イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

家は住むだけとは限らない!金のなる木とする方法

   

老後の生活に備える新たな一手 トウシェルの不動産投資で資産運用

>>>トウシェルの公式サイトはコチラ!

家というのは自分が住むだけのものとは限りません。家を資産として運用すれば、金のなる木ともなりえます。

今後日本の少子化は進んで、65歳からもらえる年金も10年後20年後には、生活を十分に支えるものとなるかどうかは分からないだろうと専門家は分析しています。

賢い人はまだ働ける今のうちに、持っている資産を運用し老後の安定した保障としたいと考えます。どんな資産運用方法が安全かつ確実なのでしょうか?それは不動産投資です。

資産運用としての投資

資産は眠らせておくと、物価の上昇と共に価値が下がってきます。今の100万円と10年後の100万円の価値は同じではありません。まとまったお金を銀行にお金を預けていても、10年間でつく利子というのは雀の涙であるばかりか、引き出し手数料のほうが優に利子を上回ってしまうでしょう。つまり上手に資産を運用したいのであれば、銀行に預けるのは得策ではないのです。資産を運用して増やすための方法は「投資」です。

投資と聞くと、まず「リスク」が頭をよぎるかもしれません。もちろんリスクのない投資などはありません。しかし投資の中には、リスクの大きい投資とリスクの少ない投資というのがあります。例えば投資の1つ「株式投資」は勝ち組よりも負け組みが多いと言われています。「FX」と言われる外貨を購入する投資方法も、やはり株と同じく先が読めないものなので、素人は失敗してしまうことが多いでしょう。

今もっともリスクの少ない投資方法として注目を集めているのが、「不動産投資」です。今ある自己資金を用いて不動産物件を建てる、もしくは購入して、その家賃収入を得るというものです。もちろんある程度の資金を支出した上で後から家賃収入を得るのでそれなりのリスクが伴うのですが、不動産投資が他の投資法よりも、より安全で有効な投資法といえる4つの理由があります。

不動産投資が安全な投資法と言える1つ目の理由は、不動産投資は「毎月の定期収入を長期にわたってもたらすものだから」です。他の投資と比較して見ましょう。株式投資の場合はどうでしょうか?株式投資による収入源と言えば半年に一度の配当金ですが、投資先の会社が景気が悪ければ配当金は出ません。投資すればほぼ確実に収入をもたらすというものではないのです。

一方不動産投資というのは空家割合の増減によって収入の多少の幅はあるものの、確実な収入を毎月もたらします。日本は65歳から年金支給となりますが、十分な生活費とまではいかないかもしれません。比較的資金力があるうちに、不動産という形で投資しておくならば、年金以外の毎月の固定収入が見込めるのです。他の投資方法では決して得られないメリットでしょう。

2つ目の理由は「資金回収率の高さ」です。他の投資と比較して見ましょう。株式投資の場合は、株の価値は上がることもあるでしょうが、下がることもあります。周知の事実ですが、よっぽどの株トレーダーでもない限り、一般人が持っている株の価値は、上がることより下がることのほうが多いでしょう。つまり素人は投資しただけの資金をなかなか回収できないのです。

しかし不動産投資の場合、投資先で災害が起きるなど、よほどの不幸が起きない限り10年~20年で投資資金が回収できてしまうのがほとんどです。資金が回収できる可能性が他の投資より高い分、低リスクと言えるでしょう。

3つ目の理由は「節税効果が得られること」です。不動産投資というのは、アパートなどを建てて賃貸物件したり、中古のマンションを購入することになります。建設した、もしくは購入した不動産は、減価償却費として年間100万円以上の経費を税金申告時に計上できます。しかも何年間にも渡って経費として計上できるのです。経費としてたくさん計上できるとその分所得額を減らすことができ、所得税や市県民税、年金、健康保険料などが安くなります。

他にも不動産投資に伴う固定資産税や借入金利、修繕費、管理費なども経費に計上できます。現在年収がある程度あり、たくさん税金で持っていかれてしまうという場合には、不動産投資を始めるとかなりの節税効果が見込めます。

