イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

セラミック塗料は耐久性に優れる!でも注意が必要な点も

   

正しくはセラミックの配合されている塗料

外壁塗装をする際に、どの塗料を使うかも重要なポイントになってきます。選択肢の中には、セラミック塗料もあります。

まずセラミックとは、砂・砂利のようなもので粒の粗いものもあれば、微粒子でパウダー状になっているものも見られます。セラミックは固形なので、それだけで塗料にすることは不可能です。ですからセラミック塗料とは厳密にいうと、セラミックを配合した塗料ということになります。

塗料は通常、樹脂という化学成分で作られています。この樹脂の中にセラミックを混ぜ合わせたものを、セラミック塗料というわけです。

セラミック塗料といっても、配合されているセラミックの種類によって、いくつか種類があります。例えば、特殊なセラミックを配合しているメーカーもあります。球体のセラミックを配合することで断熱や遮熱性をアップしているセラミック塗料も見られます。そのほかにも真球無孔質セラミックを配合した塗料を販売しているメーカーもあって、遮熱効果を高めている商品もあります。さらにはカラーセラミックを配合することで、カラーの出せるような塗料を製造しているところも見受けられます。

セラミック塗料は耐久性に優れる

セラミック塗料のメリットとしてしばしば指摘されているのは、耐久性に優れている点です。セラミック塗料を外壁塗装に使用することで、セラミックによって壁を保護する形になります。一般塗料と比較するとセラミックは、2~3倍長持ちするといわれているのでなかなか塗料の劣化が起こりにくいです。

セラミック塗料の場合、外壁塗装をしてしばらく経過すると水分が抜け乾燥します。このときにセラミックが凝縮されるような形になるので、高密度のセラミックで外壁を守る形になります。日光の紫外線もしっかり遮断できるので、日焼けも起こりにくく建物の強度を落とさずに済みます。

そのほかにもセラミック塗料の場合、耐熱性や耐候性に優れているところも魅力です。セラミックには熱をカットする性質があります。たとえば夏場の厳しい暑さの時にも、家の中に太陽光の熱が入ってこないようにするので屋内は比較的快適に過ごせる可能性があります。また耐熱性に優れているので、火事が起きた場合でも被害を最小限に食い止める効果が期待できます。

セラミックは、雨風からも外壁を守る効果があります。天候によってもたらされる外壁の劣化からしっかり保護してくれるので、おすすめの塗料とよく言われます。

防汚性も高い

外壁塗装をする場合、できることなら長いこと塗りたての新しい状態を維持したいと思うはずです。セラミック塗料は優れた防汚性もあるので、いつまでも塗りたてのきれいな外壁を維持できます。

防汚性に優れている理由は、セラミックの親和性の高さと関係しています。セラミックは親和性に優れているので、水をはじく性質があります。ということは汚れが外壁に付着しても、雨が降れば雨水と一緒に汚れも洗い流してくれるわけです。セルフクリーニング効果があるので、自分でいちいちメンテナンスをしなくても壁に付着した汚れを自然と落としてくれます。

セラミック塗料はピンキリである点に注意

このように優れた性能を持っているセラミック塗料ですが、外壁塗装で用いる際には商品選びを慎重に行うことです。というのもセラミック塗料は、先ほども紹介したようにセラミックを配合している塗料であればそう名乗れます。別にセラミックをどの程度配合するかのルールもありません。

このため、悪質なメーカーの中には塗料の中にセラミックを盃一杯程度しか入れていないケースもあります。これでも「セラミック塗料」と名乗れてしまいます。このようなちょっとのセラミックしか配合されていない塗料を外壁塗装で用いても、上で紹介したメリットの恩恵にはあずかれないでしょう。

実際悪質な業者の中には、「うちのは100%セラミックの塗料を使っています」といってくるケースもあるようです。しかし冒頭で見たようにセラミックはもともと固形の物質なので、セラミックだけで塗料を作ることは不可能です。このような少し調べれば嘘とわかってしまうようなことを平気で言う業者に、外壁塗装をお願いするのはやめましょう。

ここまでひどいのはまれですが、セラミック塗料といっても配合している成分は商品ごとに異なります。セラミックがどの程度配合されているか、セラミック以外にどのような成分が含まれているかによって、耐久性も変わってきます。つまりどのセラミック塗料を使っても、耐用年数が長い保証はどこにもありません。中には外壁塗装をしてすぐにひび割れが起きて、再度塗装をする羽目になったという話も聞かれます。

セラミック塗料の価格相場はどのくらい?

セラミック塗料を使って外壁塗装をする場合、やはり気になる項目としてどのくらい費用が掛かるのかがあるでしょう。セラミック塗料といっても、ほかにどのような成分が配合されているかによって、価格は変わってきます。

セラミック塗料の価格相場を見てみると、1平方メートル当たり、だいたい3000円前後から6000円前後とみればいいでしょう。ただし高性能のセラミック塗料を使った場合、1平方メートル当たり8000円程度かかってしまうケースもあります。複数の業者にお願いして、見積もりを取ってどうするか決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

新手な外壁塗装詐欺 モニター価格で…この手口ならあなたも騙される

最近の訪問販売詐欺は、常に進化しています。 振り込め詐欺も進化しているのを知って …

外壁塗装が浮いてきた・剥がれてしまった…なぜこのようなことが起きる?

手抜き工事の被害で外壁に問題が 外壁の塗膜が浮いてきた、ペンキがめくれた・剥がれ …

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があっ …

夏場涼しく快適に暮らせる遮熱塗料で外壁塗装をする

遮熱塗料とはどのようなもの? 最近外壁塗装に使う塗料の種類の中で、遮熱塗料と呼ば …

木製の家の場合のおすすめ外壁塗装の塗料3選を紹介

ウレタン系塗料 木造住宅で外壁にひび割れが起きた、剥がれが生じているのであれば、 …

費用がかさむ…塗装前の高圧洗浄って必要なの?

意外とかかる高圧洗浄の費用 外壁塗装を業者に依頼した場合、普通足場を組んでいきな …

新築住宅の塗装で使われるアクリル系塗料は安さが魅力

新築の外壁塗装で使われることの多いアクリル系塗料 塗料にはいろいろな種類がありま …

○×日で終わるといっていたのに… 塗装工事が期間内に終わらないトラブルの思わぬ原因

塗装工事の料金は足場のリース料金、塗装職人の人件費も含まれているので、期間が長く …

赤ちゃんがいても塗装はできるの?

外壁の塗装する時期に家に赤ちゃんがいる、ということは起こりえる状況の一つです。優 …

玄関タイルや屋根を塗装工事人に割られた! 問題はぜんぜん大きくない理由

リフォーム中というのはいろいろな事件が起きるものです。 とくに屋根や外壁の塗装工 …