イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

便利な機能を賢く使おう「カラーシュミレーション」

   

あこがれのマイホームに欠かせないのが、自分のイメージに合った外壁の色や質感です。

既製品でなく個性を十分に発揮したいところですが、正直どんな色にしたらよいのか悩みますよね。
鮮やかすぎて周りと浮いてしまうのも、落ち着いた色のつもりが暗すぎる仕上がりになるのも避けたいものです。では、素敵な家の外壁はどのように選べばよいのでしょうか。

また、全体の調和を確かめるにはどうしたらよいのでしょうか。
こういった疑問を解決するのに、「カラーシュミレーション」という機能が役立ちます。この「カラーシュミレーション」を使うと全体のイメージを簡単につかむことができます。では、「カラーシュミレーション」とは一体どういったものなのでしょうか。

「カラーシュミレーション」とは

「カラーシュミレーション」とは、パソコンやタブレットなどでいろんな色の外壁をシュミレーションし、自分の好みに合った外壁の色を探すことができる機能です。「カラーシュミレーション」には大きく分けて二つの種類があります。

一つ目は、「編集タイプ」業者にカラーシュミレーションの編集を頼みます。
二つ目は、「アプリタイプ」個人でカラーシュミレーションソフトを利用し、編集を行います。

業者に頼む場合は、一般に「編集タイプ」と呼ばれ、個人でタブレットなどを使いシュミレーションソフトを試す場合は「アプリタイプ」と呼ばれます。では、これら2種類の「カラーシュミレーション」にはどのような違いがあるのでしょうか。これらの メリットとデメリットにはどんな点があげられるか見ていきましょう。

編集タイプ

「編集タイプ」は、主に業者が行います。
塗装する実際の家をパソコンに取り込んで、そこに色を塗っていきます。顧客が自分で気軽に色を試すというものではなく、業者にしてもらうので少々時間がかかります。

まず自分の家の画像を業者に送るか、もしくは業者に来てもらって撮影してもらいます。
次に業者がそれぞれの部分にふさわしい色を、全体のバランスを考えながら入れていくのです。プロが実際の家の画像に細かなところまで色を編集するので、より正確に仕上がりをイメージすることができます。

また多少業者の主観が入りやすいとも言えます。
多くの業者は「カラーシュミレーション無料」といったサービスを行っていますが、実際は時間と費用をかけて行うので、ある程度施 工する業者を絞る必要があります。施工する気がないのに「カラーシュミレーション」をするなら業者との関係が悪くなってしまうことにもなるからです。

これまで見てきたように、編集タイプのメリットは「自分の実際の家をシュミレーションできる」「細かなところまで仕上がりをイメージできる」といった点です。それに対してデメリットは「業者との連絡や編集に時間がかかる」「編集者の主観が入る」「編集を依頼した業者は断りにくい」などといった点があげられます。

アプリタイプ

「アプリタイプ」とは、インターネットなどの無料で公開されているアプリを使って、家の外壁塗装の仕上がりを試すことです。

アプリの中にあるいろんなパターンから一つ好みのタイプの家を選びます。
そして、パレットの中にある色を使って、2階部分や屋根、その他の部分の色を変えていくことができます。この「アプリタイプ」は、自分でどこででも気軽に色を試すことができますが、パレットの色が多くなく物足りないと感じるかもしれません。

最近は、自分の家の画像を取り込んで編集ができるタイプもありますが、たいていは、自分の家ではないものをシュミレーションするので、現実味に欠けます。大まかなにイメージを捉えるのには役立ちますが、実際の細かなシュミレーションができないでしょう。

またシュミレーションアプリには様々な種類があり、それぞれの特性を知っておくのも重要です。
アプリによっては精度や色味など若干違うことがあり、場合によっては別のアプリで試すのもありかもしれませんね。

それで、「アプリタイプ」のメリットは、「手軽にいつでもシュミレーションができる」ことです。デメリットとしては、「サンプルの中から家を選ぶので、現実味に欠ける」「アプリによって違いがある」などがあります。

「カラーシュミレーション」の注意すべき点

「カラーシュミレーション」は、イメージを膨らませることができます。
この機能を使って、自分の好きな色調の家はどんなものなのかを知ることもできます。また家全体の雰囲気や、外壁やサッシ、玄関のドアなどの配色が調和しているかどうかも確かめることができます。

このように、とても便利な「カラーシュミレーション」機能ですが、注意しておきたい点がいくつかあります。

一つの家しか見ることができない

コンピューターの画面上では周りの家や、様々な環境は映し出されないので、自分の選んだ色が周りの環境にうまく溶け込むことができるかを知ることはできません。
鮮やかすぎたり個性的だと、周りの環境とうまく調和できませんよね。

「カラーシュミレーション」を利用するときは、画面に映し出されない周りの家や環境を考慮に入れてシュミレーションしましょう。

カラーシュミレーションの色と実際の色が違う

注意したい別の点として、色合いの違いです。「カラーシュミレーション」での色と実際の仕上がった色にも多少の違いがあります。

なぜならコンピューターの画面を室内で見る時と、太陽光の下の見る時の色合いは違うからです。実際出来上がって、自分の思っているのとは違ったなんてこともあります。

「カラーシュミレーション」はあくまでイメージ

「カラーシュミレーション」は、あくまでイメージだということを覚えておきましょう。手軽な「アプリタイプ」とプロの意見が入る「編集タイプ」をうまく活用し、色調や配色などを大まかに決めていくことができます。そして、その後の色の決定にきっと役立つことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

対策を講じて塩害から我が家を守れ!

「塩害」という言葉を聞いたことはありませんか?これは一般に沿岸部に建てられた住居 …

セルフクリーニング機能に優れた光触媒塗料は次世代の塗料になりうるか?

次世代の塗料 外壁塗装に用いられる塗料は今でもなお進化しています。その中でも次世 …

外壁塗装で使う塗料の選び方のポイントは3つプラスアルファ?

耐用年数で比較しよう 外壁塗装をする際に、塗料にどれを使うかは重要なポイントにな …

「カラーシュミレーション」 便利な機能もほどほどに

玄関の顔とも呼ばれる外壁ですが、いざとなるとどんな色調・配色にすればいいか悩んで …

外壁塗装で特殊な塗料を使って機能性アップ!おすすめの5種類を紹介

遮熱・断熱塗料ガイナ 塗料メーカーの中には従来の塗料に別の機能性を加えた特殊な塗 …

おいおい、塗ったばかりなのにサビてるし… 外壁なんでそうなるの!

外壁塗装をお願いしました。しばらく経ちました。ハイ、錆びが生じました。 外壁塗装 …

つやのあるなしで分けると塗料は5種類に分類される

つやで分類できる塗料 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うかを決める必要があります …

外壁・屋根の塗装でポピュラーなウレタン系塗料。そのメリットデメリットについて紹介

そもそもウレタン系塗料とは? 屋根や外壁塗装を業者に依頼するにあたって、見積もり …

カラーシュミレーション 失敗しないためのポイント

近所を散歩していると、誰もがあこがれる素敵な家があるものですね。 洋式の家も増え …

外壁塗装用の中で最もポピュラーなシリコン系塗料。その特徴を紹介

一戸建ての大半を占めるシリコン系塗料 日本中に無数の一戸建てがありますが、外壁塗 …