イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

おしゃれな外壁塗装のカギ―色と質感

   

念願のマイホーム購入する際に押さえておきたいのは、おしゃれで素敵な外壁です。
誰もがうらやむような素敵な家の外壁の決め手は何でしょうか。それは、主に全体のデザインや色調、色分けなどのバランスです。

次に、ふさわしい塗装の仕方を選ぶことです。なぜ塗装の仕方も大切なのでしょうか。
遠目にはどんな塗装方法でもあまり違いがないように思いますが、実は仕上げ方によって、見た目や耐久年数、通気性なども変わってくるからです。では、どんな色でどんな方法を使うと素敵なマイホームにすることができるでしょうか。

今回はおしゃれな色と質感の仕上げ方のいくつかをご紹介します。

おしゃれな色の選び方

家の顔である外壁塗装ですから、色はとても大切ですよね。

ではまず、何色と決めるよりも何系の色調がいいかを決めてみましょう。大まかに分けると、ベージュ系、グレー系、ブルー系、グリーン系などがあります。そして次に鮮やかさ(彩度)と明るさ(明度)を自分のイメージに合わせていきます。その際、サッシや玄関のドアとの調和も忘れずに考えましょう。

ベージュ系

ベージュ系は全体の調和がとりやすく、家を広く見せることができます。
ただ、広い面積になると、明るい色はより白く明るく、暗い色はより暗く見えるので、カラーサンプルで色を選ぶときは注意が必要です。例えば、白に近い色を選ぶ場合、少し濃い、もしくは少し明るさをおさえた色を選ぶと、イメージに近い外壁に仕上げることができます。

グレー系

グレー系は、どんなサッシの色にも合わせやすく、一般的にシックな仕上がりになります。
ただ、薄いグレーは汚れた印象になるので注意しましょう。比較的濃い目のグレーにするか、黒や白のドアやサッシを使いメリハリのある色づかいにするとよいでしょう。

ブルー系

ブルーは洋風にも和風にもさわやかな印象を与えることができる色です。
洋風の場合、白いドアやサッシに比較的しっかりとした色のブルーを使うと、統一感を保ちながら華やかな印象にすることができます。また、和風の場合は、明度を落とし濃い目のブルーにするとシックでモダンな雰囲気に仕上がります。

グリーン系

洋風でも和風でも重宝される色調がグリーン系です。洋風なら、明るく薄いグリーンを使うとさわやかな仕上がりになります。和風なら、濃い目の色を使うと品のある落ち着いた印象になるでしょう。

外壁塗装の仕上げ方

次に外壁の仕上げ方ですが、大きく分けて二種類あります。一つはローラーによる手作業と、機械で吹き付け塗装です。それぞれに特徴があり、吹き付け塗装の中にはいくつか種類があます。

マスチックローラ仕上げ

名前の通り、ローラーを使って手塗りで仕上げていく塗装方法です。
ローラーの部分がへちま繊維状の素材で作られていています。比較的粘土の高い塗料をローラーに塗料を含ませて塗っていくので、厚塗りが可能になります。また、ローラーの粗さの度合いによって仕上がりを変えることができます。

目の粗いローラーを使うと、さざ波のような形になるのに対し、目の細かいローラを使うと、ゆず肌のような仕上がりになるのです。吹き付ける仕上げ方法と違って、飛び散りにくいというメリットがあります。

リシン塗装

リシン塗装は、比較的安価で通気性に優れているため、新築によく使われる塗料です。
骨材(砂や細かく砕いた石)にセメントや樹脂を加えたもので、外壁に吹き付けて使用します。吹き付けて塗装する方法の中では防水性が少し劣り、耐久年数は8年ほどといわれています。細かな骨材によりざらざらとした仕上がりになるので、落ち着いた和風建築にもよくマッチします。

スタッコ塗装

スタッコ塗装とは、石灰に砂や大理石などを加えたもので、外壁に吹き付けて使用します。
リシン塗装よりもやや厚い仕上がりになるので、耐久年数が10~20年と長いという利点があります。石材のような重厚感があり、見た目の高級感が増します。

施工方法としては、5~10㎜ほどの厚みで吹き付けて、ローラーやこてで仕上げていきます。しかし、凹凸やざらざら感があるので汚れやすいというデメリットもあります。それで、汚れが目立たないような色を選択するとよいでしょう。

ボンタイル(吹き付けタイル、玉吹き)

ボンタイルとはモルタル壁に吹き付けて使用する塗装方法です。
骨材と合成樹脂などで作られ、練り物のような素材になっています。仕上がりに凹凸があるものの、ツルツルとしているため汚れにくく、防水性も高いというメリットがあります。ただ、一定に模様を吹き付けていくため、きれいに仕上げるには高い技術が必要になります。

耐久年数は6~10年程度で、施工方法は二種類あります。一つ目はスプレーガンのみで仕上げる「吹き放し仕上げ」。二つ目はスプレーガンの後ローラーを使い凸凹を抑えるもので「ヘッド押さえ仕上げ」と呼ばれます。

調和のとれた色調と、ニーズに合った仕上げ方

外壁塗装といっても、色調や仕上げ方によって、仕上がりの印象や耐久年数に大きな違いがあることがわかります。
色の与えるイメージと、仕上げ方法の特徴をよくとらえておくなら、よりイメージに近い、素敵な家を手に入れることができるでしょう。外壁の色調は見る人に深く印象付けます。

仕上げ方は種類によって、施工時の難易度や耐久年数などが変わります。外壁の色が調和していると心地よさを感じることができます。仕上げ方をよく選ぶなら、ふさわしい外観だけでなく、その後のメンテナンスや費用面での負担を軽減することができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

外壁塗装が浮いてきた・剥がれてしまった…なぜこのようなことが起きる?

手抜き工事の被害で外壁に問題が 外壁の塗膜が浮いてきた、ペンキがめくれた・剥がれ …

日本家屋の外壁塗装。色選びの5つのポイントを紹介

落ち着いた色を選ぶのがポイント 日本家屋に住んでいる人で、そろそろ外壁塗装を行わ …

「カラーシュミレーション」 便利な機能もほどほどに

玄関の顔とも呼ばれる外壁ですが、いざとなるとどんな色調・配色にすればいいか悩んで …

おいおい、塗ったばかりなのにサビてるし… 外壁なんでそうなるの!

外壁塗装をお願いしました。しばらく経ちました。ハイ、錆びが生じました。 外壁塗装 …

塗装工事中の破損や汚れの事故 だれに責任負わせますか?

塗装業界で働いていると良くわかることですが、何の失敗もなしに塗装業を続けることは …

車にペンキが付いている! もめずに解決するウルトラQ

これほど顔が真っ青になるときも早々ありません。 なんと大切な愛車に塗料が飛んでい …

エコ素材で外壁塗装!自然塗料でシックハウス対策をしよう

シックハウス症候群に悩まされる世帯も少なくない シックハウス症候群という言葉を聞 …

外壁・屋根の塗装でポピュラーなウレタン系塗料。そのメリットデメリットについて紹介

そもそもウレタン系塗料とは? 屋根や外壁塗装を業者に依頼するにあたって、見積もり …

外壁を塗り替えた場合は修繕費?それとも固定資産維持費?

どんなに頑丈で美しい建物でもメンテナンスは定期的に必要になるものです。 特にこの …

イメージと違う!外壁塗装は塗りなおせるの?

家を見栄え良く、また保護してくれる外壁。塗り替えは少々出費がかさむものですが、同 …