4つ目の理由は不動産投資は「方法がいろいろ選べる」という点です。不動産投資というと、アパートなどを建設して賃貸で家賃収入をえることなどが一般的ですが、アパート建設となると通常5000万円以上の資金を用意することになるでしょう。しかし不動産投資の中には、区分マンションを購入してそれを転売するという投資法もあります。投資金は何百万円かあればできてしまいます。

資金がたくさん用意できる人も、あまり用意できない人も資産運用をはじめられるというのは不動産投資の魅力です。

不動産投資特化型サービス「トウシェル」

不動産投資は他の投資法よりも確実に利益を上げやすいのですが、やはり素人が自分の知識だけで投資するのは危険です。世の中には知識のない投資家の足元を見て、収益性のない物件を購入させようとする人はたくさんいるからです。実際のところどのような物件が利益になりやすいのかは、不動産の専門家だけが知っています。

節税対策で不動産投資をしようという場合も、素人は自分で行なってしまうならば本来経費として計上できるものも計上せず、余計な税金を支払うことになるでしょう。やはり税金削減はその筋の専門家である税理士などの知恵を借りるのが一番です。

収益物件に関する知識にしても、税金対策に関する知識にしてもそれを持たずに始めるのと、十分な知識を得た上で始めるのには大きな違いがあります。そこで不動産投資をしたい人が事前にその筋の専門家に相談できるサービスができました。それが不動産投資特化型サービス「トウシェル」です。専門家から知識を得るのは通常相談料がいるのですが、トウシェルを経由すれば、無料で不動産投資の専門家と面会相談ができます。

実は不動産投資会社側としても、投資をしたいというお客さんの情報を探しています。全国各地には利益となる物件が多数存在しているのですが、投資会社にも資金力に限界がありますし、できれば少しのリスクも負うことなく情報提供だけで利益を得たいと思っています。そこで不動産投資の意思のある人に収益物件の情報と不動産売買のノウハウを無料で提供し、不動産売買の手助けをすることでWin-Winの関係を築き、利益を得ようと思っているわけです。

不動産投資会社の中には悪徳会社と言われるような会社も存在します。収益が上がらないと分かっている物件を無理やりに個人投資家に売りつけようとするかもしれません。いったん断っているにもかかわらず、何度もしつこく不動産投資をするように圧力をかける会社もあることでしょう。しかし私たちはどこが良識的な不動産投資会社でどこが悪徳会社なのか見分けられないのです。

トウシェルは数多くある不動産投資会社を登録制として、悪徳会社を排除し、良識ある不動産投資会社だけ残るシステムを確立しました。トウシェルを利用すれば信頼できる不動産の専門家だけに相談できるのです。トウシェルに相談に来る人の90%は初めて不動産投資を行なう人なのですが、それでも安心して相談ができるというのがトウシェルの大きなメリットでしょう。

トウシェルの資産運用相談サービス

無料でなおかつ安心して不動産投資の相談ができるトウシェルではありますが、具体的にどんなサービスを展開しているのでしょうか?不動産資産運用を専門にしている会社だけあって、実にかゆいところに手が届くサービスを展開しています。主なサービスを4つ紹介していきましょう。

何回相談しても無料

トウシェルのサービスの1つ目は、無料で不動産投資の専門家に相談できることです。特に初めて不動産投資を行なう方は、どこから手をつけたらいいのかさえ分からないかもしれません。専門家が不動産投資のイロハを教えてくれて、どのように不動産投資を進めて行けばいいのかをアドバイスしてくれるのは大きいでしょう。しかもそれらの相談を、無料でしてもらえるのです。

また無料相談で、不動産投資を行なう上での特殊な知恵も伝授してもらえます。例えば自己資金が少ない場合でもどうすれば銀行融資を引き出せるのか、税金対策でどれほど不動産投資をフル活用できるかなどはネットで調べても得られない情報です。トウシェルを通して紹介された専門家ならこれら貴重な情報を無料で教えてくれます。

また、一度相談したあと、また他のことを相談したいということもあるでしょう。そのときは有料でしょうか?いいえ。トウシェルを通して紹介された専門家とは何度相談しても無料なのです。

