イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

コンセントの数と位置を物件見学のときに要チェックする理由

   

その前にどんな部屋にするのかを考えておくこと

テレビ、DVDやブルーレイのプレイヤー、ゲーム機器、パソコンやルーター関係、固定電話に携帯電話や充電器、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの白物家電、扇風機、エアコン、空気清浄機など、ざっと考えただけでもひとり暮らしで使う電化製品はこれだけあります。
そして、当然ながらそれだけのものが使える電力が必要になります。

電気を取るために必須なコンセントですが、これは物件によって数が違います。
コンセントの必要数というのは具体的には出せないのですが、上記のようにどういった電化製品を使うのかを考えれば自ずと必要数が見えてくるのではないでしょうか。
ただ、普通の部屋でコンセントが20個も30個もないですから、いずれにせよそれぞれにたこ足配線などをして工夫するしかないでしょう。

コンセントの数よりも大事なのは、実はコンセントの位置になります。持っている、あるいは購入しようとしている家具などをどのように置くか、具体的に考えておく必要があります。
それらの配置によってはコンセントが隠れてしまって、まったく意味がないこともあるからです。

それから見落としがちですが、電力がどれくらい耐えられるかブレーカーなどの確認もしておきましょう。
一般的な生活をする分にはなんら問題はないですが、仕事も同時にその部屋でする場合(賃貸契約時に事務所使用の許可が出ていることが前提ですが)、普通のものでは足りないこともあるからです。これはオーナーと電力会社と相談してみなければなりません。

コンセントの数と位置は自分のライフスタイルと、どのように部屋を片付けるかを考えてから決めてみましょう。

 

コンセントの数を増やす工夫といえば

コンセントが足りなければたこ足配線にすればいいと安易に考えているかもしれません。実際にそれが最も手っ取り早い方法であるのは間違いありません。しかし、気をつけたいのはたこ足配線は多すぎると火災の原因になります。

コンセント自体がショートする場合もありますし、配線にたまったホコリに引火する可能性もあります。ですので、あまりやり過ぎないことと、掃除はこまめにすることを心がけましょう。

あと、コンセントを増やす方法としては、工事で増設するということもできなくはありません。
ただ、賃貸物件の場合は勝手に工事してしまうことは許されないので、まずはオーナーに相談することです。
また、知識がない場合は絶対に自分で増設してはいけません。それこそ火災などの原因になりますので、電気関係の技師にやってもらわなければなりません。

それから、コンセントの多い物件というのは大体新しいものが多いです。古い建物ほどコンセントが少ないので、あらかじめ多く使うことがわかっているのであれば、新しめの物件を中心に探すべきだと思います。

電気をたくさん使うのであれば、その方が安全の面から言っても、古い物件よりは格段に有利かと思います。

いずれにせよ、一般的な生活をする分にはコンセントの数というのは不足することはあまりありません。
その場合はたこ足配線を少しだけすることで補えるからです。重要なのは数よりも位置であることを憶えておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

インターネットに紹介されている物件・客引き物件の可能性も!

客引き物件があることに注意 賃貸の情報はインターネットや情報誌などで掲載されてい …

家賃交渉を成功させるためには3段階で話を進めていくこと

まずは家賃の引き下げ交渉から 賃貸物件を借りるにあたって、部屋は気に入っているけ …

毎日賃貸情報をチェックできない人は条件保存機能を有効活用しよう

日々更新される賃貸ポータルサイトの情報 賃貸情報を収集するにあたって、今ではイン …

入居可能時期と退去予告を考慮するといい賃貸物件に出会える!

今日みつけて明日に入居するのは難しい 賃貸物件を探すには適した時期やタイミングが …

賃貸物件で携帯電話の電波環境が悪いというのはよくあること

鉄筋コンクリートのマンションなどは案外電波が入らない 賃貸物件の見学に行った際は …

物件の近所に教育施設があると便利なの?

子どもがいなければ学校などは重要ではない もし結婚をされていて子どもがいれば学校 …

賃貸物件を探しにとりあえず不動産屋に行くのがNGな3つの理由

目移りしてしまって理想の部屋が見つからないから 賃貸物件を探すにあたって、とりあ …

貸物件を借りてあげるのにお礼が必要ってどういうこと?

関東に残る悪しき風習が礼金だ! 賃貸物件の入居にかかる初期費用で敷金のほかに礼金 …

商店街などが周囲にあるかは賃貸物件の魅力そのもの

商店街がなくても、最低限あってほしい店 住みたい場所を決めるときに大切なことはと …

集合住宅型賃貸物件は音の響きがストレスになることもある

まずは建物の構造を理解しておく 賃貸物件の中でも、特に集合住宅だとどうしても出て …