イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

知らないと恐い!外壁塗装工事による健康被害 

   

「外壁がボロボロになってきたなぁ。そろそろ塗りかえかぁ」

そんな軽い気持ちで頼んだ外壁塗装工事が原因で、病気になってしまうことさえあります。塗装工事は単にシンナー臭いだけではありません。あまり知られていませんが、かなりの健康被害が引き起こしています。

もちろん個人差があるのでほとんどの人はしばらく変なにおいがするというだけで終わりですが、一部の身体の反応が敏感な人はいろいろな病気になります。今回は「知らないと恐い!外壁塗装工事の健康被害」と題して、実際に塗装工事をしてどんな被害が報告されているのかみていきましょう。

深刻な健康被害の例

塗料のうち一番よく使われている油性塗料には、トルエンやエタノール等の有機性溶剤が含まれています。これらの物質は身体に吸収されるとシックハウス症候群や化学物質過敏症を引き起こす可能性があると言われています。

これらの病気にかかると、目から涙が出てチカチカします。深刻な例としては視力が低下します。

鼻からは鼻水が常に出るようになり、呼吸が乱れ咳が出ます。うつ状態や、不眠症を引き起こす場合もあるようです。

これらの症状は引き起こしている人は少なくなく、しかも発症している時期も、塗料を塗っているとき、塗料を塗ったあとである場合が多く、客観的に見ると明らかに塗料による影響でしょう。

国も警告を与えている

塗料というのは有害で物質であることが明らかに分かっています。
その証拠として、塗装工事に携わる場合、作業主任者を選任し、作業環境測定を行ない、塗料の蒸気の発散源対策を行なうように義務付けられています。

塗料の有機性溶剤が体内に大量に取り入れられると危険だからこそ、このような対策がなられているのです。さらに国は油性塗料の有機性溶剤は人体に危険ですし、環境にも悪いので自然塗料や水性塗料が用いられるように推奨されています。

特に赤ちゃんは影響を受けやすい

塗料の有機性溶剤は危険なのですが、十分換気を行なって、新鮮な空気も取り入れるようにすれば、ほとんどの人は目立つような悪影響はありません。

しかし赤ちゃんは別です。
赤ちゃんは大人と比べて耐性が強くないので、深刻な健康被害を引き起こしやすいようです。鼻水や視力への影響、嘔吐下痢などがはっきり現れるでしょう。

同じように妊婦も母体そのものは目立った影響は見られないかもしれませんが、胎児には深刻な健康被害を与えかねません。塗料と同じく有機溶剤が含まれている除光液(シンナー)を少し赤ちゃんの指に使っただけで、赤ちゃんの皮膚から有機溶剤が入りこみ、症状が悪化した例も報告されています。

外壁塗装では大量の有機性溶剤の蒸気が発せられるので赤ちゃんがいるお家は要注意です。

どうすれば影響を受けずに済むのか?

影響を受けないために一番よいのは塗装工事をしないことですが、やはり家の塗装はやり変えないと家そのものが長持ちしません。

国が薦めているように外壁に使用する塗料を自然塗料と言われる植物油などからつかった塗料に変えるとかなり影響は抑えられるでしょう。
ですが費用的にも安くありませんし、自然塗料は油性塗料よりも長持ちしません。10年もせずにもう一度外装塗装を行なわなくていけなくなるでしょう。

日本よりも塗料の質が悪い中国では、塗装工事をするときは塗装工事期間とその後3ヶ月間はその家に住みません。もちろん中国の塗料は日本の塗料よりも有害なのですが、日本の塗料から発散される有機溶剤であれば安全なわけではありません。

ですから少なくとも塗装期間中は、物理的に塗装の近くに寄り付かないのがよいでしょう。

親戚の家に泊まるとか、旅行に行くのもいいでしょう。外壁工事なので家に人がいなくても行なうことができます。

健康被害があったときにどうすればよいか?

塗装工事のときに、またはその直後に嘔吐下痢や、視力の変調、咳や呼吸困難など起きたらとっても心配になるでしょう。
ですがたいていの場合は、その症状は一時的なもので、その後新鮮な空気を吸い続ければ、症状は回復します。

ですが、回復しない場合もあるかもしれません。その場合は病院に行って、原因を確かめるのは重要です。
医者が「これはシックハウス症候群の症状です」とか「化学物質過敏症の症状です」と判断するならかなりの確率で塗装工事の有機溶剤が室内に充満していたのが原因と思われます。

医師の指導の下にゆっくり回復を図るしかないでしょう。
著しい健康被害に遭うと塗装業者を訴えたくなるかもしれません。しかし塗装工事というのはそもそも健康被害のリスクを伴う工事なのです。訴えるくらいならそもそも塗装工事をしなければよかったでしょうし、値段の高い自然塗料を使えばよかったという話になってしまいます。

スキーに行って骨折したからと言ってスキー場を訴えるのはおかしいように、塗装で体調が悪いからと言って塗装業者を訴えるのは筋が通ることではありません。塗装工事による健康被害に遭わないためには、自ら自分と家族のために安全措置をとる必要があるのです。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

カラーシュミレーション 失敗しないためのポイント

近所を散歩していると、誰もがあこがれる素敵な家があるものですね。 洋式の家も増え …

おしゃれな外壁塗装のカギ―色と質感

念願のマイホーム購入する際に押さえておきたいのは、おしゃれで素敵な外壁です。 誰 …

自分で塗装?それとも業者に依頼する?あなたはどちらに向いているか?

DIY好きの人からすれば、自分の家の外壁まで自分で塗装できたら、その達成感はどれ …

外壁塗装で使う塗料の選び方のポイントは3つプラスアルファ?

耐用年数で比較しよう 外壁塗装をする際に、塗料にどれを使うかは重要なポイントにな …

対策を講じて塩害から我が家を守れ!

「塩害」という言葉を聞いたことはありませんか?これは一般に沿岸部に建てられた住居 …

日本家屋の外壁塗装。色選びの5つのポイントを紹介

落ち着いた色を選ぶのがポイント 日本家屋に住んでいる人で、そろそろ外壁塗装を行わ …

原色の外壁の落とし穴

小さい頃に見たムーミンハウス、ブルーの外壁が新鮮で憧れました。 そんなムーミンの …

おいおい、塗ったばかりなのにサビてるし… 外壁なんでそうなるの!

外壁塗装をお願いしました。しばらく経ちました。ハイ、錆びが生じました。 外壁塗装 …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

外壁・屋根の塗装でポピュラーなウレタン系塗料。そのメリットデメリットについて紹介

そもそもウレタン系塗料とは? 屋根や外壁塗装を業者に依頼するにあたって、見積もり …