ストップコール制度で安心

もちろん相談の相手は不動産投資を専門としている会社の人なので、実際に不動産投資をしたいときはその相談相手の会社を通して投資することになります。ボランティアではないので、そうでないと無料で相談に乗ってくれることはありません。しかしトウシェルは契約している不動産投資会社は「無理な勧誘をしてはいけない」ことになっています。トウシェルが良識ある不動産投資会社だけを選んでいるので、強引な営業はないと確信していいでしょう。

しかし不動産投資会社側から、「どれくらい投資のプッシュを受けたときに圧力と感じるか」というのはそれぞれ違いがあります。もしも自分が圧力と感じたならば、その時点でトウシェルの「ストップコール制度」を活用できます。

「もうその不動産投資会社から連絡させないでほしい」とトウシェルに伝えると、すぐにトウシェルからその旨が伝えられ、不動産投資会社は2度と連絡してくることはありません。「ストップコール制度」で何人ものお客さんから同じ不動産投資会社に苦情が上がってしまうと、そこはもうトウシェルを通して投資家の情報が得られなくなります。そのようにして良識ある不動産投資会社だけが残るシステムとなっているのです。

個別相談専門サービス

他社でよく行なわれる不動産投資の相談というはセミナー形式です。ひとつの会場にたくさんの不動産投資希望者が集まって、ひとりの不動産専門家の説明を受けるというパターンです。

ですが考えてみてください。資金力も、不動産投資の目的も、住んでいる場所も異なる人たちに同じ講義をして、どれほどの人が自分に合った情報を得ることができるでしょうか?不動産投資と言っても、何千万という財力がある人が一等地にアパートを建てるのと、何百万という限られた財力の人が、小さな投資を行なうのとでは、明らかに方法が違います。

そこでトウシェルでは個々の投資家たちのニーズにこたえることができるように「個別相談専門サービス」を取り入れています。不動産投資の専門家と自宅やカフェで個別に会って、顧客の資金力や投資目的に基づいた投資提案がなされます。セミナー形式の場合は単に不動産投資会社の資金集めの場となるケースも少なくありませんが、個別相談を行なうことによって、投資家も投資会社もWin-Winの関係を築くことができるのです。

中立的な立場でサポート

自分のマネープランに合わせて個別に相談できるのは嬉しいのですが、相手は不動産会社で自分は素人です。自分に必要な提案だとは感じても、心の中で「もしかして相手だけが得となるように言いくるめられているのではないだろうか」と心配になるかもしれません。

ここで力を発揮するのが、トウシェルの存在です。トウシェルはそのものは不動産会社ではなく、中立の立場にあります。相談の中身において不安に感じることがあれば、トウシェルのコールセンターに相談するとよいでしょう。必要とあらばストップコール制度を適用してくれ、これ以上投資の圧力をかけてこないようにしてもらうこともできますし、交渉をストップしないまでも、こちらの心配を中立の立場で投資会社側に伝えてもらうことができます。

トウシェルは投資会社に肩入れすることなく、お客さんサイドでサポートしてくれるので安心です。素人である私たちが不動産のプロに相談する上で必要な存在ではないでしょうか。

>>>トウシェルの詳しいサービスについてはコチラ!

相談の申込から相談会までの流れ

トウシェルをさっそく利用してみたいと思った方も、まずは利用の流れを知っておくと安心できます。トウシェルは申し込みから不動産投資の検討まで7つほどの段階に分かれています。

無料相談の申込

まずはトウシェルのホームページにある申し込みフォームにしたがって、情報を入力していきます。この時点で連絡がつきやすい日時などを指定できるので、相談のすべての過程において都合の悪い時間帯に電話が掛かることはありません。フォームにある情報をすべて打ち込むとトウシェルから受付完了メールが自動配信されます。

担当アドバイザーの決定

しばらくすると、トウシェルの事務局オペレーターから申し込み内容の確認電話が掛かってきます。必要であればこの時点でトウシェルの担当者に、どんなことを専門家に無料相談したいのか伝えましょう。相談したい内容に基づき、不動産投資会社の担当アドバイザーが決定されます。無料相談という性質上、地域によってはお客さんの都合の良いところまで来てくれるアドバイザーが紹介できないケースもあるようです。

