イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

建設業に通じている人必見!リノベーション業界への正社員求人は多いが、一番儲かるのは…

   

今伸びがあるリノベーション業界への求人

現在日本には760万件もの空き家が存在します。

バブル時代の建設ラッシュの名残でたくさんの住宅が余っているのです。
新しく土地を購入し家やマンションを建てるのは現在も行なわれていますが、以前より少なくなりました。

今時代の流れは、中古の部屋を新品同様に変身させるリノベーションです。

新築マンションやビルは人気も高く価格も高いのですが、空き家・空きテナンはトいたるところに存在します。
リノベーションなら水道などの基本設備はそのまま使用できるので新築よりもかなりの費用節約になります。
リノベーション重視の傾向は求人情報にも反映されています。
建設業にある程度通じている人は人気が高まりつつあるリノベーション業界に転職するのもいいかもしれません。

 

増えていくリノベーションの需要

 
部屋の一部を改造してリフト部屋を作りたい。
間仕切りがたくさんあった事務所を改造してオープンなオフィスへ変えたいなど、リノベーションの需要は増え続けています。

求人情報を見ていてもリノベーション業界からの求人は常にあり、何かしらの建設業に通じている人であれば転職を考えるのもいいかもしれません。

リノベーションというのは全くの素人ではなかなか出来ないものです。

建物の構造、内装の仕組み、改造していい部分と改造してはいけない部分などの見分けは素人では分からないからです。

建設関連の会社はリノベーションの需要の多さから、新たにリノベーション部門の立ち上げを行なってきています。

もちろん業界に通じた技術者が不足するわけで、正社員としての就職を望んでいる人は狙い目の業界かもしれません。

 

リノベーション業界の求人-どんな技術が求められる?

 
大工でも、水道でも、電気でも現場で一人で働くことができる技量があればリノベーション業界で重宝されます。

一人で働けるということは応用が利くを意味するからです。
例えば電気工事を専門でしていた人も、石膏ボードの補修の仕方、穴を開けていい場所といけない場所の見分け、ちょっとした大工工事や左官工事も出来なくては一人前の電気工事士とは言えません。

つまり以前の仕事で一人で現場に入れた人はリノベーションの監督を行なうことが可能です。

こういう人は必要とされるでしょう。
建設関係の技術はさほど無くても見積もりができて営業の経験がある人は重宝されます。

リノベーションの仕事は営業でとってくるものだからです。
以前に営業である程度の成績を残したとアピールできるなら正社員での就職も可能でしょう。

 

求人か企業か?

 
このリノベーションという世界は元はと言えば建設業なので、残念ながら昔からの上だけ儲かる体質が残っています。

正社員として就職する希望はありますが、年収は300万~400万止まりといったところかもしれません。

この業界には伸びがあるので、本当に成功したいのであれば、いま起業するのが良いという人もいます。

もちろん最初は営業、見積り、材料調達、施行まで一人で行なう覚悟が必要ですが、どこかの下で働くよりも確実に儲かるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

お子さんの喜ぶ人気のリノベーションのアイデア特集

お子さんが帰って楽しいと思えるお部屋へリノベーションを 自分のおうちはどこよりも …

リノベーションのデザイナーは自分?それとも業者?

リノベーションで重要なのは以前よりも良くなること リノベーションで一番重要な要素 …

床のリノベーションの成功させるポイントは2つだけ

床のリノベーションの鍵は素材と色 家の雰囲気を変えるだけでなく住み心地も変えると …

ウォークインクローゼットの落とし穴 これを知らないと大変なことに…

ウォークインクローゼット人気はあるが注意が必要 人気急上昇のリノベーションの一つ …

窓を設置するとこんな得をする!予想もしないメリットとは?

今ブームともなっているリノベーションの1つとして、窓がもともとなかったところに窓 …

壁紙でリノベーション 失敗パターンと成功パターン

費用の安い壁紙張替えではあるが注意が必要 一番安い費用でリノベーションを成功させ …

リノベーションの企業選びのコツ これは目からうろこ…

リノベーション企業の選定は簡単ではない リノベーションをしたいという場合何から始 …