売・三菱地所ハウスネット・小田急不動産・東急リバブル・三井のリハウスの6社がサイト立ち上げに参加しています。いずれもコマーシャルやチラシなどで多くの人が一度は耳にしたことのある不動産会社ではありませんか?

この6社は不動産業界の中でも屈指の規模を誇ります。2017年4月10日時点で賃貸専門店舗を含みますが、日本全国6社合計830店舗展開しています。さらに6社全体で年間10万件を超える成約実績もあります。これだけの業績を誇る大手不動産会社の一括査定が受けられるのは魅力です。

年間10万件を超える成約実績があるということは、それだけ豊富なノウハウを持っていることになります。そしてそのノウハウ・データベースに基づき、皆さんが申し込んだ物件の査定を行います。適切な売却価格を提示されるでしょう。

人によって、売却にあたって希望する内容は異なります。

「多少値段を妥協しても早く売却したい」

「時間がかかっても高く売却したい」

さまざまな希望があるはずです。6社の豊富な経験を生かして、ベストの売却プランを提示してくれます。つまり自分の納得できる内容で、不動産を売却できる可能性が高いわけです。

不動産売買の中でトラブルに巻き込まれるというケースも少なからず起こっています。しかしすまいValueの場合、主力6社が参加しています。大手・実績豊富な企業のノウハウを生かして、「安心・安全な取引」を心がけている会社ばかりです。このため、質の高いサービスを提供してお客さんの売却活動のサポートを実施しています。

不動産売買の中で売主が負うリスクとして、瑕疵担保責任があります。また不動産を売却した際に、税金をどうするかなどの問題も出てくるでしょう。このような売却時の問題への対策にも6社であればしっかりケアしてくれます。ですから安心・安全に不動産売却できるわけです。

すまいValueの特徴

不動産の売却や住み替えを検討している人にとって問題になるのは、いま所有している物件の価値でしょう。不動産査定を一括複数業者に依頼できるサイトはいくつもあります。その中でもすまいValueは、顧客満足度が高いということで注目を集めています。では具体的にすまいValueにはどのような特徴があるでしょうか?以下ではすまいValueの特徴について、主に3つのポイントを中心に解説していきましょう。

安心・安全に取引

不動産売買する場合、通常なら数千万円・物件によっては数億というお金が動きます。また不動産取引は一般の方にとって、そう人生の中で多く経験することではないでしょう。このため、処分したい不動産があるけれどもなかなか実行に移せない人はいませんか?すまいValueは不動産業界の中でも主力6社が立ち上げている不動産一括査定サイトなので安心感につながります。

すまいValueを立ち上げた不動産会社6社は、実際に不動産売却をした人にアンケートを実施しています。2016年8月に実施された調査で、一都三県に居住している30歳以上の男女、直近3年間で不動産の売却経験のある人が対象です。その中で「トラブルなく安心・安全に取引できた」と回答した人が96.7%を占めています。

この結果を見ても、いかにお客さんに丁寧で手厚いサポートをしているかがお分かりになるでしょう。不動産売却にあたって不安感がある、売却経験のない人はとりあえずすまいValueを利用してみてもいいでしょう。

日本全国には、不動産会社が約12万件存在しているといわれています。その中でも首都圏で過去3年間に不動産を売却した454名に調査を実施しました。その結果、303名・全体の67%がすまいValueに参加している6社のいずれかで不動産売却したと回答しています。いかに多くの人が、この6社を介して不動産を処分しているかわかるデータです。

これだけ多くの人が不動産売却していると、初めて利用する方でも安心して依頼できるでしょう。しかもそれだけ多くの物件を取り扱っていれば、ノウハウを生かして適正な価格で売却できる可能性も高いです。さらにすまいValueに参加している6社合わせると、日本全国に830店舗を抱えています。日本全国に広くネットワークを構築しているので、都市部・地方関係なくどのような物件でも適正価格で売却できるのも安心ポイントの一つです。

6社合計830店舗・宅建保有率96.5%

不動産を売却するにあたって、わからないこと・不安なことも出てくるでしょう。そこで不動産会社の担当者とコミュニケーションを取って納得の上で売却したいと思うはずです。すると自宅の近くに不動産会社の店舗のあった方が気軽に相談できるので安心でしょう。すまいValueは不動産業界でも大手6社が参加しているので、日本全国にくまなくネットワークを構築しているのも強みです。