面接日時と場所の決定

トウシェルとの話し合いにより担当アドバイザーが決まると、3営業日以内にそのアドバイザー自身から当人宛にあいさつの電話が届きます。あいさつと共に面談日時の調整が行なわれます。場所は指定できますが、落ち着いた環境で相談する必要があるので、自宅か静かなコーヒーショップなどが好ましいでしょう。

訪問・面談開始

約束された時間と場所で面談が行なわれます。まずはどんな不動産投資がしたいのか、不動産投資をする上でどんな点が心配なのかなど、自分の思いにあることを何でも伝えるといいでしょう。トウシェルの最大の特徴は一対一の面談で個々に合った不動産投資プランを提示できることです。気になる点は何でも伝えるといいでしょう。

相談実施

面談により個々特有の情報が担当者に伝わると、それに基づいてアパート建設、区分マンションの購入などそれぞれの資産運用でどれくらいの収入が見込めて、どれくらいのリスクがあるのかを教えてもらえます。そして最終的には個々の状況にあった資産運用方法を定められていくでしょう。不動産投資の方向性が決まると資産運用の検討になります。

資産運用の検討

投資の方針が決まると、具体的にどのように資産を運用していくのか検討に入ります。初期投資はどれくらいにするのでしょうか?銀行からの借り入れはどの程度にしますか?いつ不動産物件を建設、もしくは購入すると良いでしょうか?具体的な資産運用の方法を詰めていきます。もちろん実際に投資するとなる大きなお金を動かすことになるので、一度の相談だけで投資の契約を結ぶのは難しいかもしれません。

2,3回目の相談

トウシェルから紹介されたアドバイザーとの話し合いは、2回目、3回目と複数回になっても無料で行なわれる取り決めになっています。トウシェルを利用する人の90%以上は不動産投資が初めてという方です。心配な点は納得がいくまで担当者に相談できるのは安心でしょう。

>>>トウシェルをさっそく利用してみよう!

どんな人におすすめ?

優良な不動産投資会社と無料で何度でも相談できるトウシェルのサービスですが、どんな人が利用すると良いでしょうか?トウシェルは次の3通りの方々に向いています。

トウシェルはまず「資産運用初心者」におすすめです。「不動産投資には興味があるけれども何から初めたらいいのか分からない」という人がほとんどでしょう。専門家から投資の具体的な方法がアドバイスしてもらえるのは嬉しい限りです。また初めての人ですと「騙されることはないだろうか」という不安があるかもしれません。トウシェルという中間業者を介することで、一定の信頼が置ける専門家のみに相談できるのは安心です。

続いてトウシェルをおすすめしたいのが「小額から資産運用したい人」です。不動産投資会社にはさまざまな種類があるのですが、中には小額の資産運用方法に長けている会社もあります。駅から近い中古のマンションを200万円で購入し、すぐに他の人に300万円で販売することなどは、知識があればけっこう簡単にできてしまいます。小さな資産を増やしていくことを目標にしている人は、トウシェルを通してその筋の専門業者を紹介してもらえるでしょう。

最後にあげるトウシェルをおすすめしたい人が「不労所得を得たい人」です。退職してから年金までの間の収入源、もしくは限られた年金以外に月収を得たい人は、確実性の高い不労収入となる不動産投資をすると良いでしょう。不動産投資は自らアパートの建設計画を建てて行なうこともできますが、やはり素人の目ではどんな物件が安定した収入になるのか分かりません。トウシェルを通してその筋の専門家の知識を借りるなら確実な不労所得を得ることができます。

申し込むにも条件が

将来に向けて不動産投資をするのに利用価値の高いトウシェルではありますが、無料でサービスを受けるという性質上、申し込むのに一定の条件があります。

年収制限-不動産投資をするにはある程度の資金力が必要です。定められているラインは年収400万円以上となっています。申し込みフォームの中にも年収の記入欄がありますが、もしも年収が400万未満なら残念ながらトウシェルのサービスは利用できません。

年齢制限-不動産投資をする際に投資会社と契約を結ぶ必要があるため、法律的に契約が有効な歳ではない20歳未満の人はサービスを利用できません。さらに定期的な収入確保という観点から60歳以上の方もサービスが利用できません。

