イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

外壁塗装工事に思わぬ伏兵 「ご近所待った!」が起きないために

   

近隣トラブルで急に外壁塗装工事が中断するというのはよくあることです。
予想以上に長い工期となり、塗装工事の料金が一気に膨れ上がるということもよく聞かれます。できれば塗装工事の思わぬ伏兵「ご近所待った!」に遭わないために、どんなことで近所とのトラブルとなりうるのか?

どうすれば事前に対処できるのか見ていきましょう。えっこんなことで!とビックリするような理由で工事は中断してしまうのです。

どうして近隣トラブルは生じるのか?

人間はそれぞれ価値観が違います。ある人にとっては常識的なことであっても、別の人には常識がないと移ります。
さらに人は感情の生き物なので、自分たちへの配慮が払われていないと感じると些細な問題でも文句を言うことがありますし、配慮が払われたと感じれば相当迷惑をかけられても何のトラブルともならないこともあります。

ではさっそくどんなことでご近所トラブルが起きているのか見ていきましょう。

挨拶がない

これは苦情の基本です。ほとんどのトラブルはご近所へのあいさつ回りが十分でないときに生じます。

実際には工務店の親会社の人があいさつに行ったときに留守だったのかもしれません。理由はどうにしろ、何も聞いてないのに足場の音がガヤガヤとして高圧水が吹き付けられる音がして、1日工事の音で落ち着かないなら、普段と同じ生活が送れないというだけの理由でクレームとなります。

ひどい場合は、「いきなり工事を始められて迷惑している。工事の音で子供が寝れないので、一切音が出ないように工事してほしい」と言われることもあります。

原因は音そのものではなく、事前に挨拶がなされていないのが起因しているようです。

臭いがきつい

塗装というのは臭いがするものです。これは常識なのですが、近隣にとっては迷惑以外の何ものでもありません。
あいさつをきちんとしていても、「臭いがきつくて生活できない。できれば風向きがこちらでないときに工事をしてほしい」などと言ってくる場合もあります。

こういう場合は塗装面にメッシュシートなどをかぶせるなど直接塗料の臭いが近隣に行かないようにして、一応その人のために対策を練ったという態度を示すことが重要なようです。配慮を払うというのが問題が解決のカギです。

塗料が飛んできた

これは一番厄介なトラブルです。
と言っても完全に塗装屋のミスなので塗装屋が保険で対処することになります。風の強い日に塗装をすると、塗装液が近所の屋根や車にまで飛び散ることはあるようです。

とくに吹き付け塗装の場合は風で塗料が飛ぶので、風の強い日にはよほど養生をしないと工事が中断するときがあるでしょう。
ローラーを使った塗装のときもローラーは回転しますので塗料は近所にまで飛んでいくことはありえます。もちろんご近所からご立腹されれば、工事はいったん中断となるでしょう。

なぜここに車を置いている?

駐車禁止でない場所でも道路に工事の車が置かれていると、近隣トラブルの原因となります。
たとえ置いた場所が自分家の前であっても、「工事の大きな車が邪魔で方向転換ができない」と立腹されるケースもあるようです。

やはり事前に車を玄関先に置かせてもらうことも含めて十分に説明する必要があったかもしれません。

言いがかり系苦情

「昨日お宅で組んでいる足場から泥棒が入った。どうしてくれるんだ」
「きのう足場から職人がうちを覗いていた。どうしてくれるんだ」

というような言いがかり系の苦情もあります。ご近所からすると本当にそう思って苦情を言っていることもあるので、とりあえず塗装工事をしていつもと同じ生活が送れなくさせているのをお詫びするのはベターですが、補償などをする必要はありません。

塗装工事で足場を組むのは当然のことですし、苦情を言っているご近所も塗装工事をするときは足場を組む必要があるからです。

価値観の違い系苦情

「日曜、祝日なのになんで工事しているのか?」

という苦情もよく聞かれます。これは価値観の違いですが、ご近所が日曜祝日に工事してほしくないと感じているのであれば、ご近所の希望が優先されます。その分工期は伸び余分なお金がかかるかもしれません。

近隣トラブルを避けるには?

近隣トラブルを避けるカギはやはり、「工事前にどれだけ低姿勢で塗装工事をさせてもらうことを伝えるか」この一点のようです。
工務店の責任者があいさつ回りをしているから大丈夫とせずに、神経を使う地区で行なう塗装工事なら、塗装工事を行なう住民自ら、粗品を持って頭を下げてあいさつをしておくとほとんどのクレームはおきません

菓子折り1つでももらっておけば、ゆっくりしたい日曜日に塗装工事をしていても腹が立つことはないでしょう。
塗料が車に飛んでしまったという最悪のケースでさえも「まぁ、そういうこともあるわよ。補償をちゃんとしてくれればいいわ」となります。

人間とは感情の生き物なので、近所トラブルで思わぬ工期延長で余計なお金がかかることを考えるなら、事前にご近所に少し投資をして、問題を未然に防いでしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

新築住宅の塗装で使われるアクリル系塗料は安さが魅力

新築の外壁塗装で使われることの多いアクリル系塗料 塗料にはいろいろな種類がありま …

しっかり安全対策をしてDIYで外壁塗装にチャレンジ!

外壁の塗りかえは、大切な家を守り、長く住むために必要なものではありますが、かかる …

外壁塗装で特殊な塗料を使って機能性アップ!おすすめの5種類を紹介

遮熱・断熱塗料ガイナ 塗料メーカーの中には従来の塗料に別の機能性を加えた特殊な塗 …

外壁工事、なぜ追加請求されるのか? 聞いてないよ!という前のチェック項目

最初は安かったはずなのに…見積もりのときはとっても安く感じた外壁塗装工事料金があ …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

外壁塗装が剥がれるのは9割以上が業者の施行ミス 何年以内ならやり直せる?

せっかくきれいに外壁塗装してもらったのに、しばらくするとボロボロと外壁の塗装が剥 …

騙された! それ本当?普通の外壁工事の訪問販売で騙されたと思う例

リフォーム系の訪問販売で騙されたという苦情が生活消費者センターに毎年6000件上 …

つやのあるなしで分けると塗料は5種類に分類される

つやで分類できる塗料 外壁塗装をする場合、どの塗料を使うかを決める必要があります …

エコ素材で外壁塗装!自然塗料でシックハウス対策をしよう

シックハウス症候群に悩まされる世帯も少なくない シックハウス症候群という言葉を聞 …

設計と塗料選びで10年後もキレイな外壁に

ギリシャの青い空と青い海の間に広がる白壁の家々。 ヨーロッパの緑豊かな草原に佇む …