すまいValueを運営している6社を合わせると、2017年4月10日時点で日本全国830店舗擁しています。これだけの規模を誇る不動産会社は、業界内でもほかにはなかなかないです。このため、どの地方在住の方でも比較的近くで店舗を見つけられるでしょう。また日本全国規模でネットワークを構築しているので、不動産に関する情報もたくさん入ってきます。

日本全国にネットワークを展開していれば、それだけ多くの不動産購入検討者も抱えていることにもなります。つまり買い手も付きやすく、早く高い価格で自分の不動産を売却できる可能性も高まります。

不動産売却に関する悩みや不安な点が、自分が売主になった場合いろいろと出てくるはずです。このとき、不動産に関する専門家は相談に乗ってくれ、適切にアドバイスしてくれると安心です。すまいValueに参加している不動産会社6社には、不動産の専門家が多数在籍していて相談できるのも魅力です。

不動産に関する専門的な知識を持っていることの証明になる資格に、宅地建物取引士があります。「宅建」と略称で紹介されることもありますが、宅建の資格を持っている営業担当者は6社合計全体の96.5%を占めます。ほぼ確実に自分の不動産売却を担当してくれる営業マンが宅建の資格を持っているでしょう。このため、不動産売却に関する不安や悩みを抱えることなく納得づくで売れるのもすまいValueの特徴といえます。不動産売却にあたって何か気になることがあれば、気軽に担当者に相談しましょう。

年間成約10万件以上

すまいValueは主要6社の不動産会社が参加して運営しているサイトです。なぜすまいValue加盟の6社が業界でも主要といわれるか、その理由の一つが成約件数の多さです。

2016年度の不動産売買仲介取扱件数は、成約に至ったものだけでも10万7350件です。法務省の登記統計によると、2015年の土地売買による所有権の移転件数は日本全国で130万件弱ありました。ここ数年の推移を見てみると、120~130万件の範囲で変動しています。2016年度も引き続き同じような傾向が続いていると仮定すると、日本全国の8~9%がこの6社で占められていると推測できます。

いかに日本全国の多くの不動産売買にかかわっているかがお分かりになるでしょう。これだけ多くの不動産取引にかかわっていれば、それに伴い売買のノウハウを持っているはずです。そのノウハウを生かして、皆さんの所有する物件も適切に売却してくれるはずです。

不動産を速やかに売却するためには、皆さんの所有している不動産を購入したいと思う人を見つけてこなければなりません。すまいValueに参加している6社には不動産売却を希望する人がたくさんいる一方、購入を検討するお客さんも少なくありません。2015年度に6社に不動産購入に関する相談に訪れたお客さんは36万4118組に上ります。

もちろんすまいValueを使って不動産売却を依頼すれば、その情報が36万組を超えるお客さんにもたらされます。より多くの購入希望者にアプローチできるので、皆さんの不動産を購入したいという人も見つかりやすくなります。買い手が見つかりやすくなり、速やかに不動産を処分できる可能性も高いわけです。

不動産業界の主要6社が提供するサービスなので、速やかに高額売却できるかもしれません。また手厚い充実したサービスが受けられるので、安心して自分の持つ物件を営業担当者に任せられます。

>>>詳しくはコチラから!

すまいValueを選ぶメリット

不動産を売却するにあたって、どの程度の価格で売り出すか、どの不動産会社に仲介を依頼するかがポイントになるはずです。そこでおすすめしたいのが、不動産一括査定サイトです。複数の業者に一括で査定依頼することで、どこなら高く売却できるか、自分の物件の相場を把握できるからです。不動産一括査定サイトの中でもすまいValueを利用するメリットについて、主に2つのポイントを紹介します。

査定額が信頼できる

不動産に関する素人が「あなたの不動産の売却額はいくらです」といわれて、それが適正なのか・安く買い叩こうとしているのかなかなか判断するのは難しいでしょう。すまいValueには三井のリハウス・東急リバブル・三菱地所ハウスネット・小田急不動産・野村の仲介+・住友不動産販売という6つの大企業が参加しています。このため、これらの業者が提示する査定額なので信頼できるのはまずメリットです。

すまいValueに参加している6社の不動産売買の成約実績は年間10万件以上です。これだけ多くの不動産取引の実績があれば、適正な価格も算出できます。売却査定額は過去の取引事例を基に算出します。取引事例が多ければ多いほど、より精度の高い売却金額を提示できるわけです。ちなみにすまいValueで提示される査定額は「これから3か月以内で売れる価格」という意味合いです。

