イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

リノベーションの企業選びのコツ これは目からうろこ…

   

リノベーション企業の選定は簡単ではない

リノベーションをしたいという場合何から始めますか?そう企業の選定でしょう。

では企業の選定をどのように行ないますか?恐らくインターネットでリノベーションをする業者探すことでしょう。
残念ですが、これは賢明な方法とは言えません。

なぜなら、インターネットではそれぞれの会社のリノベーションの実力が分かりませんし、検索して出てくるのはリノベーションの能力が高い会社というよりも、ネット検索にかかる技術が高い会社だからです。
近所にあるリノベーションを行なう優良企業を探すにはコツがあります。このコツを知ったら目からうろこかもしれません。

 

どんなリノベーションをしたいのかによって選定業者は変わる

 
すべてのリノベーションを行なうという会社が同じ仕事を行なうわけではありません。
もともと水道などの設備屋がリノベーションを行なっている場合、トイレの増設など配管やり変えが伴う工事などには実力を発揮します。

しかし同じ会社でも天井が高い部屋に中2階のリフトを作りたいなどという場合は、どうしても現場能力が乏しくなります。
そういう場合はむしろ工務店や設計事務所だった会社にお願いしたほうがいいでしょう。もちろん専門外のリノベーションをお願いしても「うちなら出来ます」と言ってくるでしょう。

しかしその会社には専門の職人がいないために、結局は工事を他の専門業者に流して自分たちはマージンをもらうという形を取ります。
当然、料金は割高になるでしょう。
ではどうやって自分の希望するリノベーションにあった企業を選ぶことができるでしょうか?

 

リノベーションの施行実績を見る

 
今までのリノベーションの実績を写真で見せてもらいましょう。
実績を見せられない会社はどんなに料金が安くてもパスしたほうがいいということになります。

キッチン周りの改造、水周りの交換、クロスの張替えなどリノベーションといってもいろいろあります。
自分がやりたいリノベーションの施行実績はあるでしょうか。
無ければいくら「問題なく出来る!」と主張されても見送ったほうが賢明です。

 

良い会社を探す裏技

リノベーションを確実に成功させたいのであれば、一つとてもよい裏技があります。

それは理想のリノベーションを完成させているお家(事務所)の人にどこの会社が施行したのか聞くことです。

当然同じような施行をしてもらえると期待できるでしょう。
良い会社をさがす裏技は施行会社にいろいろ尋ねるのではなく、施工してもらった人から聞いて探すのです。

 

相場を知っておく

 
リノベーションには相場があります。

相場を知っておくのは非常に重要です。
少し前に何千円かの送風機を床下に何台か設置しただけで1千万円請求されたという問題もありました。

その逆で、材料代だけでも20万位するのに、10万円でやってくれと無茶をいうお客さんもいるようです。

お客さんからすると10万円は大金ですから素人の感覚で交渉されると業者もたまりません。
よってぼったぐられないためにも、自分勝手で失礼なお客にならないためにも、相場を知っておく必要があります。

相場を理解するために少し例を挙げましょう。

システムキッチンをとりつけるとします。まずはネットで定価を調べましょう。

定価50万ほどであるなら、業者は卸値で仕入れる(定価の半額くらい)ことができますから、儲けを加算して30万~40万円を材料代として請求されるなら妥当ということになります。
一人当たりの職人の工賃ですが1日3万円で見積もるほうがいいでしょう。
(職人本人がもらうのは1日1万~2万、会社の取り分がある)さらに、今あるキッチンの撤去費用と処分費用があるでしょう。

数十万円です。ざっとですが全体の工賃が70~100万円という見積もりであれば相場ということになります。

 

騙されないためのコツ

 
騙されないためのコツは、先ほどの材料代定価を調べることと、質問をすることです。

「定価はいくらと出ていましたが、御社ではおいくらで卸しから仕入れられるのですか?」とか「工事期間はどれくらいの見積もりで、一人一日あたりどれくらいの日当が発生しますか」「撤去は費用はどれくらいになりますか?」など質問を多くすることで、適正な価格にしてもらえます。

 

良い企業を探すのは簡単ではない

 
リノベーション業界は不適合業者が8割も占めていると言われています。

施行そのものは良くても商業主義が蔓延しているので、適正価格の何倍ものお金を請求されることも多いようです。
上記の情報を基にしてぜひとも満足のいくリノベーションを成功させてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

リノベーションのデザイナーは自分?それとも業者?

リノベーションで重要なのは以前よりも良くなること リノベーションで一番重要な要素 …

壁紙でリノベーション 失敗パターンと成功パターン

費用の安い壁紙張替えではあるが注意が必要 一番安い費用でリノベーションを成功させ …

窓を設置するとこんな得をする!予想もしないメリットとは?

今ブームともなっているリノベーションの1つとして、窓がもともとなかったところに窓 …

建設業に通じている人必見!リノベーション業界への正社員求人は多いが、一番儲かるのは…

今伸びがあるリノベーション業界への求人 現在日本には760万件もの空き家が存在し …

床のリノベーションの成功させるポイントは2つだけ

床のリノベーションの鍵は素材と色 家の雰囲気を変えるだけでなく住み心地も変えると …

お子さんの喜ぶ人気のリノベーションのアイデア特集

お子さんが帰って楽しいと思えるお部屋へリノベーションを 自分のおうちはどこよりも …

ウォークインクローゼットの落とし穴 これを知らないと大変なことに…

ウォークインクローゼット人気はあるが注意が必要 人気急上昇のリノベーションの一つ …