イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

「アクセント」 ワンランク上の外壁塗装のカギ

   

近所を歩いていると、目を引く素敵なおうちがありますよね。何が違うのかなと思って見ていると、全体を引き締める色が使われていることが多いことに気づきます。

私が見ていた家の外壁には一部に「レンガ」調のタイルが張られていました。こうした素敵な家にあこがれを持つのは私だけではないはずです。実は、スタイリッシュなデザイン性の高い建物には、見る人を魅了する工夫が凝らされているのです。

どんな工夫でしょうか。それは、「レンガ」や「ライン」などをアクセントに効かせて工夫しているという点です。では、「レンガ」や「ライン」をどのように上手に使えばよいのでしょうか。

「レンガ」を入れるとき

温かみと高級感をあわせ持つ「レンガ」を使った外壁とはどのようなものなのでしょうか。

「レンガ」の外壁といっても、必ず「レンガ」を積む必要があるわけではありません
「レンガ」は日本では生産が少ないため、本物の「レンガ」を使うと高くついてしまします。そこで一般的には、「レンガ」調のデザイン塗装をしたサイディングボードを使ったり、薄い「レンガ」調のタイルを一部に張ってアクセントにしたりすることができます。また、タイル風のデザインのおうちを、「レンガ」風の塗装で温かみのある外壁にリフォームすることもできます。「レンガ」のアクセントをつける場合、幾つかの方法があります。

「レンガ」調のデザイン塗装をしたサイディングボード

まず、サイディングボードを使う方法があります。建物全体もしくは一階部分のみに「レンガ」調のサイディングボードを使うことによって、広い範囲の外壁に「レンガ」を用いることができます。

しかし注意すべき点として、リフォームなどで既存の外壁に上から「レンガ」調のサイディングボードを張る場合があります。そんな時は、建物全体の厚さが増すため、窓枠を外壁に合わせて調整することが必要になります。

デザイン塗装された薄い「レンガ」調のタイル

外壁の一部や比較的狭い範囲に「レンガ」をアクセントにする場合もあります。
例えば、玄関やベランダ、また窓などに全体の色調に合う「レンガ」調のタイルを張ることができます。そうするなら、暖か味のある外壁を演出することができるでしょう。

よく使われる「レンガ」調タイルの中にセラミックレンガと呼ばれるタイルもあります。特にこのタイルは軽くて薄いため、手軽に「レンガ」のアクセントを加えることができます。

ただし、もしリフォームなどで建物全体に「レンガ」調のタイルを張る場合には、重みで建物に負担にならないかを確認する必要があるでしょう。

2)「ライン」を効かせる

「ライン」をアクセントにする方法はいろいろあります。
ではどこの部分にどんな色の「ライン」を入れると、バランスがよくスタイリッシュな印象になるのでしょうか。一つの方法として、ツートンカラーの配色に加えて「ライン」を効かせるという方法があります。

例えば、ベージュの一階部分に薄いベージュの二階部分というツートンカラーの家の場合、一階と二階との間に焦げ茶色か白のラインを引くと、スタイリッシュなすっきりとした印象に仕上がります。

また黒とグレーの基調の家なら、配水管を真っ赤に塗るなどすると一気にスタイリッシュになります。
このようにベースカラーと呼ばれる基本の色と、アソートカラーという調和のとれた別の色を使うツートンカラーに加え、「ライン」をうまく使うなら、ワンランク上の外壁に仕上げることができます。

また別の方法として、窓のサッシの色を「ライン」としてのアクセントにすることができます。
例えば、ブルーの外壁に白い窓のサッシを「ライン」にすると、ポップで華やかな印象になるでしょう。また、ベージュを基調とした外壁に、焦げ茶色のログハウス風の「ライン」を入れるなら、全体が引き締まるだけでなく、大自然を思わせる外観に出来上がります。

3)アクセントとなる場所を見過ごさない

アクセントとなる外壁の配色を決める時、忘れてはならないのが、玄関のドア、ポストの色などです。
見過ごしがちになるこうした場所も含めて外壁の配色を決めるなら、全体のバランスが取りやすくなります。例えば、全体がクリーム調などの淡い色調の場合、木目の玄関のドアをアクセントにできます。

また白や黒を基調とした外壁なら、ポストが真っ赤であると、全体が引き締まります。こうしたことを意識するなら、たとえ小さな部分の色であっても、全体の調和を乱すことなく、むしろ全体を引き締めたり、華やかにする役目を果たすことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

外壁塗装の塗料には油性と水性の2種類あるけど両者の違いはなに?

塗料には水性と油性の2種類がある 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うのかがポイン …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

都市のビルで用いられることの多いフッ素系塗料。使用するメリットとデメリットは?

フッ素系塗料とはどのようなもの? フッ素系塗料とは文字通り、塗料の主成分を構成す …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

おいおい、塗ったばかりなのにサビてるし… 外壁なんでそうなるの!

外壁塗装をお願いしました。しばらく経ちました。ハイ、錆びが生じました。 外壁塗装 …

塗装工事中の破損や汚れの事故 だれに責任負わせますか?

塗装業界で働いていると良くわかることですが、何の失敗もなしに塗装業を続けることは …

外壁塗装をするタイミングは?4つのチェックポイントを見逃すな!

外壁塗装のタイミングの目安はいつ? 外壁塗装は時間の経過とともに劣化していきます …

外壁塗装用の中で最もポピュラーなシリコン系塗料。その特徴を紹介

一戸建ての大半を占めるシリコン系塗料 日本中に無数の一戸建てがありますが、外壁塗 …

外壁塗装を長持ちさせるために・5つのテクニックを頭に入れよう

定期的な塗り替えを行うこと 外壁塗装は外壁の劣化を防ぎ、建物全体の強度を維持する …

イメージと違う!外壁塗装は塗りなおせるの?

家を見栄え良く、また保護してくれる外壁。塗り替えは少々出費がかさむものですが、同 …