イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

賃貸物件で成功するキーは管理会社にあり!?

   

最初のステップで90%決まると入っても過言ではない!

賃貸物件探しで最初のステップとなるのがどの不動産会社にするかです。
そして、これが実はかなり重要で生活が左右されますので、ある程度不動産会社についての情報収集をすることをオススメします。

まず、不動産会社とは賃貸物件を扱う業者のことで、賃貸不動産管理会社とも言われます。
実はひとくちに不動産会社と言ってもいくつかタイプがあります。

例えば、入居者の募集から契約業務だけを行なう仲介専門会社、仲介と家賃の回収や修繕などのクレーム対応といった管理全般も行う仲介・管理会社、さらには仲介を外部委託にして、管理のみを行っている管理会社があります。

どちらがいいのかというのは一概には言えず、物件オーナーの人柄や地域性、不動産会社の雰囲気なども加味して見極めることになります。
賃貸不動産管理会社のうち、仲介も行う管理会社のメリットはなんでしょう。
それは、サービスやアフターケアに優れていて入居後も安心な上に、オーナーたちとのつき合いも広くてよい物件を幅広く持っているので、理想の物件に出会いやすいというメリットがあります。
では、仲介は行わない管理会社とはどんな会社でしょう。

それは、物件のオーナーとのつき合いがあまりなく、自社物件を多く持っている会社です。
そうなると管理や家賃回収、なにか不具合があったときのクレーム先が一本化されるので、入居者としてはありがたいというのがメリットです。

優れた賃貸物件に出会うのは優れた賃貸不動産管理会社に出会うことです。つまり、一番最初のステップで大きく左右されるのです。

管理会社を選ぶときのポイントとはなに?

そんな最初のステップでつまずかないために、どのような管理会社を選べばいいのかを検証してみましょう。
これは仲介する業務を持っているかいないかは関係なく、管理会社全般に当てはまることです。

 

入居希望者が多いかどうか

つまり、繁盛している管理会社かどうかですね。
総合的に力不足ですと顧客、つまり入居希望者が集まりません。サービスが悪い、アフターケアが酷いなど、不安要素があると顧客は逃げてしまうものです。まずは管理会社の活気や事務所ロビーの様子を見てみましょう。雰囲気がいい管理会社はまず大丈夫だと思っていいでしょう。

 

その管理会社は管轄地域の情報に詳しい?

不動産業は地域に根付いた仕事です。最近の管理会社は大きくなったので手広くやっていますが、昔は町内に1軒というほど地元の物件オーナーと密接に繋がっていたものです。

入居前はその地域のことはわからないわけですから、どこに商店があるか、どんな人が住んでいるかの情報はまず管理会社からもらうわけです。

そういった情報収集力がないと管理会社を通す意味もないわけですから、地域に詳しくないのはいただけません。

 

担当者が信頼できそうか

担当してくれる人の態度も大切です。彼はその物件には住みません。
しかし、我々はそこにしばらくの間住むのです。

物件によっては騒音問題や道路事情などいろいろとよくない場所に建っていて、入居者が嫌がるというのもよくある話です。

逆に素晴らしい物件もありますよね。担当者が顧客の選り好みをしていい物件は紹介してくれないとなったら困ります。

また、担当者も会社員ですから人気のない物件も紹介しなければなりません。なので、担当者がよさそうな人物かどうかも大切になります。

 

物件を所有するオーナーはどんな人か

管理会社がつき合っているオーナーたちはちゃんとした人ですか。気難しい人や文句ばかりの人などは避けたいですね。
そんな、あまりまともとは言えない人と懇意にしている管理会社もどうかと思います。

入居者にはあまり関係ないですが、一応管理会社とオーナーの関係も知っておきましょう。例えば、契約方法が違ったりします。

オーナーが管理会社に入居者募集だけを任せているケースがそのひとつです。この場合、オーナーは複数の管理会社に依頼しているので、管理会社もつき合いが薄いことがあります。

逆にひとつの管理会社に任せるオーナーというのもいて、こちらの方はつき合いが濃いことが多いです。

家賃の集金や様々な管理もすべて管理会社に任せることもあります。

場合によっては一定期間、オーナーに対して不動産管理会社が家賃を保証するというものもあります。
いずれにせよ、管理を任せたり家賃保証をする方法を採っている場合は入居者がオーナーと顔を合わせることは稀です。

 

情報収集能力に優れているか

この場合はその2のような地域情勢ではなく、むしろ世の中のニュースやトレンドに詳しいかですね。
若い人だとおしゃれな家に住みたいかと思います。その「おしゃれ」は時代と共に変遷しますから、流行を知っている会社がいいのです。そういう会社は概して雰囲気もいいですしね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

インターネットに紹介されている物件・客引き物件の可能性も!

客引き物件があることに注意 賃貸の情報はインターネットや情報誌などで掲載されてい …

お気に入りの賃貸をいち早く見つけたい!そんなときはポータルサイトのメールう新サービスを

メールを利用していち早く情報収集 賃貸探しをするにあたって、インターネットを使っ …

入居可能時期と退去予告を考慮するといい賃貸物件に出会える!

今日みつけて明日に入居するのは難しい 賃貸物件を探すには適した時期やタイミングが …

物件の近所に教育施設があると便利なの?

子どもがいなければ学校などは重要ではない もし結婚をされていて子どもがいれば学校 …

コンセントの数と位置を物件見学のときに要チェックする理由

その前にどんな部屋にするのかを考えておくこと テレビ、DVDやブルーレイのプレイ …

賃貸を借りる費用は家賃だけじゃない!諸費用もかかることを忘れずに

賃貸を借りるには初期費用が掛かる 初めて賃貸を借りる人の中には、家賃を支払えば入 …

賃貸物件でドアの建て付けが悪いと自己負担で修理しなければならない?

過失がない場合はその必要はない! 賃貸物件を借りる際に必ずその部屋自体を見に行く …

短期滞在者に有利?賃貸物件で時折みられる定期借屋契約物件とは?

そもそも定期借屋契約物件って何? 賃貸物件の情報をチェックしてみると、定期借屋契 …

賃貸物件の善し悪しを左右するのは間違いなく日当たり

日当たり良好はメリットがたくさん 賃貸物件を探す際に考えておきたいのは日当たりで …

賃貸物件を探すのに合わせてみつけておきたい駐車場の条件とは?

なによりも物件に近い場所がいい? 賃貸物件を探すに当たっては駐車場の確保も必要で …