すまいValueに加盟している6社は、不動産取引を健全に行うための試みを古くから行ってきました。不動産業界には「レインズ」というデータベースがあります。レインズを使って不動産査定を行っている不動産会社も少なくありません。

このレインズの前身として、1984年に設立された「オープンマーケット」という団体がありました。実はこのオープンマーケットを作ったのが、すまいValueに参加している6社です。

オープンマーケットとは、物件情報や取引事例などの情報交換することを目的とした協議会のことです。物件情報を広く公開することで、より公正な不動産売買ができます。このオープンマーケットを設立している6社が立ち上げた不動産査定一括サービスなので、査定金額の信ぴょう性は高いでしょう。

しかもすまいValueに参加している6社は日本全国に店舗を展開しています。このため今は遠方で暮らしている人で、皆さんの物件を購入したいという方にも日本全国に広がるネットワークを介して情報提供できます。よって地域関係なく、信頼性の高い・高額査定が期待できます。

大手6社を比較できる

すまいValueは野村の仲介+・東急リバブル・住友不動産販売・小田急不動産・三菱地所ハウスネット・三井のリハウスという大手6社だけが参加しています。大手のみの査定金額を一度に提示してもらえるのもメリットです。

いずれの不動産会社も適正価格を提示してくれるでしょう。豊富な不動産取引実績を有しているので、その中で納得できる金額が出されます。

不動産会社が査定金額を提示する際、過去の取引事例をベースにすることが一般的です。過去皆さんの所有している物件に近い条件・地域の取引案件をもとに算出するわけです。過去の取引事例が多ければ多いほど、より正確な査定金額を提示できます。

すまいValueに参加している6社合わせると、年間10万件を超える取引成約の実績があります。そのデータを基にして査定金額が出るので、現実的な金額提示を受けられます。

日本全国に不動産会社があり、担当する営業マンがいます。しかしこの営業マン、全員が全員不動産に関する専門知識を持っているとは限りません。実は不動産会社のマニュアル通りの査定士か行っていなかったり、売主に言われたことしかしなかったりします。しかしすまいValueに参加している6社の場合、プロが皆さんの売却プランを立ててくれます。

すまいValueに参加している6社の営業マンを見ると、宅地建物取引士の資格を持つ人が実に96.5%にも達しています。この6社のどの営業マンに相談しても、専門知識を駆使して的確な査定・アドバイスしてくれます。プロが鑑定してくれるので、

「相続した物件を売却したい」

「共有名義のマンションを売却したい」

「離婚したから処分したい」

などいろいろな要望にも柔軟に対応できます。

このようにハイレベルの不動産会社が査定してくれるので、いずれも納得できる妥当な金額を提示するでしょう。その6社の中でも査定金額は若干異なります。見積もりを比較して、より高額価格を提示してくれる業者に売却の依頼ができるのはすまいValueを利用するメリットといえます。

すまいValueの弱点

すまいValueにはメリットのある半面、デメリットもあります。何度か紹介したように、すまいValueは不動産業界をリードする大手6社によって運営されています。大手で取引実績が多い、宅建の資格を持った営業マンが査定してくれるのはメリットです。しかし人によっては、この「大手だけ」が逆にデメリットになりかねません。

大手は日本全国に店舗を展開しています。しかし都市部に力を入れる傾向があって、郊外は十分にカバーできない傾向があります。このため、「田舎や郊外の物件を売却しようと思ってすまいValueを利用したが、対応外にされてしまった」という口コミも時折見られます。

地域密着型の不動産会社が参加していないのは、デメリットになるかもしれません。地方在住の方は、すまいValueではサービス利用できない可能性のあることは理解しておきましょう。

また、不動産会社を介して不動産売買を行う場合、物件価格の3%プラス6万円を上限として不動産仲介料がかかります。中小の不動産会社の場合、顧客を逃さないために仲介手数料を多少割引してくれるところもあります。しかしすまいValueに参加している6社の場合、仲介手数料の割引はまず期待できないでしょう。余計なコストをかけずに不動産売却する場合、すまいValueは適当でないかもしれません。

無料査定の方法

すまいValueを使って、自分の不動産の価値を知りたいと思っている人はいませんか?でもすまいValueを利用するのは初めての人には難しいのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし初心者でも簡単にできるので、以下でその方法について詳しく見ていきます。

