イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

「カラーシュミレーション」 便利な機能もほどほどに

   

玄関の顔とも呼ばれる外壁ですが、いざとなるとどんな色調・配色にすればいいか悩んでしまいますよね。

ありきたりな配色は避けたいですが、個性的すぎて周りの家から浮いてしまうのも考えものです。
そもそも、自分の好きな色合いはどんなものなのかもわからないという人もいるのです。どうすればいいかと頭を抱えていると、ネットで「カラーシュミレーション」という便利な機能を見つけました。

「カラーシュミレーション」というのは、専用のソフトを使って実際の自分の家やソフトの中にあるサンプルの家に色付けしていくというものです。

このソフトを使うと「イメージがわかない」「どんな色がいいのかわからない」「どんな配色が合うのか」などのいった問題を解決することができます。

「カラーシュミレーション」の種類

「カラーシュミレーション」には大きく分けて二種類あります。
業者が行うものと、個人で行うものです。業者が行うものは、実際の家の写真をパソコン上に取り込み、外壁やサッシまた玄関のドアなどに色を付けていきます。

個人で行うものは、ipadやiphoneもしくはAndroidなどに専用のアプリをダウンロードします。

アプリの中のサンプルの家を選び、各部分に色付けしていきます。業者に頼む場合は時間を要しますし、無料でも実際は費用がかかっているため、かなりの本気度がないと後々業者との関係がぎくしゃくしてしまいます。

また業者の好みや意見が入ることも覚えておきましょう。
個人でアプリを使って「カラーシュミレーション」する場合は、気軽にできる反面、専門家の意見が聞けず、現実的でない仕上がりになってしまうこともしばしばです。

それで、気軽さを優先させたければ、個人でシュミレーションしてみると良いでしょう。より現実的に専門家の意見を取り入れながら色合いを決定したい場合は、業者に頼むのが最善です。

「カラーシュミレーション」の落とし穴

色調や配色を決めるのに参考にできる「カラーシュミレーション」ですが、落とし穴もあります。
あまりに「カラーシュミレーション」に頼り切ってしまうと、いざ出来上がってみると「シュミレーションしていたのと違う」といってトラブルのもとになるからです。

「カラーシュミレーション」はあくまでも雰囲気を知るためのもので、その通りにはならないことがほとんどです。業者に実際施工した家の色と「カラーシュミレーション」で出てきた色を見せてもらうと分かるのですが、色の感じが大きく違うのです。

ではいったいななぜ「カラーシュミレーション」と実際の色が変わってしまうのでしょうか。

「カラーシュミレーション」と実際の色が違うのはなぜか

「カラーサンプル」や「カラーシュミレーション」で見る色と、実際の出来上がりの色のが違って見えるのはなぜなのでしょうか。

それは色を見る時の環境が違うからです。同じ色でも環境が違えば色も違って見えますし、違う色でも環境によっては同じように感じたりするのです。

たいてい業者との色合いの確認は、パソコン上や印刷されたもので、室内の蛍光灯などの環境の下でおこなわれます。しかし、出来上がりは太陽光の下で見ることになるので、色が違って見えるのです。

色とはデリケートなものなのです。ですから、「カラーシュミレーション」のとおりに色が出来上がると考えないようにしましょう。「色が少し違う」もしくは「全然違う」と感じることもあるということを覚えてお きましょう。

「カラーサンプル」の色番号も要注意

「カラーシュミレーション」と実際の色が違うのに加えて注意したいのが、「カラーサンプル」の色番号です。
色の見本だけを見ながら外壁を決めるのはなぜ危険なのでしょうか。
それは、色は塗る面積によっても、与える印象がかなり変わるからです。

面積の少ない「カラーサンプル」では濃い目の色を選んだつもりでも塗る面積が広くなると、明るく白く見えます。「カラーサンプル」でアイボリーを選んだつもりでも、実際外壁に塗ってみると真っ白になってしまうということがあります。

面積の少ない「カラーサンプル」だけで決めるのではなく、少なくともA4以上の大きさで、太陽光のもと色を確認するのがよいでしょう。

街並みや周りの環境を見落とさないようにする

「カラーシュミレーション」や「カラーサンプル」の番号だけで選んでしまうと、周りの環境と調和しない外壁になってしまう可能性があります。

街並みや周りとの調和に配慮する必要があります。
シックで落ち着いた街並みに、自分の家だけ鮮やかな外壁だと何かとご近所関係にも影響があるかもしれませんよね。もしくは、洋風の白い色の家が並ぶところに、純和風の外壁の家が建てられるのも考え物です。

素敵な外壁は周りの環境、街並みに調和してこそより引き立つものなのです。
また、景観を損なわないように地域によっては色調に制限があります。どんな制限があるのか前もって確認することができます。「カラーシュミレーション」や「カラーサンプル」は周りの環境を考慮に入れて利用 しましょう。

「カラーシュミレーション」と「カラーサンプル」は参考程度にする

これまで見てきたように、「カラーシュミレーション」や「カラーサンプル」には限界があります。
「カラーシュミレーション」は、パソコンやipadの画面上、またはプリントされた紙を室内で見ることがほとんどです。

そうした蛍光灯の下で色を決めてしまうのは危険です。
実際の太陽光での色は、必ずといっていいほど違う色になると考えてください。また「カラーサンプル」の番号だけで色を選ぶのも避けましょう。

色は面積によって違って見えるからです。そして、忘れてはならないのは、周りの環境との調和です。
また、街並み、地域の規定なども考慮に入れましょう。そうするなら、より現実的に出来上がりを把握でき、「こんなはずじゃなかった」という残念な結果を避けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

新手な外壁塗装詐欺 モニター価格で…この手口ならあなたも騙される

最近の訪問販売詐欺は、常に進化しています。 振り込め詐欺も進化しているのを知って …

日本家屋の外壁塗装。色選びの5つのポイントを紹介

落ち着いた色を選ぶのがポイント 日本家屋に住んでいる人で、そろそろ外壁塗装を行わ …

安い買い物ではない・外壁塗装の相場を理解しておこう

外壁塗装の料金を決める4つの要素 外壁塗装を業者にお願いするにあたって、どのくら …

便利な機能を賢く使おう「カラーシュミレーション」

あこがれのマイホームに欠かせないのが、自分のイメージに合った外壁の色や質感です。 …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

外壁塗装の塗料には油性と水性の2種類あるけど両者の違いはなに?

塗料には水性と油性の2種類がある 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うのかがポイン …

塗料選びで家族の健康を守り、光熱費が節約できる?!

毎日紫外線や雨水にさらされる外壁。普段はあまり気に留めないかもしれませんが、実は …

セルフクリーニング機能に優れた光触媒塗料は次世代の塗料になりうるか?

次世代の塗料 外壁塗装に用いられる塗料は今でもなお進化しています。その中でも次世 …

都市のビルで用いられることの多いフッ素系塗料。使用するメリットとデメリットは?

フッ素系塗料とはどのようなもの? フッ素系塗料とは文字通り、塗料の主成分を構成す …

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があっ …