イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

利便性が高そう・・・実はデメリットも多い大通りの賃貸

   

一見すると利便性がよさそうだけれども…

賃貸住宅の中には、幹線道路沿いの物件もしばしば見られます。自動車を持っている人はどこへでもアクセスしやすそうですし、幹線道路沿いは結構いろいろな店舗が出ているので、一見すると立地条件の良さそうなイメージがあるでしょう。

しかし大通り沿いの賃貸は、できることなら避けた方がいいかもしれません。実は大通り沿いの物件には環境的にデメリットもいくつかあるからです。

騒音の問題

幹線道路は交通量がどうしても多くなります。すると自動車が通るたびにかなり音がうるさくなります。これが大通り沿いの最初のデメリットです。

しかも大通りは、けっこう昼夜関係なく交通量の多い傾向が見られます。深夜になっても、例えば長距離輸送のトラックが頻繁に走行することも多いです。ですから音がうるさくてなかなか夜寝つけない、慢性的な寝不足の状態に陥る恐れが高いのです。特にトラックのような大型の自動車が走行すると騒音だけでなく、振動も結構伝わってくることも多いです。

静かな生活を手に入れたければ、幹線道路沿いの賃貸は避けた方が賢明です。ただし例外もあります。それは、二重窓になっている物件です。二重窓になっていると多少外が騒がしくても、音をしっかりシャットアウトしてくれます。もしほかの条件は気に入っている大通り沿いの賃貸を見つけたのであれば、窓がどのようになっているかをチェックすることです。

洗濯物が外に干せない

大通り沿いで交通量の多い場合、けっこう排気ガスが排出されます。となると、洗濯をしても洗濯物を外に干せないといった事態も想定できます。せっかくきれいにした衣服でも、外に干してしまうと排気ガスまみれになってしまうからです。

同様の理由で、布団を寝具にしている人は布団も外に干せなくなります。そうなると万年床の、煎餅布団で眠らないといけなくなります。ダニなどの温床にもなるでしょうし、衛生面で問題が生じます。

洗濯物を外に干せないとなると、部屋干しをする以外に方法がなくなります。そうなると生乾きの際の嫌な臭いが衣服についてしまう恐れも出てきます。また衣服を部屋干しするとなると、その分スペースをとられます。自由に使える空間が少なくなって、手狭な印象になるでしょう。特にワンルームなどの一人暮らしの賃貸の場合、狭さがより強調されてしまうでしょう。

プライバシーの問題も出てくる

大通りの近くの賃貸物件の中でも、1~2階といった低層階の場合、部屋を他人に覗かれるかもという心配事も出てきます。大通りの場合、車だけでなく歩行者や自転車の走行もどうしても頻繁になるためです。

おそらく街行く人のほとんどが、他人の部屋を覗こうとはしないかもしれません。しかし「もしかしたら…」と思ってしまうと、なかなか部屋の中でリラックスできないでしょう。

プライバシーを確保するためには、窓のカーテンを閉めておくことで対処できます。しかし例えば日中カーテンを開けられないとなれば、薄暗い部屋の中で過ごさないといけなくなります。これはこれでテンションが下がってしまいます。照明をつけてしまうと、その分余計に電気代もかかってしまうかもしれません。

このように大通りの物件というのは、一見すると利便性が高そうなイメージがあるもののデメリットもいろいろとあるわけです。特に騒音や周りから見られやすいかどうかなどは、下見をして確認しておいた方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

賃貸情報の徒歩○分は信用できない?実際に自分の足で歩こう!

○○駅まで徒歩○分の根拠 賃貸のチラシやネットの情報を見てみると、「○○駅まで徒 …

図面を見れば物件のことはわかる?いやいや内見をして実感することが大事

物件は実物を見ることが大事 たとえば転勤や大学入学で遠方に引越しすることになると …

近くに公園がある物件はおすすめ?いやいや一概にはそう言えない理由も

周辺環境も住みやすさに影響する 賃貸探しをするにあたって、部屋そのものを確認する …

間取り図に書かれているベランダってどのような場所を指すの?

張り出した部分のことをベランダと呼ぶ 賃貸物件の間取り図を見てみると、ベランダが …

賃貸の設備で最近売りになっているテラスとはどのようなものか?

テラスとバルコニーはどう違うか? 最近の賃貸物件を見てみると、住宅設備としてテラ …

ビー玉よりも効果的!家の傾きを調べるのにおすすめアイテムとは

家が傾いていてはいけないのはなぜ? テレビドラマなどで、床の上にビー玉を置き転が …

景観が美しいだけではない!川沿いの賃貸物件のメリットデメリットを考える

景観が美しくて家賃が安い 賃貸物件を探してみると、川沿いに建てられたマンションや …

内見した記憶を消さないために・感じたことをメモに取っておこう

どんどん記憶は薄れてしまう 賃貸探しをする時に、実際に物件の見学をした方が良いで …

賃貸内見は複数・時間帯をずらすべし!環境が全く異なることも

周辺環境のチェックも忘れずに 賃貸の内見では、どうしても物件そのもののチェックに …

カビの発生しやすい賃貸はNG・湿度のこもりにくい部屋を見つけよう

湿気のこもりやすい場所をチェックすること 賃貸物件によっては、湿気のこもりやすい …