イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

いい部屋探しのコツは間取り、値段、交通の便だけでない 見落としがちなこの要素

   

新しい家を探そうという場合、間取り、家賃、交通の便を考慮するでしょうが、もう一つ、意外と重要な要素があります。

それは犯罪がおきやすい場所かどうかです。

犯罪者にとってはここで犯罪を行なえば成功率が高そうだという場所があるようです。

普通の人は犯罪を犯そうという目で町を見ないために全く分かりませんが、実際には犯罪者が犯罪を犯しやすい場所、犯したくなる場所というのが存在します。
これは引越しを考慮する際に重要ポイントです。

犯罪がおきやすいところに引っ越してしまうと普通にカギを閉めていても泥棒や変質者の被害に遭いやすいということになるでしょう。
ではどうすれば犯罪の少ない場所に引越せるのでしょうか?

 

防犯情報マップを確認

 
警視庁は「犯罪情報マップ」というものをネット上で公開しています。各都道府県の警察のホームページを開くとこの犯罪情報マップを見つけることができます。

マップ上には犯罪件数にあわせて、白→緑→薄緑→黄色→橙→赤と区域が色分けされています。よく見ると犯罪者も警察署が近くにある場所では自然と行動を起こさないなどの特徴が見つかります。ぜひともある場所に引っ越そうという場合には、この犯罪情報マップを参考にして家族を守ることにしましょう。
 
参考URL:犯罪情報マップ

 

警察は民事不介入

 
上記の犯罪情報マップは非常に参考になりますが、警察がしてくれるのはこのような情報提供とパトロールだけです。

まだ事件が起きていない状況で、恐い目にあい警察に出向くと、事件が起きていない以上民事不介入という態度を取られます。

つまり話は聞いてくれますが行動してくれません。
実際に刺されたとか、レイプされた犯罪が起こらない限りは「パトロール強化しますね」という返答があるだけです。

つまり犯罪が起きる前に、町の犯罪から自分や家族を守るのは自分たちであるということです。

では警察以外のどんな情報を確認すればさらに家族を啓発できますか?町の犯罪は町の広報が生々しい情報を提供しています。子どもが学校に通っているなら学校が出しているPTA新聞などの広報も実際に起きた実例を載せています。

マンションや団地の掲示板などには実際に犯罪者の写真が掲載されていることさえあるかもしれません。

警察でできないことまで行なえる町内パワーを十二分に活用し子どもを危険から守りたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

子どもが犯罪に巻き込まれないため 一番現実的な方法とは?

家族の安全を考える上で欠かせられないのは子どもの外出時の安全です。 子どもが外で …

ホームセキュリティを導入しないとこんな被害にあっているかも…

被害に遭っていないようで実は頻繁に事件は起きている 「病気になって初めて分かる健 …

家のカギ閉めたっけ?と心配しないで済む3つの方法

「あれ、家のカギ閉めたっけ?!」どれほど多くの人がこの感覚に襲われたことでしょう …

家の防犯グッズの4選 こんなものがあるだけで防犯効果アップ 

賃貸で家を借りたあとでも、簡単に家の防犯を強化することは可能です。 泥棒もなんら …

スマホが開錠キーに。便利になるだけではない!こんな恐いデメリットも

賃貸で借りた家は家の中を自由に改造することはできないのですが、退去するときに元通 …

自転車盗難に遭わないために こんな場所ではこんな鍵が必要

自転車が盗難に遭った…おそらくほとんどの人が経験していることでしょう。 自転車と …

オートロックマンションはこの5つの方法で簡単に入れちゃう。防止策を真剣に考えよう

オートロックはとっても簡単には入れてしまう 「オートロックマンションだから、我が …

カギを持ち歩かなくてもいい認証系ドアロック その驚きの方法と意外と多いデメリットとは

家のカギを持ち歩かなくていいというのは、一旦味わうと非常に便利なものです。 この …

鍵どうやって持ち歩く?キーケース?財布の中?思いも付かない便利な方法

鍵をどうやって持ち歩いていますか?ほとんどの人がキーホルダーでしょう。 そのキー …

いざというときのために・セントラル警備保障のサービスを検証

セントラル警備保障の概要を紹介 セントラル警備保障とは、東京都新宿区に本社のある …