職業制限-定期的な収入を基に不動産投資を行なうという前提があるために、無職や個人事業主などはサービスを利用できません。公務員やサラリーマンなどが適しています。

利用回数制限-トウシェルを利用できるのは一家族につき1度までとなっています。もちろんその1度の機会で納得のいくまで複数回の相談が可能です。関係する家族とよく話し合い投資の方針を固めた上で、一度だけの無料相談を利用するといいでしょう。

居住制限-基本的に全国どこでも対応していますが、中には距離の問題でアドバイザーが対応できない区域というのもあります。

利用意思の確認-トウシェルも紹介された不動産投資会社もそれなりの時間と費用をかけて無料相談に応じてくれます。ですから明らかに不動産投資をする意思がないと認められる場合にはこのサービスを利用できません。しかしトウシェルは不動産投資成約ありきのサービスではなく、相談する不動産投資会社を紹介するサービスなので、投資の意志は確実にあるものの、実際に投資しない場合は何の問題もありません。

まとめ

ここまで不動産投資を考えている人がその筋の専門家に相談できるトウシェルのサービスについて見てきました。トウシェルは単なる不動産投資セミナーとは違い、さまざまな形の不動産投資を考えている人が、自分に合った投資方法に出会える入り口なのです。

今までトウシェルのように、一対一の形で相談に応じてくれる不動産投資専門家を紹介してくれるサービスは、日本にありませんでした。今後トウシェルを通して、いままで敷居が高かった不動産投資が身近なものとなっていくことでしょう。

石橋を叩いて渡るのは日本人の特有の特質です。でもその特質ゆえに、どうしても今ある資産を投資して運用することに関しては慎重になってしまっていたことでしょう。しかしリスクのある資産の運用も、トウシェルがガイドとなる専門家を紹介してくれれば安心でしょう。

失敗を恐れて今もっている資産を活用しないことは、壊してしまうことを恐れてパソコンを使わずに家で眠らせておくのと似ています。資産は「使って初めて価値が生まれる」ものなのです。高齢化が進む日本において、安定した老後に備えるには自分で行動するする必要があるでしょう。トウシェルを通して信頼できる不動産投資会社に資産運用の相談するのは、今打てる確実な一手なのかもしれません。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

不動産投資に失敗する人の特徴とは?失敗実例からその原因を分析してみる

今や不動産投資は専門業者や資産家だけが行うものではなく、一般のサラリーマンなどそ …

不動産投資を副業で行う場合のメリットとデメリットは?会社の副業規定は大丈夫!?

会社の給料の他に毎月家賃収入が得られる。 一般的なサラリーマンであれば誰もが憧れ …

不動産の押し売りでよくあるセールス手法とは?押し売りへの対処法解説

商品の押し売りといえば、生活必需品など比較的に金額が高くなく買いやすいものが多い …

不動産投資で融資を受けるためのポイントとは?受けられる金融機関も知っておこう!

一般的なサラリーマンが不動産融資を行おうと考える場合、自分の年収であればどれぐら …

アパート経営による不動産投資はハイリスク・ハイリターン!?気になるポイント解説!

サラリーマンや主婦などの一般的な投資家にとって、一棟ものとなるアパート経営を行う …

不動産投資を行うときに必要な利回りによる収益向上のメカニズム徹底解説!

収入を増やしたい、または収入源を多くしたいと考える人の中には、投資を行うことも1 …

不動産投資を行う場合、知識不足と誤解による認識は致命的な失敗となる恐れあり!

一般人の人でも経済的な自由を手に入れることが可能な手段として、近年、不動産投資に …

年収と自己資金、どの程度の目安で不動産投資を始めることが理想なのか?

不動産投資を始めたいと考えたとき、自身の年収や自己資金の額がどのくらいあれば始め …

不動産投資にかかる初期費用や運用資金額が知りたい!アパート・マンション別に解説

不動産投資を行おうと考えたとき、まず気になるのが費用の問題でしょう。一般的なサラ …

不動産投資会社の評判を比較・分析し投資のリスク管理を徹底する!

サラリーマンや主婦など個人で不動産投資を考えている場合、あまりリスクの大きな物件 …