不動産情報の入力

すまいValueを利用するのであれば、まずは査定情報を申し込みフォームに入力することです。物件種別や所在地などの情報をまずは入力します。項目の中に専有面積・築年数・間取りについて記載する欄がありますが、おおよそでも問題ありません。

続いてお客様情報を入力しましょう。氏名・年齢・メールアドレス・電話番号などの項目があります。次にアンケート画面に移ります。この中で査定方法を選択する欄があります。実際に物件を見て査定する訪問査定と概算価格の提示のみの机上査定のいずれかを選択します。より正確な査定金額を知りたければ、訪問査定を選択しましょう。入力内容を確認して問題なければ、送信します。

査定結果の連絡

すまいValueの専用フォームに不動産情報・個人情報などを入力して送信すると、しばらくして査定結果が連絡されます。複数の不動産会社に依頼した場合、それぞれから査定結果が届きます。通常であれば、送信してから数日間程度で結果が出ます。しかし年末年始やゴールデンウィークなどの長期休業期間の前後に申し込むと連絡が遅れる恐れがあります。

もしいつまで経っても結果が届かない場合には、お問い合わせフォームで質問してみましょう。申し込みをすると「査定依頼完了通知メール」が届きます。その中に査定IDが記載されているので、こちらをフォームに入力してください。

結果比較

すまいValueで査定依頼した不動産会社全部から査定結果が通知されたら、その内容を比較しましょう。査定金額はもちろんのこと、売却にあたって各社から提案内容も記載されているはずです。金額の高い安いだけではなく、この内容なども吟味して総合的に比較することです。

そして「この不動産会社に売却をお願いしよう」と思った不動産会社に正式依頼の流れになります。契約を結んで、不動産会社が売却活動を開始します。
>>>気になる無料査定はコチラから!

すまいValueの口コミ・評判

大手6つの不動産会社が立ち上げた不動産一括サービスのすまいValueですが、興味を持っている人も多いでしょう。しかし実際のところ使い勝手など評判がどうなのか気になる人もいるはずです。そこでここでは実際に利用した人の体験談をいくつかピックアップしていきます。

「近所付き合いの問題があって、自宅を売却しようと思いました。理由が理由なので、周囲に気づかれないように内緒で売却手続きを進めていきたいという希望がありました。すまいValueではこのようなこちらの細かな要望にも柔軟に応えてくれました。訪問査定だとバレる可能性があるので、机上査定にしてもらいました。住宅ローンがまだ残っていたのですが、残債を完済できる金額で売却でき、とても感謝しています」
「親が亡くなって実家を相続することになったのですが、地方で引き継いで暮らすことができず売却することに決めました。私はあまり普段インターネットをしないので一括査定ができるかどうか不安でした。でも通勤電車の中で、サクサクとスマホを使って査定依頼できました。時間にして数分程度だったので、ちょっとした空き時間を使ってサービス利用できるのは普段仕事をしている自分のようなものにはありがたかったです」
「大手の不動産会社しか参加していないということで、やっぱり大手が安心と思い利用しました。すまいValueで一括査定をした結果、近所に店舗があり相談に出向きました。住宅ローンや税金のことが心配だったのですが、私の担当をしてくれた人は宅建の資格を持っているということで丁寧に説明してもらえました。できれば早く売却したいと思っていたのですが、2か月足らずで売却できたのでそのスピーディさには少し驚いたくらいです。やっぱり大手の不動産業者に売却をお願いしたほうが、安心感も違いますね」

このようにおおむね好意的な口コミが多かったです。安心して売却できる・丁寧なサービスが受けられるので、一度利用してみる価値はあるでしょう。

どんな人に向いている?

すまいValueはメリットがある半面、デメリットもあります。よって万人におすすめの不動産一括査定ではないかもしれません。そこでここではすまいValueがおすすめの方を、3つのタイプに分けて紹介していきます。

不動産一括査定サイトの実績や評判が気になる人

不動産一括査定サイトを初めて利用する場合、「ネットだけで手続きが完了するけれども大丈夫?」という不安を感じる人もいるかもしれません。そのような人は、不動産一括査定サイトを利用する場合その実績や評判をベースにして決めるでしょう。このようなサイトの評判・実績をベースに選ぶのであれば、すまいValueはおすすめです。

