イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

カラーシュミレーション 理想を形にするときの注意点

   

マイホームづくり欠かせないのが、全体の色調、質感などの調和です。

「どんな外観の家がいいか」と聞かれても、すぐに答えるのはなかなか難しいですよね。
好きな色を家の外壁に当てはめたところでうまくいくわけではないからです。ではどんな家が「素敵な家」「心地の良い家」なのでしょうか。簡単に言うと、全体の色調、配色のバランスがとれている家のことです。

なにか参考になる材料はないだろうかとネットで調べていると、外壁塗装についての資料をたくさん見つけることができました。

さまざまな業者が、配色や質感、耐久年数や特性の違う塗料の種類を紹介しています。こうした資料を参考にして、ある程度の色調を決めていくことができます。

しかし、問題はどんな配色 にしたら全体のバランスがいい家に仕上がるかという点です。やはり気になるのが全体のバランスですよね。このような時に何か役立つサービスはあるのでしょうか。

多くの業者提供している便利なサービスがあります。それは「カラーシュミレーション」というソフトです。

「カラーシュミレーション」の使い方

多くの業者のホームページの中で「カラーシュミレーション」のソフトを無料で試すことができます。
ソフトの中にある家に色付けをしていき、自分好みの色調や配色を確かめることができます。中には本格的に自分の家の写真を画像に取り込んで色を入れていくことのできるものもあります。

またipadなどで専用の「カラーシュミレーション」ソフトを無料でダウンロードすることができます。こうしたソフトは種類によって選べる色の多さが違います。選べる色が多いソフトを使うと、よりイメージを膨らませ、理想の家を想像しやすくなるでしょう。

「カラーシュミレーション」と実際の仕上がりが異なる

便利な「カラーシュミレーション」ソフトですが、注意も必要です。

もし「カラーシュミレーション」だけで色を決定してしまうなら、実際の仕上がりと大きく違うという危険があるからです。あくまで、「カラーシュミレーション」はイメージを膨らませたり、配色を決める助けにすぎないのです。では、なぜ「カラーシュミレーション」と実際の仕上がりが異なるのでしょうか。

色を確認するときの環境の違い

「カラーシュミレーション」と実際の仕上がりが異なる理由の一つは、色を確認するときの環境の違いです。
これはどういうことでしょうか。「カラーシュミレーション」はコンピューターやipadなどの画面上で行います。こうしたLED電球が提供する人工の光の下で見える色と実際の太陽光で見える色は異なるのです。

家の外壁は太陽光の下で見るため、コンピュータの画面上や印刷された紙で見る色は違って見えます。また注意したい別の点として、同じ太陽光の下でも色の見え方が様々だという点です。

実際晴れの時の見え方と、曇りの時や雨の時の見え方がかなり違うのです。晴れの多い地域曇りの多い地域によっても素敵に見える色は変わってくるということですね。

景観や周りの街並みを考慮できない

「カラーシュミレーション」は一戸の家の色調や配色を確認するためのもので、周りの景観や街並みは映し出されません。
それで、家そのものの外壁の色や配色が完璧に見えても、街並みに合っていなかったりすることがあるのです。

例えば、緑豊かな公園が近くにあるなら公園の緑も家の一部と考えて、配色に加えるなら素敵に仕上がります。しかし、深く考えず緑系の色味を選んでしまうと、公園と同化して家が全然目立たないということになります。

また、比較的住宅が密集しているところに立つ家はどうですか。
あまりに個性的でまわりとマッチしていないと、変に目立って浮いてしまうということになりますよね。このように「カラーシュミレーション」だけでは周りの景観を考慮に入れることができません。

「カラーシュミレーション」を利用するときには、街並み、景観をあらかじめ考えておく必要があります。

質感を把握できない

「カラーシミレーション」はコンピューターの画面上で色を確認するだけで、実際の質感を再現することはできません。
質感を画面に反映することができないので、実際の仕上がりと違うと感じるのです。また、外壁塗装の仕上げ方法にはいろんな種類があり、それぞれ印象がかなり変わります。

例えばゆず肌塗装、光沢ありなし、凹凸ありなしなどです。サイディングボードの外壁なのか、吹き付けの塗装なのかによってもイメージや、見え方が変わります。こうした壁の模様が細かな影となり与える印象に違いが出てくるのです。

数年後を予測できない

外壁塗装は普通8~10年に一度といわれています。

「カラーシュミレーション」で見る色は仕上がったすぐ後の一番きれいな状態を画像にしているにすぎません。何年かたってからどう見えるかは「カラーシュミレーション」では予測できないのです。
当然ながら時が経つにつれ、外壁は汚れていきます。

汚れが目立たないかどうか、色落ちが目立つような色ではないかなどを考慮する必要があるのです。

例えば、白い家や黒い家は汚れが目立ちますし、鮮やかで明るい色は数年たつと色落ちが目立ってしまします。ただ「カラーシュミレーション」の中での完璧な色調、色使いだけではなく、数年後もきれいな状態が保てるような色を選ぶ必要があるでしょう。

「カラーシュミレーション」を参考程度にする

これまで見てきたように、「カラーシミュレーション」は参考程度にする必要があります。色は環境の違いによって見え方が変わるからです。

また「カラーシュミレーション」だけでは、景観や街並みを考慮に入れた配色を選ぶことができません。質感を正確に再現したり、数年後の様子を予測することもできないのです。

「カラーシュミレーション」ですべてを決めてしまうことが避けましょう。
カラーサンプルや実際の塗料を塗った色見本などを十分活用しましょう。そうするなら、仕上がりも、数年後の様子も、予想により近いものにすることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

赤ちゃんがいても塗装はできるの?

外壁の塗装する時期に家に赤ちゃんがいる、ということは起こりえる状況の一つです。優 …

外壁を塗り替えた場合は修繕費?それとも固定資産維持費?

どんなに頑丈で美しい建物でもメンテナンスは定期的に必要になるものです。 特にこの …

塗装の工法を知って、後悔しない業者選びを

もちろん、外壁塗装はプロにお任せするのが安心ですが、外壁は家の見た目を左右する、 …

新築住宅の塗装で使われるアクリル系塗料は安さが魅力

新築の外壁塗装で使われることの多いアクリル系塗料 塗料にはいろいろな種類がありま …

外壁塗装をどのカラーで行う?ベスト5を参考までに紹介

外壁塗装をする場合、どの色にするかで迷うお客さんは多いようです。外壁塗装をする際 …

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があっ …

設計と塗料選びで10年後もキレイな外壁に

ギリシャの青い空と青い海の間に広がる白壁の家々。 ヨーロッパの緑豊かな草原に佇む …

外壁塗装選びは見た目だけじゃダメ!?

自分の家の“外壁”、注目したことはありますか? 実は普段気に留めていない外壁、我 …

外壁塗装の塗料には油性と水性の2種類あるけど両者の違いはなに?

塗料には水性と油性の2種類がある 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うのかがポイン …

断り切れずに契約してしまった場合どうしたらいい? 外壁塗装工事のクーリングオフ

外壁工事の営業は手馴れたものです 上手に話を持っていきその場で、料金の高い外壁塗 …