イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

つやのあるなしで分けると塗料は5種類に分類される

   

つやで分類できる塗料

外壁塗装をする場合、どの塗料を使うかを決める必要があります。塗料にはいろいろな種類がありますが、その中でもつやのあるなしで比較する方法があります。つやのあるなしは、壁の表面に光があたった場合、どの程度反射するかで決まります。光の正反射量が多い場合、つやがあって光沢が出てきます。逆に正反射を抑えて光を拡散させる塗料は、つやがない種類になります。

つやで塗料を分類した場合、5種類に分類できます。その5種類とはつやのないものからつや消し3分つや5分つや7分つやつやありです。ちなみにつや消しはマット・5分つやは半つやという名称で紹介されることもあります。つやありの場合、70以上の光沢度のあることを意味します。つやありで塗った場合、乾燥するとすぐにピカピカと光沢を放ちますので新築住宅のような印象になります。

つや消し塗料には、光沢が出にくくなる特性を持った樹脂を選択することがあります。そのほかには添加剤を適量加えることで、塗料の表面を凸凹にして光の拡散反射を起こしやすくする塗料も販売されています。

光沢度と塗料の耐久性にも密接な関係があります。7分つやの場合つやありの7割・3分つやの場合3割程度といった感じで、正比例の関係にあります。もしつやのあまり高くない塗料をそのまま使うと耐久性に問題が生じます。そこで耐候性に優れた樹脂を共に使用して耐久性を高める方式を取るケースが多いです。

つやありの3つの特徴

つやありの塗料を使った場合に、大きく3つの特徴があります。まず先ほども少し紹介したように、耐久性の増す点が挙げられます。つやがあればあるほど、ホコリや汚れが外壁の表面に付着しても簡単に取り除くことが可能です。しかも外壁の天敵であるカビや藻も付着しにくいので、いつまでも塗料を塗ったときの新しい状態をキープできるわけです。

2つ目の特徴といいますが注意点として、耐久年数について勘違いをしないことです。例えば「塗料の耐久年数は10年」と紹介されている場合、10年経過してもピカピカの光沢が維持されると思っている人もいるでしょう。しかし耐久年数とは、まったく劣化しない期間ではないです。つやありの塗料を外壁に塗った場合、時間の経過とともに徐々に劣化していくものです。

つやありの塗料の場合、メーカーによって多少違うかもしれませんがだいたい2~3年でつやは失われているのが相場といわれています。また外壁がどの方角を向いているかによって、日光の当たり方も違ってきます。その結果、つやのなくなり方に差の生じる可能性もあります。その結果、時間が経過すればするほど、ムラが出てきて見た目に問題を生じる可能性も出てきます。

3つ目はデメリットになるかもしれませんが、つやありの場合種類によってはピカピカになりすぎる恐れもあります。あまり光沢が出すぎてしまうと、気品に欠けた外壁となる可能性もありますので光沢の度合いの調整をいかにうまく行うかがポイントになるでしょう。

つやなしの3つの特徴

つやなしの塗料を使った場合、まず大きな特徴として高級感の出てくる点があります。つやなしの場合、全般的に落ち着いた印象の外壁になります。あまり派手ではない、大人の気品を感じさせてくれるような住宅の印象にしたければ、つやなしの塗料を使ったほうがいいでしょう。ちなみに専門家の中には、和風の家屋の外壁塗料にはつやなしのものを使ったほうがしっくりくるという意見も見られます。

2つ目の特徴として注意しなければならないのは、つやありの塗料と比較すると耐久性に劣る点が挙げられます。つやありの塗料と比較すると、どうしても劣化のペースが進みやすくなります。

見た目の劣化のほかにも、性能の低下のペースが速くなる点にも注意しましょう。つやなしの塗料とは、もともとつやありの塗料を原料にしています。そこにつや消し剤を混ぜ合わせることで作られるのですが、このときに性能の低下を招いてしまいます。ただし今では多種多様なつやなし塗料が販売されていて、防汚性に優れた商品も出ています。

耐久性を増すためには、つやなしの塗料を塗った後でコーティング剤を上から塗布する方法があります。こうすればコーティング剤がつやなし塗料を保護してくれるので、耐久年数を増すことも可能になります。

最後のつやなし塗料を使う際に頭の中に入れておくべき特徴として、水性塗料しかない点があります。つやありの塗料であれば、油性塗料もあります。しかしつやの全くない塗料の場合、基本的にすべて水性塗料になります。油性塗料が使えなくなる分、外壁塗装に使える塗料の選択肢が狭くなります。このため、自分のイメージしている色彩がなかなか見つからないということも起こりえます。

つやで塗料を選ぶ際の注意点

先ほども紹介したように、つやで塗料を選ぶ場合「3分つや」といった感じで業者に伝えます。しかしただ単に「3分つや」と伝えると、業者によっては3分つやありと解釈する場合もあれば、3分つやなしをとらえる場合もあります。もしこの認識が依頼する側と業者側で真逆に解釈したら、全く正反対のつやの仕上がりになってしまいます。

また屋根につやあり塗料を使った場合、隣人トラブルの起きる可能性があります。ネットで実際に体験談として紹介されていた事例として、つやあり塗料を使ったら、隣家から日光が反射してまぶしいとクレームが来たというケースがあったようです。もし光沢の強い塗料を外壁塗装で使用しようと思っているのであれば、隣人とも話し合っておいた方がいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

新築住宅の塗装で使われるアクリル系塗料は安さが魅力

新築の外壁塗装で使われることの多いアクリル系塗料 塗料にはいろいろな種類がありま …

実は目の錯覚かも…色が違うじゃないか!と外装塗装で苦情を言う前に

外装塗装工事前に見せてもらった色と、実際に塗り始めたときの色が違う。 これはよく …

外壁塗装用の中で最もポピュラーなシリコン系塗料。その特徴を紹介

一戸建ての大半を占めるシリコン系塗料 日本中に無数の一戸建てがありますが、外壁塗 …

外壁を塗り替えた場合は修繕費?それとも固定資産維持費?

どんなに頑丈で美しい建物でもメンテナンスは定期的に必要になるものです。 特にこの …

格安外壁塗装業者のカラクリ 知らないと恐い…こんな理由で安いだけだった

ときどき他社とは比べ物にならないほどの安い価格で外壁塗装を行なうという会社があり …

安い買い物ではない・外壁塗装の相場を理解しておこう

外壁塗装の料金を決める4つの要素 外壁塗装を業者にお願いするにあたって、どのくら …

エコ素材で外壁塗装!自然塗料でシックハウス対策をしよう

シックハウス症候群に悩まされる世帯も少なくない シックハウス症候群という言葉を聞 …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

家をできるだけきれいな状態を維持したい!そんな人におすすめのナノテク塗料

最先端の科学技術を活用した塗料 ナノテクという言葉をどこかで聞いたことはありませ …

○×日で終わるといっていたのに… 塗装工事が期間内に終わらないトラブルの思わぬ原因

塗装工事の料金は足場のリース料金、塗装職人の人件費も含まれているので、期間が長く …