イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

次世代の塗料!ラジカル塗料のメリットとデメリットについて紹介

   

最新鋭の塗料として注目

外壁塗装の塗料として、近年注目を集めているのがラジカル塗料です。ラジカル塗料は日本ペイントなどで発売された塗料で、2015年ごろから登場した最新鋭の種類です。今までの塗料から進化した特徴を持っているとして注目を集めています。塗料メーカーの中でも最も力を入れている塗料の種類とされています。

ラジカルとは、塗料の白色顔料が太陽光を吸収することで発生する物質のことです。実はラジカルがたくさん発生することで、塗膜を劣化してひび割れなどを引き起こします。○○塗料といわれると、その○○が含まれている種類であることが多いです。しかしラジカル塗料は、ラジカルが配合されているわけではないです。ラジカル塗料とは、塗料の劣化要因となるラジカルの発生を抑制する塗料のことです。

ちなみにラジカルの発生を制御するために入れる物質として、ハルスが使われています。そこでハルスハイブリッド塗料ハイブリッド塗料と呼ばれることもあります。これらもラジカル塗料と性質は一緒です。
ラジカル塗料に使われている成分ですが、メーカーによって若干異なります。しかし一般的には以下で紹介する2種類の成分が配合されています。

まずは高耐候酸化チタンです。通常酸化チタンはラジカルを発生させる原因物質なのですが、高耐候酸化チタンは従来と違って、ラジカルバリアを作る特性があります。このため、ラジカルを外に出さないようにする性質を持っています。結果的に樹脂の分解を抑制し、塗膜が劣化しにくくなります。

もう一つの成分として、光安定剤があります。これは日光を浴びることで発生するラジカルをとらえて、その働きを抑制する効果があります。結果的に塗膜にラジカルが発散するのを予防できます。この2種類の成分によって、塗膜の劣化を防げます。外壁塗料として、機能性に優れているので注目を集めているわけです。

ラジカル塗料のメリットは?

ラジカル塗料のメリットは上で紹介したようにラジカルの生成や働きを抑制できるので、耐久性に優れている点です。一般的な外壁塗料の一つであるシリコン塗料は10年程度で寿命が来るといわれています。一方ラジカル塗料の場合、15年程度は持ちますので従来よりも1.5倍の耐久性を持っています。

防汚性にも優れています。ラジカル塗料の塗膜にはつやがありますので、汚れが付着しにくいです。もし汚れが表面に付着しても、雨水などで簡単に落ちてしまいます。ですからいつまでもきれいな状態を維持できます。

防藻・防カビ性に優れているところも、ラジカル塗料のメリットといえます。北向きの外壁は通気性が悪いのでカビや藻が発生しやすいですが、ラジカル塗料を使えば安心です。外壁の衛生環境がいいので、アレルギー体質の方のいる自宅に最適です。

これだけ機能性の高いラジカル塗料ですが、それほど高くないのも魅力です。1平方メートル当たりの価格は1500~2000円が相場です。シリコン塗料と比較しても、決してそん色ない安さです。

しかもラジカル塗料はどのような外壁でも使用できるところもメリットです。下地材が金属サイディングや窒素系サイディング、モルタル、コンクリート、ALCパネル、木部、亜鉛メッキ、アルミ、銅板といった感じでありとあらゆる外壁素材でも塗布することが可能です。

さらに外壁塗装用のラジカル塗料の場合、水性で一液タイプの商品がほとんどです。このため、手間をかけることもなく比較的簡単に作業できます。伸びもいいので、ローラーや刷毛を使って簡単に塗布できます。誰でも使用できる万能性もラジカル塗料が人気の理由の一つです。

ラジカル塗料に弱点はあるか?

上で紹介したように多機能性に富んでいますし、値段も安いです。しかしラジカル塗料にも弱点があります。

まず実績の少ないところが問題です。まだ本格的に使われるようになって数年しか経過していないので、先ほど紹介した15年の耐久性が本当にあるかどうか検証できません。また発売されて間もないので、業界的にもまだ高い知名度を持っていないのもネックです。塗装業者にラジカル塗料で外壁塗装をお願いしても、取り扱っていないケースも考えられます。

もしラジカル塗料で外壁塗装をお願いする場合、業者に扱っているかどうか確認しておいた方がいいでしょう。業者によっては、ラジカル塗料そのものを知らないというケースもあるほどです。

ラジカル塗料の場合注意しないといけないのは、まだ販売されて時間が経過していない分、商品ラインナップがあまり充実していない点です。このため、自分がイメージしている色合いや質感などをラジカル塗料では忠実に再現できないかもしれません。

ラジカル塗料による外壁塗装をお願いする場合には、実績のある優良な業者を探すことです。その上でラジカル塗料についての十分な説明を聞いたうえで、どの塗料を使って外壁塗装の依頼をするか慎重に決めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

つやのあるなしで分けると塗料は5種類に分類される

つやで分類できる塗料 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うかを決める必要があります …

外壁塗装をどのカラーで行う?ベスト5を参考までに紹介

外壁塗装をする場合、どの色にするかで迷うお客さんは多いようです。外壁塗装をする際 …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

格安外壁塗装業者のカラクリ 知らないと恐い…こんな理由で安いだけだった

ときどき他社とは比べ物にならないほどの安い価格で外壁塗装を行なうという会社があり …

おしゃれな外壁塗装のカギ―色と質感

念願のマイホーム購入する際に押さえておきたいのは、おしゃれで素敵な外壁です。 誰 …

都市のビルで用いられることの多いフッ素系塗料。使用するメリットとデメリットは?

フッ素系塗料とはどのようなもの? フッ素系塗料とは文字通り、塗料の主成分を構成す …

新発想―異素材の組み合わせて素敵な外壁を演出

最近の家はなんだかモダンでスタイリッシュな外壁が増えているような気がしますね。 …

自分で塗装?それとも業者に依頼する?あなたはどちらに向いているか?

DIY好きの人からすれば、自分の家の外壁まで自分で塗装できたら、その達成感はどれ …

数多く出ている塗料・その中でも人気の品種ベスト5は?

外壁塗装で使われる塗料には、いろいろな商品があります。その中でもプロの間で人気に …

イメージと違う!外壁塗装は塗りなおせるの?

家を見栄え良く、また保護してくれる外壁。塗り替えは少々出費がかさむものですが、同 …