すまいValueは不動産業界でもトップクラスの大手の企業が6社参加しているサイトです。これだけでも安心感が違うでしょう。

しかもすまいValueを利用した人にインターネット調査を実施しました。その結果、「サイトを使ってよかった」「安心して不動産売却をお願いできた」「不動産売買にあたって特別トラブルは起こらなかった」という回答が実に96%以上を占めています。これだけの人がすまいValueを使って満足しているというのですから、使ってみる価値は十分あるでしょう。

ほかのサイトより早く・高く売りたい人

不動産を売却する場合、少しでも早く・高い価格で売りたいと思うのが普通です。たいていのケースで不動産は不動産会社に仲介をお願いして売却するスタイルを取ります。早く・高く売却できるかどうかは、お願いした不動産会社のレベルで決まるといってもいいでしょう。もし少しでも早く・高い値段で売りたいと思っているのであれば、すまいValueの利用がおすすめです。

すまいValueは登録しているのは6社のみです。しかしこの6社、いずれも不動産業界の中ではトップクラスの実績を誇る企業ばかりです。それぞれの不動産会社が一騎当千の実力を持っているといっても過言ではないです。

大手不動産会社のネットワークを使って、日本全国の不動産情報を収集しています。不動産購入希望者も多数抱えています。また大手企業の地力を生かして、広告もインターネットやフリーペーパーなどあらゆるメディアを使って出しています。このため、買い手が付きやすいのです。

すまいValueに参加している不動産会社はいずれも、豊富な取引実績を持っています。その過去のデータベースを生かして売却価格を査定してくれます。ですから高額で売りに出して、早く買い手を見つけることも十分期待できます。

特に不動産会社にこだわりがない人

「どうしてもこの不動産会社に売却をお願いしたい!」などのこだわりを持っている人は、すまいValueを利用しない方がいいかもしれません。しかし大半の人は、特定の不動産会社に執着を抱いていないでしょう。もし特別こだわりがなければ、すまいValueを利用するのがおすすめです。

不動産会社の選び方の中で、王道とされるのは「とりあえず大手にお願いする」方法です。大手は少なくても大失敗をするリスクが低いです。安全パイとも言えます。堅実かつ確実に売却したいと思っているのであれば、大手不動産会社を選びましょう。中小の不動産会社の場合、どうしても当たり外れが大きくなるからです。

すまいValueは不動産業界でも屈指の大手不動産会社しか参加していません。大手不動産会社の場合、マスコミなどとも太いパイプを持っています。どのような些細なミスでもすぐにその情報は拡散して、企業イメージを損ないかねません。すまいValueであれば、まず不動産売却で失敗することはなく、安心して任せられるでしょう。

まとめ

不動産売却を仲介する会社を選ぶにあたって、「安心して自分の大事な物件を任せられるところにしたい」と思う人は多いでしょう。一生に何度も経験することではないですし、多くのケースで数千万円という単位のお金が動く取引です。不動産売買する際に不安や悩みを抱えることもあるでしょう。

大手の有名な不動産会社であれば、経験・実績も豊富なので安心して売却をお願いできるはずです。大手の中でも少しでも高く売却してくれる業者を見つけたいと思っているのであれば、すまいValueを利用すべきです。すまいValueは大手の不動産会社6社しか参加していません。確実に大手に不動産売却をお願いできます。

すまいValueに参加している不動産会社全体で、宅建の資格を持っている人は全体の96.5%を占めています。売却を依頼すれば、ほぼ確実に宅建の資格保有者が担当してくれるはずです。不動産売却に伴う税金や登記の手続きの問題、住宅ローンなどのいろいろな悩みを専門家からアドバイスを受けられます。このようなところも、すまいValueを利用して不動産売却をする際のメリットです。

田舎などの地方部になると十分カバーしきれていない恐れはあります。しかしもし不動産売却を検討しているようであれば、一度サイトをチェックしておいても損はないはずです。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

いざというときのために・セントラル警備保障のサービスを検証

セントラル警備保障の概要を紹介 セントラル警備保障とは、東京都新宿区に本社のある …

フラット35の中でも最強スペック?ARUHI フラット35の商品内容をチェックしよう

全期間固定金利で返済できる住宅ローン・フラット35 マイホーム購入しようと検討し …

ネット銀行ならではの超低金利!イオン銀行の住宅ローン特徴丸分かり

家を建てたい人、いつもイオンで買い物する人、必見住宅ローン 住宅ローンを利用して …