イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

エコ素材で外壁塗装!自然塗料でシックハウス対策をしよう

   

シックハウス症候群に悩まされる世帯も少なくない

シックハウス症候群という言葉を聞いたことのある人も多いでしょう。シックハウス症候群は、建材に有害な物質が含まれていて、それが屋内の空気に含まれることで体のいろいろな不調を引き起こす現象のことです。このシックハウス症候群に悩まされる事例は毎年少なからず発生しています。

例えば2009年度のデータによると、住宅リフォーム・紛争処理支援センターという財団法人には100件ちょっとの相談が来ています。また国民生活センターにも300件近くの相談が持ち込まれています。決して珍しい問題ではないことが、この数値を見ればお分かりでしょう。

シックハウス症候群対策として、自然塗料を使用する方法が注目を集めています。従来外壁塗装で用いられる塗料は、石油系の合成樹脂塗料の使われているものが多かったです。しかしこのような人工的な樹脂塗料ではなく、自然素材を使った塗料のことです。

具体的に自然塗料とはどのようなもの?

現在のところ、国内メーカーで自然塗料を生産しているところはほとんどありません。日本国内で使われている自然塗料は、ドイツから輸入されたものです。ドイツの場合、エコに徹底していて、原料の調達から使用・廃棄に至るすべての家庭に自然に配慮しているのが特徴です。ドイツでは、すでに30社ほどの塗料メーカーで自然塗料を取り扱っているほどポピュラーなものになります。

自然塗料といっても具体的にどのようなものを原料に使っているかですが、まず樹脂はヒマワリ油大豆油のような植物性のものが多いです。食品でも使えるほどの高い安全性を担保しています。このような自然素材の塗料を使うことで、木材の質感を失うことなく塗装できると注目を集めています。

自然塗料はその中でもさらに3つの系統に分類することが可能です。オイル系は木材に浸透しやすい特性があります。ワニス系は樹木や昆虫などを主成分にした塗料で、調湿作用に優れています。ワックス系は蜜蝋を主成分として使用しているので、極めて安全性は高いです。ただしワックス系の自然塗料だけで外壁塗装をした場合、劣化も早いです。よってこまめにメンテナンスをする必要があります。

自然塗料のメリット・デメリット

自然塗料のメリットとして大きいのは、やはり住宅の中にいる住民の健康を害する心配のないところです。化学由来の物質の塗料の場合、人によっては吐き気や頭痛のようなシックハウス症候群をもたらすリスクがどうしても付きまといます。しかし自然塗料であれば、このようなシックハウス症候群を引き起こす心配はまずありません。

小さなお子さんの場合、有害な物質が屋内に出てくるとアレルギー体質になる恐れがあります。子供のいる家庭の場合、自然塗料で外壁塗装をした方が安心でしょう。

自然塗料にはメリットのある半面、デメリットもありますので留意する必要があります。石油系の塗料の場合、乾燥時間が短いので工期を短縮できるメリットがあります。しかし自然塗料の場合、乾くまで少し時間がかかります。その結果、工期がどうしても長引いてしまいます。

また従来の石油系塗料と比較すると、耐候性に少し劣るところがあります。このため従来の塗料よりもこまめにメンテナンスをする必要があるかもしれません。また石油系塗料と比較すると、費用が少しかさむ可能性があるので見積もりをしっかり確認する必要があります。

自然塗料の注意点

自然塗料を使って外壁塗装をする場合、まず費用がどのくらいかかるのかと気にする人も多いでしょう。どのような自然塗料を使用するかによって、価格はだいぶ違ってきます。自然塗料を取り扱っているメーカーによっても価格は変わってきますので慎重に比較しましょう。

メーカー別に見ていくと、1平方メートル当たりのコストは安いところだと70円前後です。しかし値の張るメーカーのものを使用すると、1平方メートル当たり480円強かかるような商品もあります。このように同じ自然塗料でも、価格で見ると7倍近くも異なることがありますので注意したいところです。

またもう一つ自然塗料で注意すべき点として、安全性は極めて高いけれども万人が安心して使える塗料ではない点に注目しましょう。天然由来の物質といわれると安全と思っている人もいるでしょうが、果物や花粉などの自然のものに対してアレルギー反応してしまう人も少なからずします。つまり自然塗料に含まれる原料によっては、アレルギー反応を示す人も出てくる可能性はあります。

そこでもし自然塗料を使用するのであれば、アレルギーに関するテストを行ったほうが安心です。例えば使ってみたい自然塗料を選んだ場合には、その塗料の臭いをかいでみましょう。もしくは試し塗りという形で施工する建材の一部を塗ってみて、しばらく様子を見ましょう。もしアレルギーなど何かしらの体調不良が出た場合には、その塗料は使用しない方が賢明です。

自然塗料であれば絶対に安全と思い込んで、外壁塗装で利用してしまう人もいます。石油系の従来の塗料と比較すると安全性は高いですが、100%絶対に大丈夫という保証はないことも頭に入れておくべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

セルフクリーニング機能に優れた光触媒塗料は次世代の塗料になりうるか?

次世代の塗料 外壁塗装に用いられる塗料は今でもなお進化しています。その中でも次世 …

新築住宅の塗装で使われるアクリル系塗料は安さが魅力

新築の外壁塗装で使われることの多いアクリル系塗料 塗料にはいろいろな種類がありま …

自分で塗装?それとも業者に依頼する?あなたはどちらに向いているか?

DIY好きの人からすれば、自分の家の外壁まで自分で塗装できたら、その達成感はどれ …

塗装工事中の破損や汚れの事故 だれに責任負わせますか?

塗装業界で働いていると良くわかることですが、何の失敗もなしに塗装業を続けることは …

外壁塗装でよく使われている塗料の成分にはどのようなものがある?

現在ポピュラーなのはシリコン樹脂系塗料 外壁塗装で使われる塗料は、いろいろな成分 …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

外壁塗装工事に思わぬ伏兵 「ご近所待った!」が起きないために

近隣トラブルで急に外壁塗装工事が中断するというのはよくあることです。 予想以上に …

都市のビルで用いられることの多いフッ素系塗料。使用するメリットとデメリットは?

フッ素系塗料とはどのようなもの? フッ素系塗料とは文字通り、塗料の主成分を構成す …

外壁塗装は気候に左右される・どの季節が最もおすすめ?

外壁塗装できない条件を理解しよう 外壁塗装は基本的に自分が「やりたい」と思うタイ …

木製の家の場合のおすすめ外壁塗装の塗料3選を紹介

ウレタン系塗料 木造住宅で外壁にひび割れが起きた、剥がれが生じているのであれば、 …