イエマニア

賃貸・不動産投資・インテリアまで。住まいと暮らしの総合サイト

外壁塗装後にカビ、サビが出てきた 業者要らず こうすれば簡単に元通り

   

塗装工事を後であってもしばらくすると塗装面にカビやサビが発生することがあります。
もしも塗装後3年以内にこうした問題が発生するならば、塗装の技術に問題があったかもしれません。ですがきちんとした工事が行なわれたあとでも、立地条件によりカビやサビが発生するということがあるようです。

どうすれば外壁塗装後のこうした事態に対処できるのでしょうか?

どうしてカビが発生するのか?

外壁塗装後にカビが発生するのは決まって北側の塗装面です。
つまり太陽が当たらないために湿気がたまり、カビが発生します。と言っても塗装してしばらくはカビがしないのはなぜですか?

それは塗装が乾くと表面に防水層が形成され、雨が壁に当たっても壁にとどまらずに地面へと落ちていくからです。ですが数年も経つと塗装面の防水効果も徐々に落ちてきます。外壁に水滴が溜まるようになります。

それでも太陽が当たるとすぐに乾いてしまうのですが、北側や荷物で覆われて太陽が当たらない箇所は水分が溜まりカビが発生します。

カビが発生したらどうしたらいい?

外壁塗装後1年以内にカビが発生したというのであれば、工事をしてもらった業者にクレームをつけるほうが良いでしょう。
塗装が十分でなかったことが考えられるからです。日本では通常1年以内に問題が発生したのであれば、無料で修繕してくれるのが常識です。

業者がカビを落とし、塗装を塗りなおしてくれます。1年以上3年以内なら業者と交渉です。外壁前にものなどを置いて太陽が当たらないだけでなく通気性も悪いと、どんなに良い塗装をしたとしてもカビは発生するからです。その場合は自分でカビを洗い落とすことになります。

どうしてサビが発生するのか?

サビは金属が酸化することによって発生します。

トタン壁や金属製の屋根の塗装の場合、塗装後に塗装面にちらほらとサビが出てくることがあります。
その場合原因は内部の金属にサビが発生し、サビが塗装業面にまで出てきているためでしょう。原因は塗装前の下処理にあります。

金属面を塗装するときは初めにケレンと言われる、金属面のサビをすべて削り取り、必要に応じて防錆材を塗る必要があります。防錆剤まで塗ってもらったのにサビが発生したのであれば業者の責任です。

どれくらい下処理を行なうかは必ず事前に決めていたことでしょう。
もし簡単なケレン作業しかしてないなら酸性雨等の影響でサビが発生するかもしれません。ですがパッと見、塗装面にサビが発生しているように見えても、他の原因ということもあります。

外壁上部に金属でできた雨どいなどがあり、その雨どいのサビが雨で流れて壁についてしまっているのです。もし外壁塗装しかしてないのであれば、これは外壁塗装に問題があったわけではありません。

サビ発生したらどうしたらいい?

金属面に発生したサビも1年以内であれば塗装業者にクレームをつけましょう。金属面ではあっても常識的な塗装が行なわれているなら塗装面の防水効果により内部の金属には水分は触れないはずだからです。

数年たって問題があったときは、塗装業者に相談するという形で聞いて見ましょう。もしも責任を感じているなら、やり直してくれるかもしれませんし、少し有料でも専門家なら落とす方法を知っています。

自分でカビやサビを落とすには?

カビやサビが発生して間もないときであれば、業者に頼まなくても自分で落としてしまうことは十分可能です。
家庭用ホースをつまむなりして高圧の状態にしてカビに吹きかけるだけで大抵のカビやサビは落ちてしまうことでしょう。高いところは注意して脚立に上り、やはり水圧で落としていきます。

もしも水圧だけでは落ちない場合は、洗剤をつけると良いでしょう。ホームセンターに行けばカビやサビの専用洗剤が売っています。洗剤を使った場合は洗い落とした後に水で洗剤を落とすことを忘れてはいけません。

さもないと洗剤が塗装と化学反応を起こして変色してしまいます。太陽が当たらない風通しの悪いところであれば最後に軽く水分をふきあげましょう。しかし強く擦る塗装面が剥げてしまいます。

家の外観は見ため以上に重要

カビやサビで家の外観が悪くなることは見た目以上に重要な問題です。
そのまま問題をほっておくとカビは簡単には落ちないほど壁に密着してしまいます。そうなると塗装そのものを剥がしてやり直す必要があるでしょう。

サビもそのままほっておくと内部に侵食していきます。家の骨格そのものが錆びてしまうともはや家としての機能を保てなくなってしまいます。たかが外壁の汚れと思わずに、早めに対処することにいたしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

外壁塗装で特殊な塗料を使って機能性アップ!おすすめの5種類を紹介

遮熱・断熱塗料ガイナ 塗料メーカーの中には従来の塗料に別の機能性を加えた特殊な塗 …

縁の下の力持ちは、実は外壁のコーキングだった!?

外壁がサイディングボードやACLパネルの場合、ボードとボードの境目に継ぎ目があっ …

セラミック塗料は耐久性に優れる!でも注意が必要な点も

正しくはセラミックの配合されている塗料 外壁塗装をする際に、どの塗料を使うかも重 …

外壁・屋根の塗装でポピュラーなウレタン系塗料。そのメリットデメリットについて紹介

そもそもウレタン系塗料とは? 屋根や外壁塗装を業者に依頼するにあたって、見積もり …

外壁工事、なぜ追加請求されるのか? 聞いてないよ!という前のチェック項目

最初は安かったはずなのに…見積もりのときはとっても安く感じた外壁塗装工事料金があ …

外壁塗装を長持ちさせるために・5つのテクニックを頭に入れよう

定期的な塗り替えを行うこと 外壁塗装は外壁の劣化を防ぎ、建物全体の強度を維持する …

あいにくの雨…濡れるけれども外壁塗装は行われる?

塗料関係の工事は延期に 外壁塗装をする場合に注意しなければならないのは天候です。 …

家をできるだけきれいな状態を維持したい!そんな人におすすめのナノテク塗料

最先端の科学技術を活用した塗料 ナノテクという言葉をどこかで聞いたことはありませ …

新手な外壁塗装詐欺 モニター価格で…この手口ならあなたも騙される

最近の訪問販売詐欺は、常に進化しています。 振り込め詐欺も進化しているのを知って …

費用がかさむ…塗装前の高圧洗浄って必要なの?

意外とかかる高圧洗浄の費用 外壁塗装を業者に依頼した場合、普通足場を組んでいきな …